慣用句

子はかすがいの意味や語源とは?その使い方や例文、類義語は?

更新日:

子はかすがい

私たちの普段の生活の中で、文を書く時や話をするときに便利な

「四字熟語」や「ことわざ」、「慣用句」

それぞれの言葉には、様々な意味が込められています。

あなたも思い浮かぶだけでいくつか出てきませんか。

そんな、四字熟語やことわざ、慣用句の中で今回見ていきたい言葉が、

子はかすがい

この言葉の意味をご存知でしょうか?

 

この芸能人カップルって理想的な家族だよね。

 

子はかすがいっていうけど、やっぱり子供がたくさんいる家族のほうが夫婦は仲がいいのかな?

 

それぞれじゃない?うちも兄弟多いけど、すごい夫婦げんかするし…。

 

ごめん、変なこと聞いちゃったね…。

「知っていて当たり前だ!」と、思われる人もいれば、「意外と知らなかった・・・。」と、感じる人もいるでしょう。

そこで今回は、この「子はかすがい」という言葉の意味についてまとめました。

また使い方や例文などと一緒に見ていきますので、一つここで賢くなっていきましょう!

スポンサードリンク

子はかすがいの意味とは?

子はかすがいとは

子供は父親と母親が夫婦としてやっていくことを、つなぎとめるものだということ

このような意味があります。

 

子はかすがいの語源

かすがいというのは、家などを作るとき材木と材木をつなぎとめる大きな釘のことを言います。

かすがいは漢字で書くと鎹となり二つの材木を組み合わせるために端っこが90度に曲がっています。

この場合、材木を両親に例え、つなぎとめる鎹を子供に例えています。

スポンサードリンク

子はかすがいの使い方や例文は?

さて、この子はかすがいという言葉の使い方と、その例文についてみていきたいと思います。

子はかすがいという言葉の使い方は、

「子はかすがいというように~」などの使い方がされる。

こういったシーンで使いたい言葉です。

では、こんな場面を思い浮かべてみて、例文をいくつか作ってみました。

 

子はかすがいを使った例文は

  • 子はかすがいというように、ケンカ別れしそうな時も子供がいるから我慢ができた。
  • 子はかすがいで、子供の成長が夫婦の生きがいになっている。
  • 子はかすがいというが、子供が原因で夫婦仲がこじれることもある。

このような感じでしょうか。

スポンサードリンク

子はかすがいの類義語は?

さて、この「子はかすがい」という言葉の意味とその例文について見てきましたが、この言葉と似ている類義語もいくつかあります。

子は縁つなぎ
縁の切れ目は子でつなぐ

完全に同じ意味ではないですが、似たような場面で使われることがあると思います。

 

あとがき

子はかすがいとはどんな意味があるのか。

その語源や使い方、例文や類義語などを見てきましたがいかがでしたか。

さて、まとめとして子はかすがいを簡単にまとめますね。

意味

子供は父親と母親が夫婦としてやっていくことを、つなぎとめるものだということ

類義語や補足

子は縁つなぎ
縁の切れ目は子でつなぐ

使い方・例文

子はかすがいというように、ケンカ別れしそうな時も子供がいるから我慢ができた。

 

今回紹介した以外にも、本当にたくさんの「四字熟語」「ことわざ」「慣用句」があります。

 

こういった言葉を使うことで、表現がしやすくなりますよね。

普段よく聞く言葉や初めて聞いた言葉も、改めてその意味や使い方を確認すると面白い発見があるものです。

そんな「四字熟語」「ことわざ」「慣用句」を、こちらでまとめて一つにしていますので、またよかったらのぞいて見て下さいね。

関連ページ

>>「四字熟語」「ことわざ」「慣用句」まとめ

 

スポンサードリンク

-慣用句
-

Copyright© utuyoのハテナノート , 2018 All Rights Reserved.