四字熟語

玉石混淆の意味や語源とは?その使い方や例文、類義語は?

更新日:

玉石混淆

私たちの普段の生活の中で、文を書く時や話をするときに便利な

「四字熟語」や「ことわざ」、「慣用句」

それぞれの言葉には、様々な意味が込められています。

あなたも思い浮かぶだけでいくつか出てきませんか。

そんな、四字熟語やことわざ、慣用句の中で今回見ていきたい言葉が、

玉石混淆(ぎょくせきこんこう)

この言葉の意味をご存知でしょうか?

 

今日はこのゲームで10連ガチャをやってみるよ。

 

それは楽しみだね、お、これはいいねえ!

 

あー、何だよこれ!しょぼいなー。

 

あ、こっちはまだいいじゃないか。いや~、玉石混淆だねえ。

「知っていて当たり前だ!」と、思われる人もいれば、「意外と知らなかった・・・。」と、感じる人もいるでしょう。

そこで今回は、この「玉石混淆」という言葉の意味についてまとめました。

また使い方や例文などと一緒に見ていきますので、一つここで賢くなっていきましょう!

スポンサードリンク

玉石混淆の意味や語源とは?

玉石混淆とは、

宝石と石が一緒に入り混じることで、良いものと悪いもののが入り混じり区別がつかないことのたとえ

このような意味があります。

玉石混淆をそれぞれ分けてみてみると

玉石:宝石や石
混淆:入り混じる

このような意味になり

玉:賢者
石:愚者

という意味もあります。

玉石混交と書くこともあります。

「玉石混合」や「玉石混同」とはなりません。

もともとは『抱朴子・尚博』に語源があり、

真意眞僞倒し、玉石混淆す(本物と偽者を取り違え、玉と石を混ぜてしまう)

この言葉からきていると考えられています。

スポンサードリンク

玉石混淆の使い方や例文は?

さて、この玉石混淆という言葉の使い方と、その例文についてみていきたいと思います。

玉石混淆という言葉の使い方は、

  • 「玉石混淆だ」「玉石混淆な~」といった使い方がされます。
  • 良いものも悪いものもごちゃまぜといった感じですね。

こういったシーンで使いたい言葉です。

では、こんな場面を思い浮かべてみて、例文をいくつか作ってみました。

 

玉石混淆を使った例文は

  • 今年のコンクールは玉石混淆だな。
  • 玉石混淆な寄せ集めチームなのに、意外とバランスが取れている。
  • 彼が作った料理は玉石混淆で、褒めていいのか指摘していいのかわからない。

このような感じでしょうか。

いいもの、悪いものと、いろいろ合わさっている感じがありますね。

スポンサードリンク

玉石混淆の類義語は?

さて、この「玉石混淆」という言葉の意味とその例文について見てきましたが、この言葉と似ている類義語もいくつかあります。

多種多様
魚目珠に混ず
千差万別

完全に同じ意味ではないですが、似たような場面で使われることがあると思います。

 

あとがき

玉石混淆とはどんな意味があるのか。

その語源や使い方、例文や類義語などを見てきましたがいかがでしたか。

さて、まとめとして玉石混淆を簡単にまとめますね。

意味

宝石と石が一緒に入り混じることで、良いものと悪いもののが入り混じり区別がつかないことのたとえ

類義語や補足

多種多様
魚目珠に混ず
千差万別

使い方・例文

今年のコンクールは玉石混淆だな。

 

今回紹介した以外にも、本当にたくさんの「四字熟語」「ことわざ」「慣用句」があります。

 

こういった言葉を使うことで、表現がしやすくなりますよね。

普段よく聞く言葉や初めて聞いた言葉も、改めてその意味や使い方を確認すると面白い発見があるものです。

そんな「四字熟語」「ことわざ」「慣用句」を、こちらでまとめて一つにしていますので、またよかったらのぞいて見て下さいね。

関連ページ

>>「四字熟語」「ことわざ」「慣用句」まとめ

 

スポンサードリンク

-四字熟語
-

Copyright© utuyoのハテナノート , 2018 All Rights Reserved.