その他の言葉

ほくそ笑むの意味や語源とは?その使い方や例文、類義語は?

更新日:

ほくそ笑む

私たちの普段の生活の中で、文を書く時や話をするときに便利な

「四字熟語」や「ことわざ」、「慣用句」

それぞれの言葉には、様々な意味が込められています。

あなたも思い浮かぶだけでいくつか出てきませんか。

そんな、四字熟語やことわざ、慣用句の中で今回見ていきたい言葉が、

ほくそ笑む

この言葉の意味をご存知でしょうか?

 

このジュースでひよこさんにイタズラしてやれ。

 

うわー、なんだこれ、ベタベタだ!

 

うふふ。

 

このイタズラは君だね、うさぎさん。内心ほくそ笑んでいたかもしれないけど、このジュース君のために買ったんだよ。

 

えっ!?

「知っていて当たり前だ!」と、思われる人もいれば、「意外と知らなかった・・・。」と、感じる人もいるでしょう。

そこで今回は、この「ほくそ笑む」という言葉の意味についてまとめました。

また使い方や例文などと一緒に見ていきますので、一つここで賢くなっていきましょう!

スポンサードリンク

ほくそ笑むの意味とは?

ほくそ笑むとは

自分が考えていた、思っていた通りになりひそかに笑う事。

このような意味があります。

 

ほくそ笑むの語源

ほくそ笑むの語源は中国の「北叟(ほくそう)」という老人が、嬉しいときもそうでないときも少しだけ笑っていたことから。

そこから「ほくそ笑む」という言葉が生まれたと考えられています。

北叟(ほくそう)とは、「人間万事塞翁(さいおう)が馬」ということわざにも出てくる「塞翁」のこと。

スポンサードリンク

ほくそ笑むの使い方や例文は?

さて、このほくそ笑むという言葉の使い方と、その例文についてみていきたいと思います。

ほくそ笑むという言葉の使い方は、

  • 陰でひそかに笑う様子
  • 「~にほくそ笑む」「ほくそ笑んだ様子で~」といった使い方がされます。

こういったシーンで使いたい言葉です。

では、こんな場面を思い浮かべてみて、例文をいくつか作ってみました。

 

ほくそ笑むを使った例文は

  • 悲しい顔をしているが、彼が失敗したことを内心ほくそ笑んでいる。
  • 手伝いをしてお小遣いをもらい、ほくそ笑んだ。
  • この仕事が成功すれば社長の座は私のものだとほくそ笑んだ。

このような感じでしょうか。

使い方としてはちょっと闇を感じるような、マイナス面で使われることも多いですね。

誰かが失敗してそれを陰で喜ぶような。

スポンサードリンク

ほくそ笑むの類義語は?

さて、この「ほくそ笑む」という言葉の意味とその例文について見てきましたが、この言葉と似ている類義語もいくつかあります。

ニヤつく
笑みを浮かべる

そんなに大ぴらに笑うような表現ではなく、ひそかに笑う感じとして似ているかなと思います。

完全に同じ意味ではないですので、場面によって使い方は変わるでしょう。

 

あとがき

ほくそ笑むとはどんな意味があるのか。

その語源や使い方、例文や類義語などを見てきましたがいかがでしたか。

さて、まとめとしてほくそ笑むを簡単にまとめますね。

意味

自分が考えていた、思っていた通りになりひそかに笑う事。

類義語や補足

ニヤつく
笑みを浮かべる

使い方・例文

悲しい顔をしているが、彼が失敗したことを内心ほくそ笑んでいる。

 

今回紹介した以外にも、本当にたくさんの「四字熟語」「ことわざ」「慣用句」があります。

 

こういった言葉を使うことで、表現がしやすくなりますよね。

普段よく聞く言葉や初めて聞いた言葉も、改めてその意味や使い方を確認すると面白い発見があるものです。

そんな「四字熟語」「ことわざ」「慣用句」を、こちらでまとめて一つにしていますので、またよかったらのぞいて見て下さいね。

関連ページ

>>「四字熟語」「ことわざ」「慣用句」まとめ

 

スポンサードリンク

-その他の言葉
-

Copyright© utuyoのハテナノート , 2018 All Rights Reserved.