その他の言葉

差し金の意味や語源とは?その使い方や例文、類義語は?

更新日:

差し金

私たちの普段の生活の中で、文を書く時や話をするときに便利な

「四字熟語」や「ことわざ」、「慣用句」

それぞれの言葉には、様々な意味が込められています。

あなたも思い浮かぶだけでいくつか出てきませんか。

そんな、四字熟語やことわざ、慣用句の中で今回見ていきたい言葉が、

差し金(さしがね)

この言葉の意味をご存知でしょうか?

 

ネコさんの大切なノート無くしちゃったよ、どうしよう・・・。ヒヨコさんごめん、さきに謝ってきてよ、おねがい!

 

仕方ないなあ、きみも後でしっかり謝っておきなよ。

 

あれ、ひよこさん。うさぎさんの差し金だろ!?まったく・・・。直接謝りに来いって言っておいて

 

うう、なんで僕がこんな事しなきゃならないんだ…。

「知っていて当たり前だ!」と、思われる人もいれば、「意外と知らなかった・・・。」と、感じる人もいるでしょう。

そこで今回は、この「差し金」という言葉の意味についてまとめました。

また使い方や例文などと一緒に見ていきますので、一つここで賢くなっていきましょう!

スポンサードリンク

差し金の意味とは?

差し金とは

影で人を指図して、自分が思うようにことを進めること

このような意味があります。

 

差し金の語源

差し金の語源は人形浄瑠璃や歌舞伎からきています。

人形浄瑠璃で使う人形を操るために、腕に長い棒がついており、それを「さしがね」と言います。

また歌舞伎では、鳥の羽根など針金の棒を付けて操りますが、そこについている棒を「さしがね」と呼びます。

どちらのさしがねも観客からは見えないようになっており、そこから操っています。

ですのでそのような状態のことを指して「差し金」と呼び、影で人を操っている、指図している人というような意味となりました。

スポンサードリンク

差し金の使い方や例文は?

さて、この差し金という言葉の使い方と、その例文についてみていきたいと思います。

差し金という言葉の使い方は、

  • 「~の差し金だ」といった使い方をするときが多い。

こういったシーンで使いたい言葉です。

では、こんな場面を思い浮かべてみて、例文をいくつか作ってみました。

 

差し金を使った例文は

  • そんなことを彼が言うはずがない!いったい誰の差し金だ!
  • 僕にケンカを売りに来るなんて、これはあいつの差し金にちがいない。
  • こんな差し金をよこすなんて、自分で面と向かって会いに来い。

このような感じでしょうか。

差し金の言葉の前には、誰かが隠れて裏で操っている、誰かの指図で動いているという言葉の意味が含まれています。

スポンサードリンク

差し金の類義語は?

さて、この「差し金」という言葉の意味とその例文について見てきましたが、この言葉と似ている類義語もいくつかあります。

指図
命令

完全に同じ意味ではないですが、似たような場面で使われることがあると思います。

 

あとがき

差し金とはどんな意味があるのか。

その語源や使い方、例文や類義語などを見てきましたがいかがでしたか。

さて、まとめとして差し金を簡単にまとめますね。

意味

影で人を指図して、自分が思うようにことを進めること

類義語や補足

指図
命令

使い方・例文

そんなことを彼が言うはずがない!いったい誰の差し金だ!

 

今回紹介した以外にも、本当にたくさんの「四字熟語」「ことわざ」「慣用句」があります。

 

こういった言葉を使うことで、表現がしやすくなりますよね。

普段よく聞く言葉や初めて聞いた言葉も、改めてその意味や使い方を確認すると面白い発見があるものです。

そんな「四字熟語」「ことわざ」「慣用句」を、こちらでまとめて一つにしていますので、またよかったらのぞいて見て下さいね。

関連ページ

>>「四字熟語」「ことわざ」「慣用句」まとめ

 

スポンサードリンク

-その他の言葉
-

Copyright© utuyoのハテナノート , 2018 All Rights Reserved.