ことわざ

孝行のしたい時分に親はなしの意味や語源とは?その使い方や例文は?

更新日:

孝行のしたい時分に親はなし

私たちの普段の生活の中で、文を書く時や話をするときに便利な

「四字熟語」や「ことわざ」、「慣用句」

それぞれの言葉には、様々な意味が込められています。

あなたも思い浮かぶだけでいくつか出てきませんか。

そんな、四字熟語やことわざ、慣用句の中で今回見ていきたい言葉が、

孝行のしたい時分に親はなし

この言葉の意味をご存知でしょうか?

 

お父さんが呼んでるよ?行かなくていいの?

 

いいんだよ!あんなのほっとけば!

 

これから出かけるって言ってるけどいかないの?

 

だからいいんだって

 

孝行したい時分に親はなしだよ。まったく・・・。ところでさっきからお父さんが焼肉食べに行くって言ってるよ?

 

なんだって!それを早く言いなさいよ!

 

なんなんだ、君は…。

「知っていて当たり前だ!」と、思われる人もいれば、「意外と知らなかった・・・。」と、感じる人もいるでしょう。

そこで今回は、この「孝行のしたい時分に親はなし」という言葉の意味についてまとめました。

また使い方や例文などと一緒に見ていきますので、一つここで賢くなっていきましょう!

スポンサードリンク

孝行のしたい時分に親はなしの意味とは?

孝行のしたい時分に親はなしとは

親を大切にしたいときには、もうこの世にはいない。

という意味があります。

親のありがたみがわかるころに、親孝行したいと思ってもすでにいないのでできない。

親が元気でいるうちに親孝行しましょうね。

といった教えですね。

 

孝行のしたい時分に親はなしの語源

この孝行のしたい時分に親はなしという諺は、もともと川柳から生まれました。

江戸時代の川柳のようで、今よりも平均寿命がかなり短い時期のことでしたので、昔は今よりももっと言葉の意味は重かったのでしょう。

スポンサードリンク

孝行のしたい時分に親はなしの使い方や例文は?

さて、この孝行のしたい時分に親はなしという言葉の使い方と、その例文についてみていきたいと思います。

孝行のしたい時分に親はなしという言葉の使い方は、

  • 親孝行したいときにはすでにいないので、後悔しないように今のうちに親を大切にしてほしいようなとき。
  • 親を大切にすることを例えていうとき

こういったシーンで使いたい言葉です。

では、こんな場面を思い浮かべてみて、例文をいくつか作ってみました。

 

孝行のしたい時分に親はなしを使った例文は

  • 孝行のしたい時分に親はなしともいうように、今のうちに旅行に連れて行ってあげたい。
  • 孝行のしたい時分に親はなしと、親が自分で言わないでほしい。
  • 生きているうちに親孝行したかったと今更嘆いても、孝行のしたい時分に親はなしでもういない。

このような感じでしょうか。

この言葉を例えとして言うことで、親を大切にしようと呼びかけたりするときによく使われますね。

スポンサードリンク

孝行のしたい時分に親はなしの類義語は?

さて、この「孝行のしたい時分に親はなし」という言葉の意味とその例文について見てきましたが、この言葉と似ている類義語もいくつかあります。

風樹の嘆
石に布団は着せられず

完全に同じ意味ではないですが、似たような場面で使われることがあると思います。

 

あとがき

孝行のしたい時分に親はなしとはどんな意味があるのか。

その語源や漢字、その使い方と例文を見てきましたがいかがでしたか。

さて、まとめとして孝行のしたい時分に親はなしを簡単にまとめますね。

意味

親を大切にしたいときには、もうこの世にはいない。

補足

風樹の嘆
石に布団は着せられず

使い方・例文

孝行のしたい時分に親はなしともいうように、今のうちに旅行に連れて行ってあげたい。

 

今回紹介した以外にも、本当にたくさんの「四字熟語」「ことわざ」「慣用句」があります。

 

こういった言葉を使うことで、表現がしやすくなりますよね。

普段よく聞く言葉や初めて聞いた言葉も、改めてその意味や使い方を確認すると面白い発見があるものです。

そんな「四字熟語」「ことわざ」「慣用句」を、こちらでまとめて一つにしていますので、またよかったらのぞいて見て下さいね。

関連ページ

>>「四字熟語」「ことわざ」「慣用句」まとめ

 

スポンサードリンク

-ことわざ
-

Copyright© utuyoのハテナノート , 2018 All Rights Reserved.