四字熟語

喜怒哀楽の意味や語源とは?その使い方や例文、類義語は?

投稿日:

喜怒哀楽

私たちの普段の生活の中で、文を書く時や話をするときに便利な

「四字熟語」や「ことわざ」、「慣用句」

それぞれの言葉には、様々な意味が込められています。

あなたも思い浮かぶだけでいくつか出てきませんか。

そんな、四字熟語やことわざ、慣用句の中で今回見ていきたい言葉が、

喜怒哀楽(きどあいらく)

この言葉の意味をご存知でしょうか?

 

いったいこのラーメン屋はいつまで人を待たせるんだよ!

 

まあまあ、もうすぐできるって。

 

やっと来たよ、まったく・・・、ムム!これはうまいよ、始めてきたけどこの店は大当たりだよ!

 

はぁ、喜怒哀楽が激しいねえ…。

「知っていて当たり前だ!」と、思われる人もいれば、「意外と知らなかった・・・。」と、感じる人もいるでしょう。

そこで今回は、この「喜怒哀楽」という言葉の意味についてまとめました。

また使い方や例文などと一緒に見ていきますので、一つここで賢くなっていきましょう!

スポンサードリンク

喜怒哀楽の意味や語源とは?

喜怒哀楽とは

喜んだり怒ったり、悲しんだり楽しんだりするといった人間のいろんな感情のこと

このような意味があります。

喜怒哀楽をそれぞれ漢字に分けてみてみると

喜:喜び
怒:怒り
哀:悲しみ
楽:楽しみ

といったようにそれぞれの漢字が意味を持っていて、特に人が表しやすい感情が四字熟語として生まれました。

ただ感情には他にもたくさんありますよね。

中国ではここへさらに「怨(うらみ)」が入り、五情(ごじょう)としてまとめられます。

五行説で

喜は木
怒は金
哀は水
楽は火
怨は土

というように割り当てられるそうです。

よく「喜」と「楽」は同じ意味じゃないか?

という疑問がありますが、例えば

「試験に合格して喜ぶ」という事は、「試験に合格して楽しい」とはイコールになりませんよね。

逆に「野球をすることが楽しい」ことは、「野球をすることを喜ぶ」とはイコールになりませんよね。

似たような意味になる場合もありますが、必ずしも同じ意味になりません。

そして「喜怒哀楽」の漢字の並び順にも意味があり、

「喜」の対義語が「怒」
「哀」の対義語が「楽」

という組み合わせで順番に「喜怒」と「哀楽」という言葉を並べたものになっています。

 

喜怒哀楽の使い方や例文は?

さて、この喜怒哀楽という言葉の使い方と、その例文についてみていきたいと思います。

喜怒哀楽という言葉の使い方は、

「喜怒哀楽が出やすい」「喜怒哀楽がわかりにくい」などのような使い方がされますね。

こういったシーンで使いたい言葉です。

では、こんな場面を思い浮かべてみて、例文をいくつか作ってみました。

スポンサードリンク

喜怒哀楽を使った例文は

  • 彼は喜怒哀楽がハッキリ顔に出るのでわかりやすい。
  • 次の演技では主人公の喜怒哀楽を表現するのが非常に難しかった。
  • すぐに喜怒哀楽を表に出しているようでは、彼に心理戦で勝てない。

このような感じでしょうか。

感情という言葉を四字熟語としてさらにわかりやすく表現されて、こちらにも意味が伝わりやすいですね。

 

喜怒哀楽の類義語は?

さて、この「喜怒哀楽」という言葉の意味とその例文について見てきましたが、この言葉と似ている類義語もいくつかあります。

感情
心情

こういった言葉でしょうか。

感情や心情の方が、人が抱く気持ちとしては広い意味を持っているかなと思います。

スポンサードリンク

あとがき

喜怒哀楽とはどんな意味があるのか。

その語源や使い方、例文や類義語などを見てきましたがいかがでしたか。

さて、まとめとして喜怒哀楽を簡単にまとめますね。

意味

喜んだり起こったり、悲しんだり楽しんだりするといった人間のいろんな感情のこと

類義語や補足

感情
心情

使い方・例文

彼は喜怒哀楽がハッキリ顔に出るのでわかりやすい。

 

今回紹介した以外にも、本当にたくさんの「四字熟語」「ことわざ」「慣用句」があります。

 

こういった言葉を使うことで、表現がしやすくなりますよね。

普段よく聞く言葉や初めて聞いた言葉も、改めてその意味や使い方を確認すると面白い発見があるものです。

そんな「四字熟語」「ことわざ」「慣用句」を、こちらでまとめて一つにしていますので、またよかったらのぞいて見て下さいね。

関連ページ

>>「四字熟語」「ことわざ」「慣用句」まとめ

スポンサードリンク

-四字熟語
-

Copyright© utuyoのハテナノート , 2018 All Rights Reserved.