ことわざ

雀百まで踊り忘れずの意味や語源とは?その使い方や例文、類義語は?

投稿日:

雀百まで踊り忘れず

私たちの普段の生活の中で、文を書く時や話をするときに便利な

「四字熟語」や「ことわざ」、「慣用句」

それぞれの言葉には、様々な意味が込められています。

あなたも思い浮かぶだけでいくつか出てきませんか。

そんな、四字熟語やことわざ、慣用句の中で今回見ていきたい言葉が、

雀百まで踊り忘れず(すずめひゃくまでおどりわすれず)

この言葉の意味をご存知でしょうか?

 

キミのお父さんは将棋が強いよねえ。

 

そうだね、子供の頃からすごい強かったらしいよ。

 

雀百まで踊り忘れずだねえ。今はやっていなくても強いもんね。

 

どうやら今は将棋よりもカードゲームのほうが面白いらしいよ。

「知っていて当たり前だ!」と、思われる人もいれば、「意外と知らなかった・・・。」と、感じる人もいるでしょう。

そこで今回は、この「雀百まで踊り忘れず」という言葉の意味についてまとめました。

また使い方や例文、読み方などと一緒に見ていきますので、一つここで賢くなっていきましょう!

スポンサードリンク

雀百まで踊り忘れずの意味とは?

雀百まで踊り忘れずの意味とは、

小さい時に身に着けたことは、大きくなっても忘れないものだというたとえ

このようなことわざです。

スポンサードリンク

雀百まで踊り忘れずの語源

雀百まで踊り忘れずの語源は、雀は両足で飛び跳ねるように歩きますが、その様子は踊るように見えます。

そんな雀の歩き方は一生変わらないことに由来しています。

雀百まで踊り忘れずの使い方や例文は?

さて、この雀百まで踊り忘れずという言葉の使い方と、その例文についてみていきたいと思います。

雀百まで踊り忘れずという言葉の使い方は、

「雀百まで踊り忘れずというし~」「~は雀百まで踊り忘れずだ」といった使い方がよくされます。

こういったシーンで使いたい言葉です。

では、こんな場面を思い浮かべてみて、例文をいくつか作ってみました。

 

雀百まで踊り忘れずを使った例文は

  • 雀百まで踊り忘れずというし、子供の頃の癖が今も直らない。
  • 年をとっても女好きは直らない。雀百まで踊り忘れずだ。
  • 雀百まで踊り忘れずで、80歳になっても将棋が強い。

このような感じでしょうか。

大人になっても失われない技術とかもありますよね。

スポンサードリンク

雀百まで踊り忘れずの類義語は?

さて、この「雀百まで踊り忘れず」という言葉の意味とその例文について見てきましたが、意味の似ている言葉(類義語)もいくつかあります。

三つ子の魂、百までも
頭禿げても浮気はやまぬ
噛む馬はしまいまで噛む

 

あとがき

雀百まで踊り忘れずとはどんな意味があるのか。

その語源や使い方、例文や類義語などを見てきましたがいかがでしたか。

さて、まとめとして雀百まで踊り忘れずを簡単にまとめますね。

意味

小さい時に身に着けたことは、大きくなっても忘れないものだというたとえ

類義語や補足

三つ子の魂、百までも
頭禿げても浮気はやまぬ
噛む馬はしまいまで噛む

使い方・例文

雀百まで踊り忘れずというし、子供の頃の癖が今も直らない。

 

今回紹介した以外にも、本当にたくさんの「四字熟語」「ことわざ」「慣用句」があります。

 

こういった言葉を使うことで、表現がしやすくなりますよね。

普段よく聞く言葉や初めて聞いた言葉も、改めてその意味や使い方を確認すると面白い発見があるものです。

そんな「四字熟語」「ことわざ」「慣用句」を、こちらでまとめて一つにしていますので、またよかったらのぞいて見て下さいね。

関連ページ

>>「四字熟語」「ことわざ」「慣用句」まとめ

 

スポンサードリンク

-ことわざ
-

Copyright© utuyoのハテナノート , 2018 All Rights Reserved.