四字熟語

後生大事の意味や語源とは?その使い方や例文は?

投稿日:

後生大事

私たちの普段の生活の中で、文を書く時や話をするときに便利な

「四字熟語」や「ことわざ」、「慣用句」

それぞれの言葉には、様々な意味が込められています。

あなたも思い浮かぶだけでいくつか出てきませんか。

そんな、四字熟語やことわざ、慣用句の中で今回見ていきたい言葉が、

後生大事(ごしょうだいじ)

この言葉の意味をご存知でしょうか?

 

あ~、地震だ!早く外に出ないと。

 

ふう、特に何もなくおさまったみたいだね。ところでそれ、何だい?

 

これは、僕の大事な石のコレクションだよ。

 

この非常時に、石なんか後生大事に持ち出すなんて…。

「知っていて当たり前だ!」と、思われる人もいれば、「意外と知らなかった・・・。」と、感じる人もいるでしょう。

そこで今回は、この「後生大事」という言葉の意味についてまとめました。

スポンサードリンク

また使い方や例文、読み方などと一緒に見ていきますので、一つここで賢くなっていきましょう!

スポンサードリンク

後生大事の意味とは?

後生大事(ごしょうだいじ)の意味とは、

とても大切にすること。

このような言葉です。

 

後生大事の語源

後生大事の語源は、仏教の言葉から来ています。

後生:死んだ後に再び生まれ変わること

そして「前生」は生まれる前、「今生」はこの世を指します。

仏教の世界で「後生」は、死後の安楽を願って、一心によい行いをして仏道に励むことを言いました。

人にものを頼むときも「後生」といった言葉を使うようになりました。

スポンサードリンク

後生大事の使い方や例文は?

さて、この後生大事という言葉の使い方と、その例文についてみていきたいと思います。

後生大事という言葉の使い方は、

「後生大事に~」といった使い方がかなり多いですね。

こういったシーンで使いたい言葉です。

では、こんな場面を思い浮かべてみて、例文をいくつか作ってみました。

後生大事を使った例文は

  • お爺ちゃんは、子供の頃からの写真を後生大事にとってある。
  • 避難し逃げる時、彼が後生大事に持っていた箱の中にはお金が入っていた。
  • 夫が後生大事に取ってある雑誌のスクラップも、嫁から見ればゴミにしか見えなかった。

このような感じでしょうか。

とても大切にしている様子がわかりますね。

ただ、今では相手をいやしんで使われることも多くなっています。

 

あとがき

後生大事とはどんな意味があるのか。

その語源や使い方、例文などを見てきましたがいかがでしたか。

さて、まとめとして後生大事を簡単にまとめますね。

意味

とても大切にすること。

使い方・例文

お爺ちゃんは、子供の頃からの写真を後生大事にとってある。

 

今回紹介した以外にも、本当にたくさんの「四字熟語」「ことわざ」「慣用句」があります。

 

こういった言葉を使うことで、表現がしやすくなりますよね。

普段よく聞く言葉や初めて聞いた言葉も、改めてその意味や使い方を確認すると面白い発見があるものです。

そんな「四字熟語」「ことわざ」「慣用句」を、こちらでまとめて一つにしていますので、またよかったらのぞいて見て下さいね。

関連ページ

>>「四字熟語」「ことわざ」「慣用句」まとめ

 

スポンサードリンク

-四字熟語
-

Copyright© utuyoのハテナノート , 2018 All Rights Reserved.