utuyoのハテナノート

暮らしの中のたくさんの「?」で、気づいたことや調べたことをまとめてみました。

暑さ寒さも彼岸までの意味とは?語源や漢字とその使い方や例文は?

   

暑さ寒さも彼岸まで01

私たちの普段の生活の中で、文を書く時や話をするときに便利な

「四字熟語」や「ことわざ」、「慣用句」

それぞれの言葉には、様々な意味が込められています。

あなたも思い浮かぶだけでいくつか出てきませんか。

そんな、四字熟語やことわざ、慣用句の中で今回見ていきたい言葉が、

暑さ寒さも彼岸まで

この言葉の意味をご存知でしょうか?

 

明日は春分の日で休みだね。

 

そうだね、だんだん暖かくなってきたから明日は公園に行って遊ぼうか。

 

今は「暑さ寒さも彼岸まで」と言って、寒い日から暖かい日に変わっていく境目なんだよ。

 

そうかぁ、だんだん暖かくなるのか。じゃあ明日はかき氷を食べようか。

 

さすがにそこまでは暖かくないと思うよ・・・。

「知っていて当たり前だ!」と、思われる人もいれば、「意外と知らなかった・・・。」と、感じる人もいるでしょう。

そこで今回は、この「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉の意味についてまとめました。

また使い方や例文、その語源などと一緒に見ていきますので、一つここで賢くなっていきましょう!

 

スポンサードリンク

 

暑さ寒さも彼岸までの語源や漢字、意味とは?

「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉の意味は、

暑さ寒さもお彼岸までだから、しばらくすると過ごしやすくなる

ということを指しています。

彼岸と言うのは、春分の日と秋分の日を中心に、前後三日間の期間を言います。

毎年、

  • 春分の日は3月21日頃
  • 秋分の日は9月23日頃

このようになっています。

 

季節としては春と秋で、このお彼岸を過ぎると徐々にすごしやすい季節となります。

それを表した言葉なのですね。

お彼岸についてはコチラで詳しくまとめているので、また興味のある人はご覧になって下さい。

関連ページ

お彼岸はいつからいつまで?春と秋の期間とお墓参り

 

暑さ寒さも彼岸までの使い方や例文は?

さて、この暑さ寒さも彼岸までという言葉の使い方と、その例文についてみていきたいと思います。

暑さ寒さも彼岸までという言葉の使い方は、

  • 暑い、寒い日がいつになったら過ごしやすくなるのか、その目安を知りたいとき。

こういったシーンで使いたい言葉です。

では、こんな場面を思い浮かべてみて、例文をいくつか作ってみました。

 

暑さ寒さも彼岸までを使った例文は

  • いつになったらこの暑さは和らぐのか?暑さ寒さも彼岸までというが、今の季節に合っていないかもしれない。
  • 今日は春分の日でお彼岸だが、暑さ寒さも彼岸までというように、とてもお日様が気持ちいい日だ。
  • 暑さ寒さも彼岸までとはよくいったもので、本当に涼しくなってきた。

 

このような感じでしょうか。

例文としては同じような意味の文になってしまいましたが、暑さや寒さの境目、目安として、この時期に使える機会があると思います。

 

スポンサードリンク

 

暑さ寒さも彼岸までの類義語は?

さて、この「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉の意味とその例文について見てきましたが、この言葉と似ている類義語もあります。

暑さ寒さも彼岸かぎり

意味としては同じようになりますが、これは暑さや寒さも彼岸を過ぎると変わっていく、今までよく耐えたというような意味合いが強いでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

あとがき

暑さ寒さも彼岸までとはどんな意味があるのか。

その使い方と例文を見てきましたがいかがでしたか。

さて、まとめとして暑さ寒さも彼岸までを簡単にまとめますね。

意味

暑さ寒さもお彼岸までだから、しばらくすると過ごしやすくなるということ

補足

彼岸と言うのは、春分の日と秋分の日を中心に、前後三日間の期間

使い方・例文

いつになったらこの暑さは和らぐのか?暑さ寒さも彼岸までというが、今の季節に合っていないかもしれない。

 

今回紹介した以外にも、本当にたくさんの「四字熟語」「ことわざ」「慣用句」があります。

こういった言葉を使うことで、表現がしやすくなりますよね。

普段よく聞く言葉や初めて聞いた言葉も、改めてその意味や使い方を確認すると面白い発見があるものです。

そんな「四字熟語」「ことわざ」「慣用句」を、こちらでまとめて一つにしていますので、またよかったらのぞいて見て下さいね。

関連ページ

>>「四字熟語」「ことわざ」「慣用句」まとめ

 

スポンサードリンク

 - ことわざ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

生き馬の目を抜く
生き馬の目を抜くの意味とは?その使い方や例文は?

私たちの普段の生活の中で、文を書く時や話をするときに便利な それぞれの言葉には、 …

後は野となれ山となれ01
後は野となれ山となれの意味とは?その使い方や例文、類義語は?

私たちの普段の生活の中で、文を書く時や話をするときに便利な 「四字熟語」や「こと …

当たるも八卦当たらぬも八卦01
当たるも八卦当たらぬも八卦の意味とは?その使い方や例文は?類義語

私たちの普段の生活の中で、文を書く時や話をするときに便利な それぞれの言葉には、 …

笑う門には福来たる01
笑う門には福来たるの意味とは?その使い方や例文は?類義語対義語

私たちの普段の生活の中で、文を書く時や話をするときに便利な それぞれの言葉には、 …

雨だれ石を穿つ
雨垂れ石を穿つの意味とは?その使い方や例文は?

私たちの普段の生活の中で、文を書く時や話をするときに便利な それぞれの言葉には、 …

あばたもえくぼ
あばたもえくぼの意味とは?その使い方や例文は?

私たちの普段の生活の中で、文を書く時や話をするときに便利な それぞれの言葉には、 …

言うは易く行うは難し
言うは易く行うは難しの意味とは?使い方や例文、英語や類義語は?

私たちの普段の生活の中で、文を書く時や話をするときに便利な それぞれの言葉には、 …

覆水盆に返らず01
覆水盆に返らずの意味とは?その使い方や例文は?類義語

私たちの普段の生活の中で、文を書く時や話をするときに便利な それぞれの言葉には、 …

虻蜂取らず
虻蜂取らずの意味とは?語源や漢字とその使い方や例文は?

私たちの普段の生活の中で、文を書く時や話をするときに便利な それぞれの言葉には、 …

後悔先に立たず01
後悔先に立たずの意味とは?その使い方や例文は?類義語

私たちの普段の生活の中で、文を書く時や話をするときに便利な それぞれの言葉には、 …