冷房

扇風機の電気代は安い?1日つけっぱなしで他の家電と比較すると?

更新日:

扇風機01check001  節電のために扇風機がいい!

こんなふうに扇風機は電気代が安いとよく耳にしますよね。

とはいっても、扇風機の電気代っていくら位なのかピンときていない人もいるのではないでしょうか?

今回は、その扇風機について

  • 一時間や1日つけっぱなしにしたらどのくらいの電気代がかかるのか?
  • エアコン等の家電と比較したらいくら位になるのか?

そんな扇風機のコストパフォーマンスについてまとめました。

 

スポンサードリンク

 

扇風機の電気代は安いの?

さて、扇風機の電気代は安いとよく聞きますが、一体いくら位になるのか知っておくとエアコンとの使い分けの時にも切り替えやすいですよね。

その扇風機ですが、例として私が使っている扇風機を見てみましょう。

ZEPEAL (ゼピール) というメーカーの扇風機で至って普通のものです。

さて、その電気代ですが、

消費電力(50/60Hz):40/45W

このようになっていますね。

まあ他の扇風機を見てもこのくらいだと思いますので、今回は40Wとして電気代を計算してみましょう。

 

ここで、これをkw(キロワット)単位にします。

40÷1000=0.04kw

これに電気代をかけます。

電気代はそれぞれの家庭で電力会社やプランが違うので一定ではないですが、ここでは「1kw/h=25円」というように仮定しておきましょう。

そうすると数字で表すと、

0.04(kw)×1時間(h)×25(円)=1円

 

これで1時間の扇風機の電気代がいくら使ったのかがわかりました。

扇風機の種類や風量によって多少の違いはあると思いますが、

扇風機の電気代は1時間つけっぱなしにして約1円

これはとても安いですよね。

 

扇風機の電気代は1日つけっぱなしでいくらくらい?

先ほど扇風機を一時間つけっぱなしで電気代が約1円と出たので、単純計算ですがそれに24時間をかけると1日の電気代が出ます。

ですので、

扇風機1日つけっぱなしの電気代は約24円

このようになります。

 

他の様々な扇風機の1日つけっぱなしの電気代は?

今回は私の持っている扇風機で計算してみましたが、今では色んな扇風機が発売されていますよね。

いくつか代表的なものを例にとって、色々な扇風機の電気代について見ていきましょう。

最近家電量販店でもたくさん販売がされている

「DCモーター扇風機」

これは一般的に私たちがイメージする扇風機よりも省エネで、さらに電気代が安くなるように作られています。

例えば、Amazonで販売されている、

山善DCモーター搭載 扇風機 YLX-LD305(W)

これを見てみると、その消費電力はなんと

消費電力:19W(50/60Hz)

だから私が持っている扇風機の約半分ほどの電気代になり非常に安いです。

これを1時間つけっぱなしにしても、その電気代は約0.5円程度で1日つけっぱなしでも、約12円程度なんですね。

卓上扇風機の電気代は?

せっかくなのでもう一つ見てみましょう。

今では当たり前のようになっている、デスクファンという小さな卓上扇風機です。これは小さいものが多く、リビング用のようなパワーはないですが、手軽に置く場所も選ばないので使い勝手はいいですね。

キーボードなどデスク作業が多くて、手汗が多い人などには重宝される扇風機です。

例えば、

山善デスクファン YDS-N12(W)

これを見てみると、その消費電力は

消費電力:22/18W(50/60Hz)

22Wだとすると、その電気代は1時間つけっぱなしでも約0.6円程度になります。これを1日つけっぱなしでも約15円ほどですね。

こうやってみても、いろんな扇風機で電気代が安いことがわかります。

一日つけっぱなしにするのはさすがに多いような気もしますが、エアコンなどとの併用でだいぶ電気代は上手にコントロールができるようになるでしょう。

 

スポンサードリンク

 

扇風機の電気代を他の家電と比較すると?

さて、扇風機の電気代は安いことがわかりますが、エアコン等の他の家電と比較するとどのくらいの差があるのでしょうか?

夏の家電でいくつか代表的なものがありますが、その比較する家電として

  1. サーキュレーター
  2. エアコン
  3. 除湿機

 

これらの3つの家電と見比べてみたいと思います。

とはいっても、それぞれの家電の中でも電気代は違うので、あらかじめ標準的な消費電力を決めてそれを比較しました。

サーキュレーターやエアコン、除湿機の電気代についてはそれぞれこのサイトでも触れているので、それを今回は比較の対象にしますね。

関連ページ

>>サーキュレーターの効果と置き場所の関係は?電気代は?置き方換気
>>除湿機コンプレッサー式のメリットデメリットやおすすめは?電気代
>>エアコンの電気代の計算方法は?1時間や1ヶ月でいくらくらい?一日

そして、今回扇風機と比較する家電の消費電力とその電気代について表にしてみました。

 

扇風機と他の夏家電の電気代比較表

消費電力 電気代(1時間)
扇風機 40w 1.1円
サーキュレーター 30w 0.8円
エアコン(6畳) 580w 15.7円
除湿機(コンプレッサー式) 200w 5.4円

*電気代は「1kw/h=27円」と仮定する。

本当に大体の比較にしかなりませんが、おおよそこういった数字が目安にできると思います。

こう見ても扇風機の電気代は本当に安いですよね。そしてそれと同じくらいサーキュレーターの電気代も安いです。

だから、節電や省エネのためにはエアコン単独ではなく、これらの家電と併用するようなことが効果的なんですね。

 

スポンサードリンク

 

あとがき

扇風機の電気代は安いとよく耳にしますが、このように実際に数字にして比較すると、もっとその安さが際立ちましたね。

夏場は特に暑い日が続きますが、そんな中で扇風機は冷房器具としてもコストパフォーマンスでも優秀です。

こんな使い勝手のいい家電を使わない手はありませんね。

 

やはり扇風機は夏の必需品と言っても過言ではないと思います。

 

そんな扇風機を使った涼み方で、保冷材を使った扇風機の冷風化という方法もありますが、実際にどうだったのか試してみました。

関連ページ

>>扇風機に保冷剤は効果あるの?取り付け方法や便利なカバーとは?

夏の暑い季節を乗り切るための扇風機の活用法として、ぜひこちらも参考のために読んでみてください。

 

スポンサードリンク

-冷房
-,

Copyright© utuyoのハテナノート , 2018 All Rights Reserved.