宝くじ

サマージャンボ2018年の1等当選金額や本数は?当選確率や値段は?

更新日:

サマージャンボ 1等

サマージャンボ宝くじ2018年の1等賞金額や本数はどうなっているのか。

やはり1等賞金額や前後賞の金額は、一番気になるところだと思います。

また、他にも当選確率とかも気になりますよね!

今回は、2018年のサマージャンボ宝くじの1等賞金額はいくらなのか。

そして、その他の等級の当選金額や当選本数、当選確率と1枚の値段。

またサマージャンボミニの当選金額や確率も一緒にまとめました。

前年のサマージャンボ宝くじとは少し等級や当選本数も変わるので、今年はどうなっているのかしっかりチェックしていきましょう。

スポンサードリンク

サマージャンボ宝くじ2018年の1等当選金額や本数は?

サマージャンボ宝くじ2018年の1等賞金は高額当選金が用意されています。

check001  2018年の1等賞金額は、5億円!

そして1等前後賞は1億円となっています。

これを合わせて計7億円というジャンボ宝くじとなっています。

 

2017年のサマージャンボ宝くじでは1等賞金5億円で、前後賞が1億円という金額だったので、同じ賞金額となっていますね。

そんな2018年のサマージャンボ宝くじは、1ユニット1000万枚の中に1枚の当選となっています。

これは一般的なジャンボ宝くじの確率で、このサマージャンボ宝くじも変わりません。

ちなみに年末ジャンボは1ユニット2000万枚になっているので、それに比べたら当選確率は2倍です。

つまり1等の的中確率は「1/1000万」という、非常に小さな確率になっています。

その1ユニット1000万枚が、2018年は21セット分販売予定となっています。

 

ですので、予定では

  • 1等5億円が21本
  • 1等前後賞が各1億円が42本
  • 1等組違い賞が10万円で2079本

この数の当選本数が用意されていることになります。

 

サマージャンボ宝くじの発売日はいつからいつまで?

さて、2018年のサマージャンボ宝くじの発売日はいつからいつまでなのかですが、

2018年7月9日(月)~8月3日(金)

このようになっています。

ちなみに前年は「7月18日~8月10日まで」でした。

およそ10日ほど発売時期が早まったので、それに伴い抽選日などすべてズレています。

この詳しい日にちについては、

関連ページ

>>サマージャンボ宝くじ2018年発売日はいつまで?抽選結果発表はいつ?

 

こちらのページでまとめているので、購入を考えている人はしっかりとチェックしておきましょう!

 

サマージャンボ宝くじの1等が出やすい場所

このサマージャンボ宝くじでは、1等5億円が21本分しか当選しないので、当然全国すべての宝くじ売り場は渡りません。

だから、宝くじ売り場の大半は1等賞金が入っていないことになります。

 

そんな中でも、毎年のように1等賞金が飛び出すのが、

西銀座チャンスセンター

ここは人がかなり集まるので、非常に多くの宝くじが販売されています。

このように大きな宝くじ売り場で購入すると、それだけ1等当選宝くじが入っている確率も高くなります。

ですので、こういうたくさん人が集まるところは1等が出やすくなります。

他にも当選のよく出ている場所は全国にたくさんあります。

そういった「運のいい宝くじ売り場」で購入するのも一つの方法ですので、その運のいい場所についてはこちらのページを参考にしてください。

関連ページ

>>宝くじ売り場の営業時間は何時まで?換金は?高額当選の多い場所は?

 

スポンサードリンク

サマージャンボ宝くじ2018年の各等級の当選確率は?

2018年のサマージャンボ宝くじは、1等も含めて他の等級や賞金額もたくさんあります。

1等賞金はもちろん気になりますが、その他の等級も気になりますよね。

そんな2018年のサマージャンボ宝くじの等級は、1~6等

これに合わせ、

  • 1等前後賞
  • 1等組違い賞
  • 夏祭り賞

といった等級が用意されています。

では、サマージャンボ宝くじの当選金額と当選本数、そして当選確率について、先ほどの1等と前後賞も含め表にしてまとめました。

 

サマージャンボ宝くじ2018年の当選金・本数・当選確率

等級 当選金 本数 当選確率
1等 5億円 21本 1/1000万
1等前後賞 1億円 42本 2/1000万
1等組違い賞 10万円 2079本 約1/10万
2等 1000万円 42本 2/1000万
3等 100万円 210本 1/100万
4等 10万円 6300本 3/10万
5等 3,000円 210万本 1/100
6等 300円 2100万本 1/10
夏祭り賞 20,000円 42000本 2/1万

(発売総額630億円・21ユニットの場合 ※1ユニット1,000万枚)

抽選結果と照らし合わせて、どの等級が当たっているか確認しましょう。

このサマージャンボ宝くじでは、かなり等級の幅が大きくなっているので少しは当たりやすくなったのでしょうか。

一番下に「夏祭り賞」というのがありますが、これは2万円が当たる賞となっているので、これでも結構嬉しいですね。

ちなみに前年の夏祭り賞は5万円でした。

ただ、その他の等級が4等までしかなく夏祭り賞を大きくした感じでした。

2018年のサマージャンボ宝くじは当たりの幅が広がった感じですね。

スポンサードリンク

サマージャンボ宝くじ2018年の1枚の値段はいくら?

このサマージャンボ宝くじの1枚の値段はいくらなの?

と、購入する前に考えますが、1枚の値段は300円となっています。

 

ジャンボ宝くじと呼ばれるものは、年末ジャンボなども同じく1枚300円となっていますね。

 

ジャンボ宝くじ以外では1枚の値段が200円の宝くじなどもいろいろあります。

挑戦してみようと思う種類は、各自で確認してください。

他にもいろいろと種類はありますが、それらをまとめた記事を用意しています。

関連ページ

>>ジャンボ宝くじなど一口の値段はいくら?消費税が別にかかるの?

どんな種類の宝くじがあるのか。

それは一枚いくらになるのかなど見ておきたい方は、ぜひ読んでください。

 

サマージャンボミニの1枚の値段はいくら?

このサマージャンボ宝くじと同じ発売日に、サマージャンボミニという宝くじも一緒に発売が開始されます。

このサマージャンボミニって何かというと、簡単に言えば

ジャンボに比べて1等賞金とか大きく下がったけど、その分当選の本数が多くなって当たりやすい。

こんな宝くじなんですね。

 

だったら1枚の値段もちょっと安いのかな?

 

と思いきや、ミニも1枚300円になります。

何だか腑に落ちないかもしれませんが、いったい当選金額や当選確率がどれだけ違うのか?

そのサマージャンボミニについて別のページでまとめました。

関連ページ

>>サマージャンボミニ2018の1等当選金額や本数は?当選確率や値段は?

 

1等賞金や本数、当選確率など詳しくまとめたので、ぜひ参考に読んでみてください。

そして、どちらを購入するのかじっくり考えてみましょう。

スポンサードリンク

あとがき

サマージャンボ宝くじの2018年1等賞金額はいくらなのか。

そして、その他の等級の当選金額や当選本数、当選確率と1枚の値段も一緒にまとめましたがいかがでしたか。

前年のサマージャンボ宝くじとは少し等級や当選本数も変わるので、今年はどうなっているのかしっかりチェックしていきましょう。

そして2018年は発売日もいつからいつまでなのか、抽選日なども変更があったので、あわせて確認しておきたいですね。

 

宝くじと聞くと真っ先に思い浮かぶ「ジャンボ宝くじ」

そんな宝くじで毎回高額当選がでて、常にニュースなどでも話題に上るのが

西銀座チャンスセンター

ここで購入されている方も多いのではないでしょうか。

でも、西銀座チャンスセンターで購入してみたいけど、いろんな理由で購入できない人もたくさんいると思います。

例えば、

  • 大安とかの日に買いたいけど時間が合わない。
  • 東京が遠すぎて、地方に住む自分には関係ない事だと思っていた。
  • 並んで買う気にならないからあきらめていた。

こういう人って多いと思うんですよね。

でも、こんな面倒なことをあなたの代わりに全部引き受けてくれる

「宝くじ購入代行サービス」というものがあります。

もし「西銀座チャンスセンター」で一攫千金を狙ってみたかったけど、いろんな理由で断念していた人はこちらのページをぜひご覧になって下さい。

『宝くじ購入代行サービス』とは?

 

スポンサードリンク

-宝くじ
-,

Copyright© utuyoのハテナノート , 2018 All Rights Reserved.