慣用句

しらを切るの意味や語源とは?その使い方や例文、類義語は?

投稿日:

しらを切る

私たちの普段の生活の中で、文を書く時や話をするときに便利な

「四字熟語」や「ことわざ」、「慣用句」

それぞれの言葉には、様々な意味が込められています。

あなたも思い浮かぶだけでいくつか出てきませんか。

そんな、四字熟語やことわざ、慣用句の中で今回見ていきたい言葉が、

しらを切る

この言葉の意味をご存知でしょうか?

 

あー、ここに置いてあった僕のパン食べたのうさぎさんだろ!

いや、僕は食べてないよ。

しらを切ろうたってそうはいかないよ!だってカビだらけで捨てようとしてたやつだよ?大丈夫なの?

嘘だろ?食べちゃったよ、やばいよ…。

ああ嘘だよ!マヌケは見つかったけどね。

「知っていて当たり前だ!」と、思われる人もいれば、「意外と知らなかった・・・。」と、感じる人もいるでしょう。

そこで今回は、この「しらを切る」という言葉の意味についてまとめました。

また使い方や例文、読み方などと一緒に見ていきますので、一つここで賢くなっていきましょう!

スポンサードリンク

しらを切るの意味とは?

しらを切るとは、

知らないふりをする。

このような意味があります。

スポンサードリンク

しらを切るの語源

しらを切るの語源には、「白(しら)」を切ると書きます。

「しら」は何もない、関係ないことを表し、「知らない」という意味の略になります。

「切る」は目立つ動作をするという意味を表しています。

 

しらを切るの使い方や例文は?

さて、このしらを切るという言葉の使い方と、その例文についてみていきたいと思います。

しらを切るという言葉の使い方は、

「~のしらを切る」「~しらを切っている」などの使い方がよくされます。

こういったシーンで使いたい言葉です。

では、こんな場面を思い浮かべてみて、例文をいくつか作ってみました。

スポンサードリンク

しらを切るを使った例文は

  • 夜に食べようと思ったお菓子を弟が食べたのはわかっていたが、問い詰めてもしらを切り続けた。
  • しらを切り続けていたが、決定的な証拠を突きつけると観念した。
  • 一度しらを切ったのなら、ばれるまでは絶対に認めてはいけない。

このような感じでしょうか。

 

しらを切るの類義語は?

さて、この「しらを切る」という言葉の意味とその例文について見てきましたが、意味の似ている言葉(類義語)もいくつかあります。

知らんぷりする
とぼける
知らぬ存ぜぬ

完全に同じ意味ではないですが、似たような場面で使われることがあると思います。

スポンサードリンク

あとがき

しらを切るとはどんな意味があるのか。

その語源や使い方、例文や類義語などを見てきましたがいかがでしたか。

さて、まとめとしてしらを切るを簡単にまとめますね。

意味

知らないふりをする。

類義語や補足

知らんぷりする
とぼける
知らぬ存ぜぬ

使い方・例文

夜に食べようと思ったお菓子を弟が食べたのはわかっていたが、問い詰めてもしらを切り続けた。

 

今回紹介した以外にも、本当にたくさんの「四字熟語」「ことわざ」「慣用句」があります。

 

こういった言葉を使うことで、表現がしやすくなりますよね。

普段よく聞く言葉や初めて聞いた言葉も、改めてその意味や使い方を確認すると面白い発見があるものです。

そんな「四字熟語」「ことわざ」「慣用句」を、こちらでまとめて一つにしていますので、またよかったらのぞいて見て下さいね。

関連ページ

>>「四字熟語」「ことわざ」「慣用句」まとめ

 

スポンサードリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

utuyo

utsuyoのハテナノート管理人です。 このサイトでは日常のさまざまな「ハテナ」な出来事について、みなさんにわかりやすくまとめています。いろんなサイトで調べてもわからなかったことが、ここを見るだけで分かるような便利なサイトを目指して作成していますので、どうか最後までご覧ください。

-慣用句
-

Translate »

Copyright© utuyoのハテナノート , 2019 All Rights Reserved.