慣用句

けりがつくの意味や語源とは?その使い方や例文、類義語は?

更新日:

けりがつく

私たちの普段の生活の中で、文を書く時や話をするときに便利な

「四字熟語」や「ことわざ」、「慣用句」

それぞれの言葉には、様々な意味が込められています。

あなたも思い浮かぶだけでいくつか出てきませんか。

そんな、四字熟語やことわざ、慣用句の中で今回見ていきたい言葉が、

けりがつく

この言葉の意味をご存知でしょうか?

 

この試合、いったいいつまで続くんだ?

 

甲子園で延長12回で引き分け再試合になって、まだここまで同点だよ、すごいね。

 

あ、でも点が入ったね。そろそろけりがつきそうだよ。

「知っていて当たり前だ!」と、思われる人もいれば、「意外と知らなかった・・・。」と、感じる人もいるでしょう。

そこで今回は、この「けりがつく」という言葉の意味についてまとめました。

また使い方や例文などと一緒に見ていきますので、一つここで賢くなっていきましょう!

スポンサードリンク

けりがつくの意味とは?

けりがつくとは

物事が終わる。決着がつく。

このような意味があります。

 

けりがつくの語源

もともとは

「~けり」

という形で終わることが多い和歌や俳句の言葉からきています。

「~けり」で終わる形が多いので、そこで「けり」というのがおしまいの意味を持つようになったので、

けりがつく⇒おしまい、決着がつくというような意味に捉えられるようになりました。

「蹴り」ではないので間違わないようにしましょう。

スポンサードリンク

けりがつくの使い方や例文は?

さて、このけりがつくという言葉の使い方と、その例文についてみていきたいと思います。

けりがつくという言葉の使い方は、

  • 「~にけりがついた」「なかなかけりがつかない」といったような使い方がされます。
  • 勝負事の終了の時に使われることが多い

こういったシーンで使いたい言葉です。

では、こんな場面を思い浮かべてみて、例文をいくつか作ってみました。

 

けりがつくを使った例文は

  • 延長戦になっても、なかなかけりがつかない。
  • そろそろ長くに渡った対決にもけりをつけてやろう。
  • こんな形でけりがつくとはだれも想像しなかった。

このような感じでしょうか。

物事が終わること、終了するといったことが文章からも感じられると思います。

スポンサードリンク

けりがつくの類義語は?

さて、この「けりがつく」という言葉の意味とその例文について見てきましたが、この言葉と似ている類義語もいくつかあります。

片がつく
白黒つける

完全に同じ意味ではないですが、似たような場面で使われることもあると思います。

 

あとがき

けりがつくとはどんな意味があるのか。

その語源や使い方、例文や類義語などを見てきましたがいかがでしたか。

さて、まとめとしてけりがつくを簡単にまとめますね。

意味

物事が終わる。決着がつく。

類義語や補足

片がつく
白黒つける

使い方・例文

延長戦になっても、なかなかけりがつかない。

 

今回紹介した以外にも、本当にたくさんの「四字熟語」「ことわざ」「慣用句」があります。

 

こういった言葉を使うことで、表現がしやすくなりますよね。

普段よく聞く言葉や初めて聞いた言葉も、改めてその意味や使い方を確認すると面白い発見があるものです。

そんな「四字熟語」「ことわざ」「慣用句」を、こちらでまとめて一つにしていますので、またよかったらのぞいて見て下さいね。

関連ページ

>>「四字熟語」「ことわざ」「慣用句」まとめ

 

スポンサードリンク

-慣用句
-

Copyright© utuyoのハテナノート , 2018 All Rights Reserved.