トイレ

トイレのつまり修理の業者の値段はいくら?便器の取り外し料金は?

投稿日:

トイレ つまり 業者

トイレが詰まってしまった!

なんてことになると焦りますが、トイレの中にトイレットペーパー以外で異物を流してしまったら、業者に頼んで取り除いてもらうのが一番確実です。

でも、やっぱり気になるのが

トイレつまりを業者に頼んだ時の値段

何かボッタくられるんじゃないかと不安になってしまいますが、やはり業者の中でもかなり変わるようです。

また修理の内容によっても大きく変わってきます。

でも、だいたい直す料金はなんとなく知っておきたいですよね。

そこで今回は、

トイレのつまり修理を業者に依頼したときの値段はいくらくらいなのか。

便器の取り外しにかかる費用や全体的な相場。

そして地元の業者への連絡の方法など、業者へのトイレつまり依頼についてまとめました。

 

スポンサードリンク

トイレつまりの修理を業者に依頼すると値段はいくら?

トイレつまりが起こったら、スッポンを使ったりして対処することもできますが、大きな異物を流してしまったりすると手に負えません。

そんな時は業者に連絡をしてトイレつまりの修理を依頼することになりますが、やっぱり気になるのはその値段ですよね。

 

あまり値段が高いと怖いですが、いったいどのくらいの金額になるのか。

これにもいろいろな意見があったので、それらをまとめてみました。

 

トイレつまりを業者に頼んだ時の値段

「トイレを外さないと直らない。」といわれ値段を見積もり

基本料金¥1980
トイレつまり作業費¥4200
薬品洗浄¥4000
ハイスパッド工賃¥10000
便器脱着工事¥30000
出張費¥4200
割引券▲¥2000
合計¥52380

 

ただのトイレットペーパーのつまり

出張費¥3000
基本作業費¥3000

トイレを外すような場合には別途¥5000~8000円

結局トイレを取り外し合計金額が¥11550でした。

 

地元の業者に修理依頼したときの値段

基本料金¥8000
取り外し¥32000

基本料金などモロモロ含め43200円

 

トイレつまり修理の高めの値段の例

水道業者に来てもらい修理をしたのですが、

基本料金5000円
高圧ポンプ使用費 17000円
トーラー使用費12000円
薬剤使用費5000円
衛生費 5000円
軽作業費3000円
諸経費3000円
値引き3000円

税込50760円でした。

 

このような感じでトイレつまりの修理料金はかなり安い業者では

6,000~8,000円

本当に大した修理ではなくちょっとしたつまり程度なら、出張費や作業費などすべて込みでこのくらいのようです。

 

ただ、トイレの取り外しなどが必要になってきたり、外側が詰まっていて高圧洗浄が必要になったりすると、かなり価格が跳ね上がってきます。

また、マンションと一軒家でも変わってくるでしょうし、トイレつまり修理の業者の値段にはかなり差があるように感じます。

 

そうなると、トイレのつまりの修理を業者に依頼したときの値段は、

8,000~15,000円ほど

平均的にこのくらいの費用が必要ではないでしょうか。

 

トイレつまりの修理で便器の取り外し料金は?

トイレ つまり 直し方 道具なし

トイレのつまり修理で、奥まで異物が入り込んでしまった場合には便器の取り出しが必要になることもあります。

そうなるとさらに修理費用は掛かるようになり、取り外し作業が入ると

15,000~30,000円

およそこのぐらいのお金がかかるようになってくることが多いようです。

だからこれらを合計すると

25,000~40,000円

トイレの取り外しになるような大きな修理になると、およそこれくらいの金額はかかってくると考えた方がいいかもしれません。

 

トイレつまりで業者の何に費用が掛かるの?

このように業者に修理を依頼したとき、いったい何に費用が掛かるのか?

という事も気になると思います。

まず、多くの修理業者は「見積もり料金無料」となっているところが多いですよね。

 

ただ、業者にトイレつまりの修理依頼をした時点でこちらに来てもらうわけなので、

基本料金
出張費

といったことはかかってくると思います。

だから見積もりは無料でも、来てもらって調査するだけで「5000円~」はすることもあると考えておくのがいいでしょう。

そしてここから実際に作業してもらう時には、その作業の内容によっても料金が発生します。

 

またホームページに「出張費・見積もり費0円」などと記載されている業者もあります。

業者によってこのあたりの料金設定はマチマチなので、事前に電話して

  • 出張費はかかるのか?
  • 見積もりは無料なのか?
  • 基本料金はいくらなのか?

という事を聞いておいて、実際に来てもらったらまずは見積もりを出してもらいましょう。

見積もりを出さずに修理に入って、あとからとやかく金額を上乗せされないためです。

その見積もりに納得できたら依頼をすればいいと思います。

また工事ミスによって水漏れなどが発生した場合の損害について、どのように保障してくれるのかなども聞いた方がいいと思います。

 

スポンサードリンク

トイレつまりの修理の相場や業者の見極めは?

特に大きな作業もなく、トイレつまりの修理が比較的簡単に済んだ方であれば、その値段は、

8,000~15,000円ほど

トイレを取り外したり高圧洗浄が必要な状況の修理となれば

25,000~50,000円

このくらいの金額は見ておかないといけないかもしれせん。

 

よくわからないのは、

本当にこのトイレのつまりに、これだけの作業が必要だったのかどうか?

というところですよね。

実際にトイレの修理に40,000円とかかかると高いと思いますが、本当にトイレ本体を取り外してしっかりと作業しないといけない詰まりだったら、今後も考えるとこのくらいかかっても仕方ないですよね。

 

でも疑わしいと思うのは、

 

実際にはスッポンで取れる程度の修理なのに、余計な作業を増やされて水増しされているんじゃないか?

こういった時だと思います。

そこは依頼するあなたも専門ではないので、それが本当に必要かどうかわかりません。

 

ただ、こういった業者に頼むときに、わりと安心できるという声が高いのが

 

管工設備協同組合に相談する

という方法でした。

ここに連絡して地元の中でトイレのつまりなど、水回り関係の修理を行っている業者を紹介してもらうという方法です。

こちらのページから全国の管工設備協同組合の電話番号などがわかります。

全国組合検索

しっかりとした業者でしか登録できないようなので信頼度が高いようです。

ただし地元の業者なので早朝や深夜には対応していないこともあると思うし、大がかりな修理だと関係なく費用は掛かると思います。

ネットなどの広告での修理依頼以外で、地元の業者の話も聞いてみたい人は選択肢の一つに入れてみてください。

 

スポンサードリンク

あとがき

トイレのつまり修理を業者に依頼したときの値段はいくらくらいなのか。

便器の取り外しにかかる費用や全体的な相場。

そして地元の業者への連絡の方法など、業者へのトイレつまり依頼についてまとめましたがいかがでしたか。

やはり何かしらトイレを直してもらおうと思えば、1万円くらいはかかりそうな感じです。

 

あとは自分が何をトイレに流してしまったのか?

もしオムツとかだと確実に便器を取り外さないといけないと思います。

そうなってくると費用もたくさんかかってきそうですね。

自分でトイレのつまりを直せれるような状況は

トイレットペーパーやティッシュ、流せるウェットシート

こういった紙類を流した時に限られてきます。

これらは時間とともに繊維がほどけ分解されてくるからです。

もし自分でラバーカップを使って直そうと考えているのなら、こちらのページを参考にしてください。

関連ページ

>>トイレつまりの直し方!道具なしでできるお湯や重曹で溶かす方法とは?

いくつかラバーカップなしの方法も載せてるので、一度読んでみてくださいね。

 

スポンサードリンク

-トイレ
-

Copyright© utuyoのハテナノート , 2018 All Rights Reserved.