トイレ

トイレットペーパーの直径寸法や長さや幅の大きさは?サイズの規格

更新日:

トイレットペーパー 直径

普段何気なく使っているトイレットペーパーですが、実はしっかりとしたサイズというものが決まっています。

それはJIS規格というもので、ここでトイレットペーパーの芯の直径や紙の幅の寸法。

そしてトイレットペーパーの太さやロールの直径など、備え付けのホルダーにどの家でも入るよう統一がされているんです。

でも、たまに規格の違うもので芯が細かったり芯がなかったりする物もあるし、紙の長さや厚みが全く違うものもあります。

 

それはいったいどうしてなんでしょうか?

 

そこで今回は、

トイレットペーパーの直径や紙の幅の寸法は何㎝なのか。

またトイレットペーパーの太さやロールの直径などの大きさと、JIS規格のサイズについてまとめました。

スポンサードリンク

トイレットペーパーの直径の寸法はどのくらい?

トイレットペーパーは私たちの生活には必需品ですが、そのトイレットペーパーの大きさを気にしたことがあるでしょうか。

トイレットペーパーの収納を考えるとき、何かのキッカケで収納のかごやホルダーを自作したりすることがあったりすると、

 

そういえばトイレットペーパーの直径とか幅とかって何㎝なんだろう?

 

こんなふうに思ってちょっと測ったりすることがあります。

 

でも、トイレットペーパーって全部同じ大きさだったっけ?

 

といったような疑問もありますよね。

そのトイレットペーパーは、私たちが一般的に購入する分の物は

JIS規格

というものによって、芯の直径やロールの幅などの長さがある程度決められています。

スポンサードリンク

トイレットペーパーの芯の直径の寸法

まず、トイレットペーパーをホルダーにセットするとき、トイレットペーパーの芯に棒を通したり、フックでかけたりしますよね。

その時にトイレットペーパーの直径の寸法を知っておきたいのですが、この芯の直径は

38㎜(±1㎜)

というように決められています。

 

実際に私の家で使い終わったトイレットペーパーの芯の直径を測ってみると、

トイレットペーパーの芯のサイズ01

ほぼ38㎜という長さでした。

余談ですが、実はコロコロもこれと同じ直径なんだそうです。

トイレットペーパーの芯のサイズ03

これ、家にあったコロコロですが、確かに38㎜ですね。

 

このようにトイレットペーパーの芯をはじめ、JIS規格によって

  • 芯の直径
  • 紙の幅
  • ロールの直径
  • ロールの長さ

 

というのが決められているんですね。

では、このトイレットペーパーの他の寸法も見ていきましょう。

 

トイレットペーパーの長さや幅の大きさは?

さて、このトイレットペーパーの芯の大きさに対して、肝心の紙の部分の長さや幅、直径は何㎝なのでしょうか。

まずトイレットペーパーの紙の幅は、JIS規格によって

114mm(±2mm)

というように決められています。

 

こちらも実際に私の家のトイレットペーパーの紙の幅の寸法を測ってみると、

トイレットペーパーの芯のサイズ02

こちらはおよそ108㎜

ということで、先ほどのJIS規格で定められているような大きさと若干の違いはあるように感じます。

 

そしてロールの直径の寸法は、

ロールの直径:120mm以下

というようになっているようです。

では、これも実際に私の家にあるトイレットペーパーを測ってみました。

トイレットペーパーのサイズ01

こちらでは約107mmとなっています。

JIS規格の120mm以下という範囲で収まっている感じですね。

スポンサードリンク

トイレットペーパーの紙の幅が規格外なワケ

先ほどトイレットペーパーの紙の幅は114mm(±2mm)というお話をしたのですが、実際に測ると108㎜で大きく違いました。

これってどうして規格と違っているのか疑問に思って調べてみると、実は紙の幅は必ずしも規格に収めないといけない理由はないそうなんです。

というよりも最近の傾向として

『資源の有効活用、省資源』

という意味から、トイレットペーパーの紙の幅を狭くする流れがあるようなんですね。

グリーン購入ネットワークという団体の購入ガイドラインでは紙幅105㎜を推奨しているようですが、私たちの家庭には107~108mmほどの紙幅のトイレットペーパーが多く普及されてきているようです。

 

だから今回家で使っている物を測ってみて「およそ108㎜」でしたが、こういった理由があったのだということがわかりました。

 

トイレットペーパー1枚の太さやロールの長さは違う?

トイレットペーパー1枚の太さや、巻かれている紙の長さは

シングル、ダブル(またはトリプル)

といった、トイレットペーパーのタイプによって変わってくるようです。

もちろん1枚の厚みはシングルが一番薄く、ダブルの方が厚みがあります。

ただ、ダブルのトイレットペーパーを分けて一枚ずつで比べてみた場合は、シングルの方が厚みはあるとのことです。

 

また、長さに関してはシングルの方が圧倒的に長くなりますね。

そのロールの長さにはたくさんのタイプがあるようで、こちらもJIS規格の中に記載がありますが、

ロールの長さ:27.5,32.5,55,65,75,100m

といったように何種類かにタイプが分かれていくようです。

このように、シングルとダブル(もしくはトリプル)といったトイレットペーパーのタイプで、結構違うことがたくさんあるんですね。

そんなトイレットペーパーのタイプ別の違いについて、別のページでまとめています。

関連ページ

>>トイレットペーパーのシングルとダブルの違いや値段は?なぜ2種類?

 

こちらではシングルとダブルの長さや厚さ、重さや値段など、どこがどう違うのかいろいろ触れているので、ぜひ読んでみてください。

スポンサードリンク

トイレットペーパーのサイズの規格とは?

さて、ここまでトイレットペーパーの芯やロールの直径などいろいろとお話してきましたが、一度それらを表にしてまとめてみますね。

その規格表のまとめが次のような感じです。

紙の幅 114mm(±2)
芯の直径 38mm(±1mm)
ロール直径 120mm以下
ロールの長さ 27.5,32.5,55
65,75,100m

*()内は許容誤差

日本メーカーでは「JIS P 4501」規格で、巻取りのトイレットペーパーの品質や形状、寸法などを決めています。

こういったサイズの大きさの他にも、溶けやすさなどの条件もあります。

トイレットペーパーには

水に入って100秒以内に溶けなければならない

というJISの規格の条件があったりするんですね。

 

そうじゃないとトイレの詰まりの原因になってしまうからです。

 

トイレットペーパーの規格の違う物がある理由は?

このようにJIS規格で定められているトイレットペーパーの寸法の大きさですが、たまに違う大きさのサイズのものがあったりします。

例えば、

  • トイレットペーパーの芯がないもの
  • トイレットペーパーの芯が細いもの
  • トイレットペーパーの紙幅が小さいもの

 

といったように、何かしらサイズが違う場合があるのですが、これはいったいなぜなんでしょうか?

 

これにはいくつか理由が考えられるようですが、まず大きなものとして

輸入されたトイレットペーパー

だということのようです。

他の理由としては、

業務用で作られたトイレットペーパー

こちらでは芯のないものとかあったりしますよね。

全国を調べたわけではありませんが、今もスーパー内や高速道路のサービスエリアとかで、芯のないトイレットペーパーが置かれていました。

 

こういった業務用のトイレットペーパーは一巻あたり150~210mや、最大で500mもあったりするものもあるようです。

 

だから重さも1~2㎏ほどにもなるようですね。

 

私たちの一般家庭に普及しているトイレットペーパーではこういった物はあまり見られませんが、国内すべてのものが先ほどのJIS規格の寸法に当てはまっているわけでもなさそうですね。

スポンサードリンク

海外のトイレットペーパー事情

日本の場合はトイレットペーパーの紙幅サイズなど細かく決められていますが、海外では固いトイレットペーパーも多いようですね。

というのも下水設備が整っていないため、トイレに紙を流してはいけないといった国もよくあるようです。

そんな日本と海外のトイレットペーパーの大きさの違いですが、例えば、欧州規格のトイレットペーパーの紙幅は97mmのようです。

 

日本では114mmのサイズなのでだいぶ違いますね。

 

ワンタッチ式だとさすがに落ちてしまうサイズですが、ただ、ホルダーに入ることは入ります。

アメリカのトイレットペーパーの紙の幅は州によっても大きく違うようで、80㎜台~115㎜など結構範囲があるようです。

 

世界的に見ても日本の114㎜という紙幅はかなり大きいようですね。

だから上でも少し触れたように資源の有効活用という意味からも、、今では紙幅が107~108㎜くらいのトイレットペーパーも一般家庭にも普及しているのだと思います。

 

あとがき

トイレットペーパーの直径や紙の幅の寸法は何㎝なのか。

またトイレットペーパーの太さやロールの直径などの大きさと、JIS規格のサイズについて見てみましたがいかがでしたか。

日本で作られているトイレットペーパーはJIS規格によって決まっているので、一般家庭レベルではそこまで大きく変わることはなさそうです。

ただ、海外の輸入品や業務用などの寸法の長さはだいぶ変わるようなので、トイレットペーパーの大きさもいろいろ種類があるのですね。

 

そのトイレットペーパーですが、収納の際にサイズを知っておくとわかりやすくなります。

通販などで収納バスケットなど購入したり、手作り収納棚を作ったりするときなんかに必要です。

そのトイレットペーパーのカゴを使った収納法などを別のページでまとめています。

関連ページ

>>トイレットペーパーのカゴを使った収納法!おしゃれなボックス箱は?

 

トイレットペーパー収納でカゴを使った方法にはどんなやり方があるのか。

100均を利用したボックススタンドなどの活用や、省スペースボックスなどを紹介しまとめてるので、ぜひこちらも読んでみてください。

 

スポンサードリンク

-トイレ
-

Copyright© utuyoのハテナノート , 2018 All Rights Reserved.