四字熟語

一進一退の意味とは?その使い方や例文は?

更新日:

一進一退

私たちの普段の生活の中で、文を書く時や話をするときに便利な

「四字熟語」や「ことわざ」、「慣用句」

それぞれの言葉には、様々な意味が込められています。

あなたも思い浮かぶだけでいくつか出てきませんか。

そんな、四字熟語やことわざ、慣用句の中で今回見ていきたい言葉が、

一進一退(いっしんいったい)

この言葉の意味をご存知でしょうか?

 

うさぎさん、どうだい応援してるチームは?

 

みんな頑張ってるけど、ここらで差を広げたいね。

 

うーん、一進一退だね。一時期差をつけてたけど、追いつかれ始めてるね。

 

ああ、逆転された!

 

でも、ここで勝負すればまた逆転のチャンスだよ。いい試合だね。

「知っていて当たり前だ!」と、思われる人もいれば、「意外と知らなかった・・・。」と、感じる人もいるでしょう。

そこで今回は、この「一進一退」という言葉の意味についてまとめました。

また使い方や例文などと一緒に見ていきますので、一つここで賢くなっていきましょう!

スポンサードリンク

一進一退の漢字や意味とは?

一進一退とは、

進んだり退いたり、良くなったり悪くなったりすること。

このような意味があります。

それぞれに分けて見てみると

一進:進む
一退:退く

つまり、一回進んだら一回退くといったようなことを表しています。

 

この「一」には、「ひとつ」という意味のほかにも「あるいは」という意味も含んでいると言われています。

つまり、

  • あるいは進んだり
  • あるいは退いたり

といったように、先が分からないような意味も含んでいると考えられています。

スポンサードリンク

一進一退の使い方や例文は?

さて、この一進一退という言葉の使い方と、その例文についてみていきたいと思います。

一進一退という言葉の使い方は、

  • 一歩進んだら一歩戻るといった状態
  • 病気や競争、進行具合など様々な時に使われる

こういったシーンで使いたい言葉です。

では、こんな場面を思い浮かべてみて、例文をいくつか作ってみました。

 

一進一退を使った例文は

  • この野球の試合は点を取られたら取り返す、一進一退の攻防がみられた。
  • お母さんの病気の具合は一進一退で、まだまだ様子見が必要だ。
  • 再び投票数に差がついたと思ったら、また追いつかれてきた。まさに一進一退だ。

 

このような感じでしょうか。

全く変化がないわけでなく、少し良くなった(進んだ)と思ったら、すぐに同じくらい悪い方向に傾く(退く)といったような状態を表していますね。

スポンサードリンク

あとがき

一進一退とはどんな意味があるのか。

その語源や漢字、その使い方と例文を見てきましたがいかがでしたか。

さて、まとめとして一進一退を簡単にまとめますね。

意味

進んだり退いたり、良くなったり悪くなったりすること。

補足

「一」には、「ひとつ」という意味のほかにも「あるいは」という意味も含んでいると言われています。

つまり、

  • あるいは進んだり
  • あるいは退いたり

といったように、先が分からないような意味も含んでいると考えられています。

使い方・例文

この野球の試合は点を取られたら取り返す、一進一退の攻防がみられた。

 

今回紹介した以外にも、本当にたくさんの「四字熟語」「ことわざ」「慣用句」があります。

 

こういった言葉を使うことで、表現がしやすくなりますよね。

普段よく聞く言葉や初めて聞いた言葉も、改めてその意味や使い方を確認すると面白い発見があるものです。

そんな「四字熟語」「ことわざ」「慣用句」を、こちらでまとめて一つにしていますので、またよかったらのぞいて見て下さいね。

関連ページ

>>「四字熟語」「ことわざ」「慣用句」まとめ

 

スポンサードリンク

-四字熟語
-

Copyright© utuyoのハテナノート , 2018 All Rights Reserved.