utuyoのハテナノート

暮らしの中のたくさんの「?」で、気づいたことや調べたことをまとめてみました。

サンオイルとは?その効果とおすすめや使い方まで一挙公開!spf

      2017/04/27

紫外線16

日焼けしたくない人は日焼け止めを選びますが、日焼けしたい人は「サンオイル」を選びますよね。

では、その

check002  「サンオイルとは一体何なのか?」

日焼け止めとはどう違うのか?

日焼け止めとサンオイルの違いやその効果、また、おすすめのサンオイルや成分についてまとめました。

そして、キレイに皮膚や顔を日焼けしたい人のためにサンオイルの使い方など一挙公開しちゃいます。

スポンサードリンク

 

サンオイルとは一体なに?

実は、

085145   「サンオイルとは日焼けをするためのものではありません。」

正確に言うとサンオイルとは日焼け止めの一種で、肌のサンバーンという「日焼けによるやけど状態」を防ぐためのものです。

サンオイルとは日焼けを促進するというのではなく、

「キレイにこんがり焼いて、皮膚にダメージを与えにくくするためのもの」

というふうに感じてもらうといいでしょう。

 

夏は太陽からの紫外線もよりいっそうきつくなり、気をつけないと日焼けをしてしまいます。

特に海など外出先で油断しているとすぐ日焼けになっちゃいますね。

そんな、日焼けをしたくないという人とは対照的に、

check001  「日焼けをしたい!」

と言った人のために、サンオイルはとても使いやすいんですね。

日焼けすると体の陰影がはっきりするので、筋肉質の人はより筋肉がはっきり見えてかっこ良くなったりします。

多少やせ細っていても、日焼けして黒くなると貧弱な体もだいぶ印象が変わって見えます。

 

 

サンオイルの効果について。

そのサンオイルの効果ですが、まずは

紫外線のカット

日焼け止めと同じく、有害な紫外線をカットして肌を守る効果が期待できます。

 

補足

ここで、日焼け止めの効果や「SPF」「PA」といった表示の見方について知っておく必要があるのですが、簡単に説明すると、

  • SPF:日焼け止めの強さ
  • PA :皮膚が黒くなるのを防ぐ強さ

 

日焼け止めではこれらの数値を上げることで日焼けから肌を守るのですが、

サンオイルはこれらの数値を抑え、肌は黒くなるくらいで皮膚のダメージを少なくするように調整されたもの。

というグッズになります。

日焼け止めの表記については別のページでも詳しくまとめているので、こちらも合わせてご覧になって下さい。

関連ページ

>>日焼け止めのSPFとは?PAの意味とSPF50の効果とは?

 

このように、

check001  大きな括りで見ると、サンオイルの効果は日焼け止めです。

もともと色黒の人は日焼けしても真っ赤になりにくいですよね。

それはメラニン色素があり、紫外線に対しての抵抗力が比較的高いからなんです。

でも、色白の人は抵抗力が少ないので、紫外線を浴びるとすぐ肌が真っ赤になっちゃうんです。

そんな色白の人が日焼けがしたい時にサンオイルを使うことで、

肌のダメージを減らしながら日焼けできる!

ということになるんですね。

*もちろん色黒の人もサンオイルしたほうが良いと思います。

とは言っても、サンオイルの効果を過信してずっと紫外線のきつい外でいると、やはり肌にダメージは蓄積するし皮膚にも良くありません。

ですので、

085145   1~2時間たったら肌の状態を確認したり、休憩しに日陰に入る。

こういうことも大切なのでお忘れなく。

 

スポンサードリンク

 

サンオイルのおすすめや使い方は?

上手にダメージを少なく日焼けをするために、サンオイルは持っておいたほうがいいでしょう。

そこで、

  • サンオイルは何がオススメなのか?
  • どんな使い方がいいのか?

 

そんなサンオイルですが、オススメは大正製薬から販売されている

check001  「コパトーン」

口コミでも、

「上手に痛くならず日焼けができる。」

といった声も多い人気のあるサンオイルです。

 

こういった、サンオイルを使う目的は

check001  「皮膚へのダメージを少なくして、キレイに日焼けをするため。」

ですので、肌のあまり強くない人、特に顔などは気をつけないといけない部分ですね。

「今から日焼けするぞー!」

ッて感じに、いきなり長時間粘って一日で黒くしようなんて思っていると、やっぱり皮膚へのダメージは大きいです。

そこで、徐々に黒くしていくと皮膚も抵抗力がついてくるので、これが一番いい焼き方と思います。

そのためには、

最初はサンオイルではなく軽めの日焼け止めを塗って、数日かけてジワジワ焼く。

この方法が皮膚にやさしい焼き方です。

その時、とくに顔や肩、首筋などの日光を浴びやすい部分はサンバーンによる炎症なども気をつけながら焼きましょう。

ある程度焼けてきたらサンオイルを塗って、段階的に焼くという方法がオススメです。

補足

また、炎症を抑えるために長くても一日3時間ほどでやめておき、その後はクールダウンしたほうがより肌には優しくなります。

クールダウンは単純に冷水を浴びたりして冷やしてあげるだけでも効果は感じられます。

また、ボディクリームなどで乾燥した皮膚をいたわることも大切。

日焼けした後は、その後のケアも結構大切なんでお忘れなく。

もし、皮が剥けたり、かゆみがある場合にはこちらのページを参考にして下さい。

特に肌の状態が気になる女性は必見です。

関連ページ

>>日焼けで皮がむけた時のケアや対処はどうする?皮がむけないには?
>>日焼けのかゆみを止めるには?薬や対処の方法は?ぶつぶつ湿疹ケア

 

スポンサードリンク

 

あとがき

いかがでしたか?

サンオイルとは一体何なのか、今までその効果や使い方についてなど気づかなかった点も多かったと思います。

サンオイルも日焼け止めの一種で使い方もきちんとあるので、サンオイルを塗ったから大丈夫と過信しないで、適度な日焼けをするように心がけて下さい。

また、あまり紫外線を浴びすぎると思いもよらない弊害が待っていることもあります。

あなたの体のことなので、無理をしないように健康的な日焼けを楽しんでくださいね。

紫外線や日焼け、熱中症や夏バテなど、

夏に気を付けたいトラブル!

こんなトラブルに遭わない、遭っても大丈夫なように、普段からできる予防や対策についてまとめました。

こちらから気になる記事をご覧になってください!

【関連ページ】

>>夏に気を付けたいトラブルまとめ

スポンサードリンク

 - 紫外線 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

日焼けケアで美白に必要なこととは?化粧水や薬はどう使う?ヒリヒリ

春先から徐々に強くなってくる紫外線で気になるのが、   日焼けのケア 日焼けはお …

日焼け03
日焼けして皮むけした時の対処は?そのケアやきれいなめくり方は?

日焼けをした後に、皮がむけてきた経験をあなたもしたことがあると思います。 皮がむ …

曇りの紫外線は?季節や時間帯での違いは?蛍光灯からも出る?

春先から夏場にかけて気になるのが 「紫外線」 紫外線対策を怠っていると、 特に女 …

日焼け02
日焼けすると赤くなる人とならない人の違いは?黒くなる人って?

日焼けをすると肌が赤くなることってありますよね。 赤くなると痛みを感じるときもあ …

紫外線吸収剤とは害なの?日焼け止め成分のメカニズムとは?不使用

春先の4月頃から徐々に紫外線の量は増えていき、 7月辺りには紫外線量がピークを迎 …

紫外線22
紫外線で目が痛い、充血などどんな影響があるの?サングラスや目薬は?

4~5月あたりから、だんだんと夏にかけて日差しも強くなってきますよね。 そんな暑 …

日焼け10
赤ちゃんの日焼け止めはいつから必要?その対策やおすすめは?人気

春先からだんだんと強い日差しが気になり始める時期ですが、すでに6月ごろには夏と同 …

日焼け止めのSPFとは?PAの意味とSPF50の効果とは?時間

4月辺りから徐々にきつくなる   「紫外線」 スポンサードリンク この紫外線対策 …

紫外線散乱剤01
紫外線散乱剤とは何なの?日焼け止めのメリットやデメリットは?

紫外線から身を守るために、日焼け止めを購入される方も多いと思います。 そんな時に …

日焼け07
日焼け止めクリームのおすすめは?スプレーやパウダータイプは?安い

夏場のキツイ紫外線から肌を守るために必須のアイテムが「日焼け止め」ですよね。 も …