四字熟語

共存共栄の意味や語源とは?その使い方や例文、類義語は?

投稿日:

共存共栄

私たちの普段の生活の中で、文を書く時や話をするときに便利な

「四字熟語」や「ことわざ」、「慣用句」

それぞれの言葉には、様々な意味が込められています。

あなたも思い浮かぶだけでいくつか出てきませんか。

そんな、四字熟語やことわざ、慣用句の中で今回見ていきたい言葉が、

共存共栄(きょうぞんきょうえい)

この言葉の意味をご存知でしょうか?

 

僕はここで店を出すからひよこさんは向こうね。

 

勝手に決めないでよ!僕だってここがいいよ。

 

二人ともケンカしないで、ここは共存共栄で仲良くしようよ。二人には良い場所も用意したから。

 

まあネコさんがそういうなら。

 

じゃあこの場所は私たちが使うね。

 

えっ!?

「知っていて当たり前だ!」と、思われる人もいれば、「意外と知らなかった・・・。」と、感じる人もいるでしょう。

そこで今回は、この「共存共栄」という言葉の意味についてまとめました。

また使い方や例文などと一緒に見ていきますので、一つここで賢くなっていきましょう!

スポンサードリンク

共存共栄の意味や語源とは?

共存共栄とは

みんなが互いに支えあって助け合いながら、ともに栄えていくこと。

このような意味があります。

それぞれの漢字に分けて考えると、

共存:ともに存在する
共栄:ともに栄える

という意味が合わさってこの言葉が生まれました。

 

共存共栄の使い方や例文は?

さて、この共存共栄という言葉の使い方と、その例文についてみていきたいと思います。

共存共栄という言葉の使い方は、

  • 「~と共存共栄する」「共存共栄して~」といった使い方がされます。
  • 一緒に生存、暮らしていくことに加えて、ともに栄えていくことも含まれてます。

こういったシーンで使いたい言葉です。

では、こんな場面を思い浮かべてみて、例文をいくつか作ってみました。

スポンサードリンク

共存共栄を使った例文は

  • 同じ業種のお店が隣りどおしでは共存共栄するのは難しい。
  • どの国も共存共栄して平和な世界を作っていきたい。
  • 人間も動物も共存共栄して、どちらにも住みよい世界を作っていきたいものだ。

このような感じでしょうか。

お互いが暮らしやすく、共に豊かになっていくような意味が伝わってくると思います。

 

共存共栄の類義語は?

さて、この「共存共栄」という言葉の意味とその例文について見てきましたが、この言葉と似ている類義語もいくつかあります。

共存同栄(きょうぞんどうえい)

【対義語】

弱肉強食(じゃくにくきょうしょく)
不倶戴天(ふぐたいてん)

スポンサードリンク

あとがき

共存共栄とはどんな意味があるのか。

その語源や使い方、例文や類義語などを見てきましたがいかがでしたか。

さて、まとめとして共存共栄を簡単にまとめますね。

意味

みんなが互いに支えあって助け合いながら、ともに栄えていくこと。

類義語や補足

共存同栄(きょうぞんどうえい)

【対義語】

弱肉強食(じゃくにくきょうしょく)
不倶戴天(ふぐたいてん)

使い方・例文

同じ業種のお店が隣りどおしでは共存共栄するのは難しい。

 

今回紹介した以外にも、本当にたくさんの「四字熟語」「ことわざ」「慣用句」があります。

 

こういった言葉を使うことで、表現がしやすくなりますよね。

普段よく聞く言葉や初めて聞いた言葉も、改めてその意味や使い方を確認すると面白い発見があるものです。

そんな「四字熟語」「ことわざ」「慣用句」を、こちらでまとめて一つにしていますので、またよかったらのぞいて見て下さいね。

関連ページ

>>「四字熟語」「ことわざ」「慣用句」まとめ

スポンサードリンク

-四字熟語
-

Copyright© utuyoのハテナノート , 2018 All Rights Reserved.