ことわざ

口は災いの元の意味や語源とは?その使い方や例文、類義語は?

投稿日:

口は災いの元

私たちの普段の生活の中で、文を書く時や話をするときに便利な

「四字熟語」や「ことわざ」、「慣用句」

それぞれの言葉には、様々な意味が込められています。

あなたも思い浮かぶだけでいくつか出てきませんか。

そんな、四字熟語やことわざ、慣用句の中で今回見ていきたい言葉が、

口は災いの元(くちはわざわいのもと)

この言葉の意味をご存知でしょうか?

 

昨日、街中でネコさんを見かけたんだけど、何もないところで急にこけたんだよ。

 

そうなの。

 

しかも、一度じゃなくて何度もこけるし、そのうち服がビリビリになっててすごいことになってたね。

 

まさか、あんなにドジだったなんて思わなかったよ。

 

・・・。

 

・・・、フン!

 

あー、ごめんよ~。別に悪気があったわけじゃ・・・。

 

口は災いの元だね・・・。

「知っていて当たり前だ!」と、思われる人もいれば、「意外と知らなかった・・・。」と、感じる人もいるでしょう。

そこで今回は、この「口は災いの元」という言葉の意味についてまとめました。

また使い方や例文などと一緒に見ていきますので、一つここで賢くなっていきましょう!

 

スポンサードリンク

 

口は災いの元の意味や語源とは?

口は災いの元とは、

不用意に余計なことをしゃべってしまうと、それが災難のもとになる

このような意味を持つ教えです。

この言葉は『古今事文類集・後集』に

「口は是れ禍の門、舌は是れ身を斬るの刀なり」

つまりこれは、

うかつなことを言うと禍が起きる、舌は槍よりも多く身を傷つける

という意味ですね。

元はここから来ているので、

口は禍いの門(くちはわざわいのかど)

とも言います。

 

口は災いの元の使い方や例文は?

さて、この口は災いの元という言葉の使い方と、その例文についてみていきたいと思います。

口は災いの元という言葉の使い方は、

  • 余計なことを口走ってトラブルになったとき
  • 自分へ戒めのように使うこともある。

こういったシーンで使いたい言葉です。

では、こんな場面を思い浮かべてみて、例文をいくつか作ってみました。

 

スポンサードリンク

 

口は災いの元を使った例文は

  • 口は災いの元とはよく言ったもので、嫁に痩せろと言ったらダイエットに付き合わさせられた。
  • ささいなケンカで言い合いになり、彼女に平手打ちを食らった。口は災いの元だ。
  • 口は災いの元というか、内緒にしていたサプライズをうっかり話してしまい、準備したことがすべてパァーになってしまった。

 

このような感じでしょうか。

実際に、言わなくてもいいことを言ったりして、後で後悔することってよくありますよね。

 

口は災いの元の類義語は?

さて、この「口は災いの元」という言葉の意味とその例文について見てきましたが、この言葉と似ている類義語もいくつかあります。

雉も鳴かずば撃たれまい
口は善悪の門
沈黙は金、雄弁は銀
物言えば唇寒し秋の風

他にもたくさん似たような言葉がありますね。

 

スポンサードリンク

 

あとがき

口は災いの元とはどんな意味があるのか。

その語源や漢字、その使い方と例文を見てきましたがいかがでしたか。

さて、まとめとして口は災いの元を簡単にまとめますね。

意味

不用意に余計なことをしゃべってしまうと、それが災難のもとになる

類義語

雉も鳴かずば撃たれまい
口は善悪の門
沈黙は金、雄弁は銀
物言えば唇寒し秋の風

使い方・例文

口は災いの元とはよく言ったもので、嫁に痩せろと言ったらダイエットに付き合わさせられた。

 

今回紹介した以外にも、本当にたくさんの「四字熟語」「ことわざ」「慣用句」があります。

 

こういった言葉を使うことで、表現がしやすくなりますよね。

普段よく聞く言葉や初めて聞いた言葉も、改めてその意味や使い方を確認すると面白い発見があるものです。

そんな「四字熟語」「ことわざ」「慣用句」を、こちらでまとめて一つにしていますので、またよかったらのぞいて見て下さいね。

関連ページ

>>「四字熟語」「ことわざ」「慣用句」まとめ

 

スポンサードリンク

-ことわざ
-

Copyright© utuyoのハテナノート , 2018 All Rights Reserved.