utuyoのハテナノート

暮らしの中のたくさんの「?」で、気づいたことや調べたことをまとめてみました。

霜月とは何月でどんな読み方をするの?その意味や由来は?時候の挨拶

   

霜月01

1年の終わりもいよいよ近づいてきた11月。

11月3日は文化の日があり、この日の周りには学校でも文化祭が行われたり、15日は七五三の日だったりしますね。

また、11月23日は勤労感謝の日となっていますが、10月のところでも触れた新嘗祭が行われる時期でもあります。

その11月はまたの名が

check001  霜月

このように呼ばれます。

check002  では、この霜月という異称はどのような読み方をするのか?

また、その意味や由来にはどのようなことが含まれているのか?

そんな「霜月」についてまとめました。

 

スポンサードリンク

 

霜月とは何月でどんな読み方をするの?

11月のことを別の呼び方で、

085145   霜月(しもづき)

このような読み方をします。

ちなみに、英語での11月の月名は

November(ノーベンバー)

です。

「霜月」は旧暦のころの読み方ですが、今で言うところの11月下旬~1月上旬の頃を指すと言われています。

だから、外も寒い時期ですよね。

そんな様子を表して「霜が降りる月」=「霜月」

このような由来があると言われています。

11月は霜月(しもづき)と言いますが、他の月にもそれぞれの異称があります。

 

各月の異称と読み方

 

それぞれ何月かについても、その意味や由来についてまとめているので、興味のある方はご覧になって下さいね。

では、この霜月というのはいったいどんな意味や由来があるのか?

そのことについてまとめると、実は霜月という言葉にはさまざまな説があることもわかってきました。

 

 

霜月の意味って何なの?

この霜月(しもづき)というのが、11月を意味していることはここまでの流れでわかりますね。

国語辞典を開くと、霜月というのは

陰暦十一月の称

このように記されています。

この11月は霜月の他にも色々な呼び方があって、

  • 神楽月(かぐらづき)
  • 神来月(かみきづき)
  • 広寒月(こうかんげつ)
  • 葭月(かげつ)
  • 霜降月(しもふりづき)
  • 霜見月(しもみづき)
  • 正冬(しょうとう)
  • 神帰月(しんきづき)
  • 氷壮(ひょうそう)
  • 雪待月(ゆきまちづき)
  • 雪見月(ゆきみづき)
  • 天正月(てんしょうがつ)
  • 大雪(たいせつ)
  • 章月(しょうげつ)
  • 子の月 (ねのつき)
  • 半冬(はんとう)

 

他にもまだあるようですね。

この11月の異称の中でも「霜月」と呼ばれることが一般的です。

そして、11月が霜月という漢字

「霜」「月」

という字があてられたのには様々な説があります。

その説の中で、上でも触れましたが

霜が降りるような寒い月

という意味が込められていて、そこから

check001  霜月

というように呼ばれるようになったという説が一番有力ですね。

これが広く一般的にも、霜月の由来として説明されています。

はじめは

「霜降り月・霜降月」

このように呼ばれて、やがて省略されて

霜月(しもづき)

となっていったようです。

 

ただ、これはいくつかある意味のうちの一つです。

実は他にもいくつかの由来があるのです。

次は、その他の由来についても触れていきましょう。

 

スポンサードリンク

 

霜月の由来には他にどんなことがあったの?

先ほどの霜月の由来や意味以外にも、いくつか言われている説があります。

上で見てもらった説は、

霜が降るような寒い月という意味の「霜降り月」説

これを紹介させてもらったものなんですね。

実はこの他にも、

  • 「11」は数字の最初に戻り「下の月はない」ことを意味する「下な月」説
  • 秋の収穫祭が行われてきたことを意味する「食物月(おしものづき)」説
  • 太陽の光が弱まり物がしぼむことを意味する「凋(しぼ)む月」が訛った説

このような説があると考えられています。

 

「下の月はない」ことを意味する「下な月」説

神無月の由来の時にも、この説が出ていました。

私たちが使っている数字は10進法ですよね。

「1」から始まって「10」
次は「11」から「20」

この「10」で折り返して数えるようになっていますよね。

そのことから「10」から上の数字はないという考えから、10月は「上の無い月」と言われ、

「上無月」⇒「神無月」

というように変化していったと言われています。

 

これと反対に、「11」は初めの数字に戻ってきたので、

「この下はない月」 ⇒ 「下な月」

このように呼ばれ、これが変化し霜月になったと言われています。

 

補足

神無月の由来について知りたい方は、こちらをご覧になってもらうといいと思います。

関連ページ

>>神無月とは何月でどんな読み方なの?その意味や由来は?

あなたもおそらく知っているであろう、神無月の有名な由来の「神様がいないから神無月」

実は、これって本来のものではないようなんですね。

この点についても触れてますので、読まれてみると面白いですよ。

 

 

秋の収穫祭が行われた「食物月(をしものづき)」説

11月の勤労感謝の日には新嘗祭が行われますね。

関連ページ

>>勤労感謝の日の意味や由来とは?その元となった新嘗祭とは?

新嘗祭は、

check001  「五穀の収穫を祝う大切な行事」

として、毎年天皇がその年の新穀を神殿に供え、その恵みに感謝し自らも食す儀式で、宮中行事の中でも重要な儀式だとされています。

 

政治評論家の竹田恒泰さんは、『この新嘗祭が終わるまでは新米を口にしない!』と公言されていたりしますね。

 

こういった収穫を祝う行事がたくさんあったと言われています。

そして、それらを食べる月として

「食物月(をしものづき)」

このように呼ばれていたことが由来にあるといった説ですね。

今は普通に使われている「食物(たべもの)」という言葉は、本来

「多米都物(ためつもの)」

このように言われ、米などの収穫物のことを指していたと考えられています。

一方で、魚や鳥などの食べ物は

「美物(びぶつ)」

と言われていたため、米などの収穫物とは分けられた呼び方をされていたようです。

 

太陽光が弱まり物がしぼむ「凋(しぼ)む月」が訛った説

この時期になると太陽の光もだんだんと弱まってきます。

旧暦の11月は、今でいうところの「11月下旬~1月上旬の頃」を指すと言われています。

だから12月22日頃の「冬至」を迎えている時期になります。

冬至の日は、1年の内で

最も昼が短く、最も夜が長い1日

だから、食べ物も凋んでしまうような様子を表していたのではないでしょうか。

冬至にはカボチャを食べる習慣がありますが、この時期には秋野菜の収穫も終わっており、冬に採れる食べ物は少なかったため、長期保存のできるかぼちゃなどが重宝されていたようです。

 

そこで、かぼちゃのような夏に採れる野菜は、夏(陽)の太陽のエネルギーをたっぷりと蓄えた野菜として、陽の気を補うという意味で好まれていたという由来もあります。

 

カボチャのことも含めて、冬至には他にもたくさん面白いことが詰まっていますよ。

関連ページ

>>冬至でかぼちゃを食べる由来とは?地域で違う?
>>冬至でゆず湯に入る由来とは?作り方や入り方は?

このように、11月の月に「霜月」という漢字が付いたのにはいくつかの説があります。

他にもまだ紹介できていない説はありますが、一番最初の「霜降り月」からきた説が一番有力です。

これは、平安時代末期の藤原清輔(ふじわらのきよすけ)という歌人が『奥儀抄(おうぎしょう)』という歌学書で、

「十一月(しもつき)、霜しきりに降るゆえに霜降月(しもふりつき)といふを誤(あやま)れり」

 

このように記しています。

つまり、

「多く霜が降る月が誤って霜月になった」

こんなふうに霜月の由来について残しているのですね。

 

スポンサードリンク

 

あとがき

今回は11月の霜月(しもづき)の読み方や意味、由来について見てきましたがいかがでしたか。

今でこそ11月は霜月と呼ばれていますが、旧暦の11月は新暦の「11月下旬~1月上旬の頃」を指すと言われています。

つまり、今でいう1月1日のお正月は越えちゃってるんですよね。

旧暦のころのお正月って、今ではいつごろなのかというと、

おおよそ1月21日~2月20日の間

旧正月は毎年日付が変わります。

なんかちょっと変な感じですね。

だから11月の季節の言葉には、ちょっと寒さを感じさせる言い回しが多いですね。

  • 晩秋の折
  • 向寒のみぎり
  • 初霜

なんていう季節の言葉や時候の挨拶もあり、こういった言葉も趣があって面白いです。

他にも季節によって、さまざまな「時候の挨拶」や「季節の言葉」があったりします。

お手紙を出す際など、手紙の書き出しや結びの言葉に迷ったら、ぜひこちらのページも参考にして楽しい手紙づくりのアクセントに使ってみて下さい。

関連ページ

>>時候の挨拶「11月」上旬・中旬・下旬で使える例文と手紙の形とは?

スポンサードリンク

 - 手紙 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

前略02
前略の結びは草々、早々?敬具やかしこは使わない?例文は?

スポンサードリンク 手紙の書き出しには「前略」を使うことがありますよね。 その前 …

如月とは何月でどんな読み方をするの?その意味や由来は?時候の挨拶

2月というと冬の最後の寒さが厳しい季節ですね。 年中行事には立春があり節分があり …

拝啓01
拝啓ってどんな意味なの?その使い方や結語にくる言葉は?書き方

今や、伝達ツールはメールやLINEが主流の世の中となっていますね。 でも、手紙に …

時候の挨拶「10月」上旬・中旬・下旬で使える例文と手紙の形とは?

10月というと秋も深まり、紅葉や秋祭りといったイベントもありますね。 そして今で …

時候の挨拶「7月」上旬・中旬・下旬で使える例文と手紙の形とは?

7月になるとすっかり気候も夏らしくなってきて、暑い季節となります。 そんな7月に …

メール01
メールのccとはどういう意味なの?使い方やbccとの違いは?返信宛名

メールを送信するときや返信するときには、誰に送るのかをきちんと入力しておかないと …

睦月とは何月でどんな読み方をするの?その意味や由来は?時候の挨拶

1年の始めとして迎える1月。 元旦に訪れる年神様に1年間の幸せを願う月です。 1 …

皐月とは何月でどんな読み方をするの?その意味や由来は?時候の挨拶

春も中頃で、すっかりと過ごしやすい季節の5月。 新学期や新生活にも少しは慣れてき …

師走とは何月でどんな読み方をするの?その意味や由来は?時候の挨拶

年も暮れに近づき始め、来年への準備も忙しくなる12月は、またの名を   師走 こ …

手紙の書き出しは季節でどう違う?ビジネスや友達に宛てる場合は?

いざ手紙を書く時に、 スポンサードリンク   どうやって書いていこう。 と、いき …