トイレ

トイレの黒ずみの原因って何なの?ふち裏の掃除や予防方法は?

投稿日:

トイレ 黒ずみ 原因
トイレって掃除せずに放っておくと、水たまりの部分に沿って黒ずみができてきますよね。

サボったリング

なんて言われるこの黒ずみは掃除をサボっている証拠なんて言われますが、この黒ずみの原因はカビが大きく関係しています。

トイレ内は常に水が張っているし、しかもフタを閉じてると湿気も高いのでカビの温床になりやすいんです。

そんなトイレの水たまり付近は特に湿気が高いので、黒ずみとなって輪っかを作ってしまうんです。

また意外なところでこの黒ずみが発生したり、より頑固な汚れに変えてしまう原因もあったりするんですね。

そこで今回は、この「トイレの黒ずみの原因は何なのか」ということについてまとめました。

トイレのふち裏の黒ずみの掃除や予防方法についても触れているので、ぜひ最後までご覧ください。

 

スポンサードリンク

 

トイレの黒ずみの原因って何なの?

トイレ掃除をさぼったりすると、すぐにトイレに黒ずみの輪っかができてしまいますが、あのトイレの黒ずみの原因って何なんでしょう?

そんなにトイレを使わなくてもできる事がありますが、あの黒ずみは

ホコリやカビ、微生物

これらが原因となっているのです。

ここに水の中に含まれる鉄分が酸化し黒ずむといったこともあり、水垢とカビが合わさって汚れができると、さらに取れにくくなってくるようなんですね。

やはりきちんと掃除をしていないと、トイレの黄ばみと同じく黒ずみもできてきます。

 

トイレの黒ずみと黄ばみ

トイレの黒ずみができる原因には、トイレに残っていた黄ばみ部分に黒カビが付着し成長することも原因の一つとしてあるようです。

トイレ掃除をマメにしないと尿石が付着しますが、その黄ばみの中にある成分を栄養として黒カビが生えるといったこともあるようなんですね。

だから、どちらにせよ黒ずみができる原因は、微生物やカビなどの発生も大きくかかわっていることがわかります。

やっぱりトイレが汚れているとあまり気分的にも良くないので、しっかりと掃除して黒ずみをとっておきたいですよね。

でも、長い間放置しているとなかなか取れなくなってしまうんです。

そんなしつこいトイレの黒ずみを掃除するには、いったいどうしたらいいんでしょうか?

 

トイレのふち裏など黒ずみ掃除の方法は?

トイレの水たまりの部分にできる黒ずみは、気づいた時に中性洗剤などでしっかり掃除すればわりと簡単に落とすことができます。

でも、トイレのふち裏とかちょっと見逃しやすい場所だと、掃除が行き届かないこともあったりしますよね。

そういうトイレの黒ずみはなかなか落ちてくれないことが多くなります。

そこで使いたいアイテムとして、

塩素系洗剤

例えば、除菌洗浄トイレハイター

これも塩素系の洗剤ですが液の粘度がアップして、今まで垂れやすかったフチ裏にも密着し、気になる黒ずみやバイ菌などの汚れを分解しブラシでこすらなくてもラクラク汚れを落とします。

価格も抑えられていて、トイレのふち裏など見にくいところでもしっかりと落としてくれると評判ですね。

 

トイレの黒ずみ掃除には塩素系洗剤が効果的

トイレの黒ずみの原因は、

水垢
ホコリ
カビ

こういった要素が絡まりあって汚れてくるので、この水垢やホコリに発生した黒カビをとるために塩素系洗剤が有効なんですね。

塩素系洗剤には、黒カビの胞子や菌を分解しタンパク質を分解する効果があります。

さきほどの除菌洗浄トイレハイターのように、原液を黒ずみにかけて数分放置してから水で流すことで、黒カビを分解してるんですね。

 

トイレの黄ばみ掃除には酸素系洗剤が効果的

一方のトイレの黄ばみもありますよね。

あれもずっと放置してると取れにくくなったり、見た目も悪いし早めに掃除したいところです。

でも、掃除してもなかなか黄ばみが取れない時ってありますよね。

そんな時には酸素系洗剤が有効です。

 

このトイレの黄ばみの原因は尿石であることがほとんどなんです。

その尿に含まれるカルシウムが固まったもので、それを溶かすのに酸素系洗剤が有効となってくるわけなんですね。

黒カビがこの尿石の汚れ部分にできたりする場合は、酸素系洗剤を使って黄ばみごと落としてしまう方がいいでしょう。

 

酸素系と塩素系洗剤は絶対に混ぜない!

ここで注意したいのが、

酸素系洗剤と塩素系洗剤は絶対に同時に使わない!混ぜない!

という事なんですね。

この二つを混ぜて使ってしまうと、化学反応を起こして有毒ガスが発生する場合があります。

そうなると気分が悪くなったり失明するなんてこともあります。

絶対にこの二つを同時に使ったり混ぜたりしないようにしましょう。

トイレの黒ずみや黄ばみに有効な洗剤として使うために、使い方はキッチリと守っていきたいですね。

 

スポンサードリンク

 

トイレの黒ずみを予防するには?

さて、このトイレの黒ずみを予防するにはどうしたらいいのか?

というところなんですが、特に有名なのが「重曹を使う」といった黒ずみ予防方法です。

重曹というと何かの掃除の時には必ずといっていいほど登場するアイテムですが、これがトイレの黒ずみ予防にも役立ちます。

 

しかも、予防方法の仕方も簡単で、トイレの中に重曹をカップ一杯入れておくだけ!

これでトイレの黒ずみ予防の完成です。

この時にトイレ内にまんべんなく全体的に振りかけると効果的です。

こんなんで大丈夫なの?

と思ってしまいますが、なぜこれで予防になるのか、そのメカニズムについてちょっと触れてみますね。

 

重曹がトイレの黒ずみを予防するわけ

まず、この重曹は弱アルカリ性で、つまり先ほどの塩素系洗剤のような性質を持っています。

さすがに洗剤のように強力ではありませんが、黒カビを予防する程度なら十分な効果を発揮してくれるんですね。

この重曹をトイレに入れておくことでトイレの中で発生しようとする黒カビを防ぐんです。

 

また、盲点となっていると言われるのがトイレタンクの中。

こちらも水が常に張られているわけで、この中でも黒ずみが発生しそれがトイレにも流れ込んできていることが原因の場合も。

だからトイレのタンクの中にも重曹をカップ一杯分入れておくことで、タンク内の黒ずみ予防にもつながっていきます。

この重曹を使った黒ずみ予防はある程度時間が必要なので、夜中のあまり家族がトイレを使わない時間帯がいいでしょう。

 

寝る前に重曹一杯!

といった感じですね。

もしこれが面倒だったり忘れがちになってしまうのなら、置くだけでトイレ洗浄ができる商品を使うのが効果的です。

 

トイレ黒ずみ掃除の便利なアイテム

トイレ掃除をさぼってしまうと黒ずみができて掃除も大変になることがありますが、そんな掃除を楽にするアイテムもたくさん販売されています。

そんな中で人気なのが

【トイレ洗浄中さぼったリング】

トイレの水溜りにこの「さぼったリング」の粉末をサッといれるだけで、ブラシがけもいりません。

「さぼったリング」の洗浄成分がトイレ内で強力に発泡して、洗浄成分の泡がトイレの水際の黒ずみ汚れを包み込み、強力に洗浄・除菌します

 

時間は30分~1時間程度(一晩おいても大丈夫)でそのままおいておき、あとは流すだけで水際の黒ずみ汚れが落ちています。

寝る前とか仕事や買い物に出かけるときなど、トイレを使わないときにこの洗剤を入れておくといいですね。

また、タンク内の黒ずみなども防ぐものとして便利な掃除アイテムは、

【液体ブルーレットおくだけ除菌EX】

ほとんどの人がご存知だとは思いますが、言われてみればこれを使ったらいいんだなと気づく方も多いのではないでしょうか。

トイレの黒ずみ除去のために、置いておくだけで大丈夫な便利な掃除グッズです。

これがタンク内の黒ずみ予防にも役立ってくれるし、それがトイレ内に流れてトイレ内の黒ずみ予防にもつながります。

 

自分で何かする必要もないので便利ですね。

仮に黒ずみができても、そこまで頑固な汚れになりにくいという点もメリットです。

どちらのグッズも評価が高いし、口コミでも満足されている方が多くて人気です。

トイレの黒ずみが気になるならこまめな掃除も大切ですが、こういったグッズを使ってラクにトイレ掃除や黒ずみ予防をやってみてはどうでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

あとがき

トイレの黒ずみの原因は何なのか。

トイレのふち裏の黒ずみの掃除や予防方法についてまとめましたがいかがでしたか。

トイレの黒ずみにはカビが関係することも多いので、塩素系洗剤で分解すると掃除もしやすくなると思います。

尿石によるトイレの黄ばみ掃除については、酸素系洗剤が有効なのでそちらで除去するようにしましょう。

黄ばみの原因や詳しい掃除方法については、別のページで取り上げてるのでこちらも参考にしてください。

関連ページ

>>トイレの黄ばみの原因は?便座裏の黄ばみの取り方や予防方法は?

 

意外とタンク内の黒ずみがトイレの黒ずみに影響するというのは盲点でした。

なかなかタンクの中まで見ることなんてないですからね。

でも重曹を一杯入れておくだけでだいぶ変わってくるので、これをとりあえずは一週間ほど続けてみると良さそうです。

キレイなトイレで気持ちのいい時間にしてくださいね。

スポンサードリンク

-トイレ
-

Copyright© utuyoのハテナノート , 2018 All Rights Reserved.