慣用句

腰を折るの意味や語源とは?その使い方や例文、類義語は?

更新日:

腰を折る

私たちの普段の生活の中で、文を書く時や話をするときに便利な

「四字熟語」や「ことわざ」、「慣用句」

それぞれの言葉には、様々な意味が込められています。

あなたも思い浮かぶだけでいくつか出てきませんか。

そんな、四字熟語やことわざ、慣用句の中で今回見ていきたい言葉が、

腰を折る

この言葉の意味をご存知でしょうか?

 

それでさあ、このあとこう言ってやったんだよ!

 

うさぎさん、話の腰を折るようで悪いけど、何を言ってるのかよくわからないよ…。そして、もう夕方だよ?

 

んあ?もうそんな時間?帰ってアニメ見なきゃ!

 

やりたい放題だな…。

「知っていて当たり前だ!」と、思われる人もいれば、「意外と知らなかった・・・。」と、感じる人もいるでしょう。

そこで今回は、この「腰を折る」という言葉の意味についてまとめました。

また使い方や例文、読み方などと一緒に見ていきますので、一つここで賢くなっていきましょう!

スポンサードリンク

腰を折るの意味とは?

腰を折るとは、

人がしていることの邪魔をしたり、中断させたりすること。

このような意味があります。

腰を折るということを考えると、人間の体の中で特に重要な中心部分が腰ですよね。

その腰を折るということで、大事な話などしているときに、急に別の人が邪魔をして違う話をしだしたりするわけですから、うまくいかないわけです。

人間も腰を折られたりしたら動けませんよね。

このように人間にとって大事な部分の「腰」を入れることで表現しているのですね。

スポンサードリンク

腰を折るの使い方や例文は?

さて、この腰を折るという言葉の使い方と、その例文についてみていきたいと思います。

腰を折るという言葉の使い方は、

「話の腰を折る」「腰を折るようですが~」と言った使い方がよくされます。
話の腰を折られる場合は、相手が違う話をして話題を変えられることが多いですね。

こういったシーンで使いたい言葉です。

では、こんな場面を思い浮かべてみて、例文をいくつか作ってみました。

 

腰を折るを使った例文は

  • 腰を折るようですが、そろそろ準備を始めて欲しい。
  • せっかく彼女をデートに誘っていたのに、話の腰を折られてうやむやになった。
  • 話の腰を折られて腹を立てているのか、急にイライラし始め機嫌が悪くなった。

このような感じでしょうか。

自分のペースで進めてうまくいってた所に、腰を折られるとちょっとイラッとするときもありますよね。

スポンサードリンク

腰を折るの類義語は?

さて、この「腰を折る」という言葉の意味とその例文について見てきましたが、意味の似ている言葉(類義語)もいくつかあります。

水を差す
口を挟む
横槍を入れる

完全に同じ意味ではないですが、似たような場面で使われることもあると思います。

 

あとがき

腰を折るとはどんな意味があるのか。

その語源や使い方、例文や類義語などを見てきましたがいかがでしたか。

さて、まとめとして腰を折るを簡単にまとめますね。

意味

人がしていることの邪魔をしたり、中断させたりすること。

類義語や補足

水を差す
口を挟む
横槍を入れる

使い方・例文

腰を折るようですが、そろそろ準備を始めて欲しい。

 

今回紹介した以外にも、本当にたくさんの「四字熟語」「ことわざ」「慣用句」があります。

 

こういった言葉を使うことで、表現がしやすくなりますよね。

普段よく聞く言葉や初めて聞いた言葉も、改めてその意味や使い方を確認すると面白い発見があるものです。

そんな「四字熟語」「ことわざ」「慣用句」を、こちらでまとめて一つにしていますので、またよかったらのぞいて見て下さいね。

関連ページ

>>「四字熟語」「ことわざ」「慣用句」まとめ

 

スポンサードリンク

-慣用句
-

Copyright© utuyoのハテナノート , 2018 All Rights Reserved.