四字熟語

興味津津の意味や語源とは?その使い方や例文、類義語は?

更新日:

興味津津

私たちの普段の生活の中で、文を書く時や話をするときに便利な

「四字熟語」や「ことわざ」、「慣用句」

それぞれの言葉には、様々な意味が込められています。

あなたも思い浮かぶだけでいくつか出てきませんか。

そんな、四字熟語やことわざ、慣用句の中で今回見ていきたい言葉が、

興味津津(きょうみしんしん)

この言葉の意味をご存知でしょうか?

 

この前あの人気選手に出会ったんだよ。

 

ほうほう、それで。

 

握手してもらったんだけど、やっぱりサインも欲しいじゃないか。

 

ほうほう、それでもらえたのかい?

 

実はサインをもらうにもペンとか持ってなかったからどうしようかと思ったんだけど、そこで救世主が現れたんだ!

 

ほほう、それでそれで。

 

興味津津だねえ~。

「知っていて当たり前だ!」と、思われる人もいれば、「意外と知らなかった・・・。」と、感じる人もいるでしょう。

そこで今回は、この「興味津津」という言葉の意味についてまとめました。

また使い方や例文などと一緒に見ていきますので、一つここで賢くなっていきましょう!

スポンサードリンク

興味津津の意味や語源とは?

興味津津とは

次から次へと面白いことや関心ごとが湧いて、興味が尽きないこと。

このような意味があります。

書き方は興味津々でも構いません。

興味津津をそれぞれの漢字に分けて考えると

興味:面白いこと、関心事
津津:湧き出る、尽きない

こういった二つの言葉の意味が合わさってこの四字熟語となっています。

「津」とは港を意味していて、「津々」では「水がとめどなく溢れ出てくる」という意味合いで使われていました。

*興味深々と間違わないようにしましょう。

スポンサードリンク

興味津津の使い方や例文は?

さて、この興味津津という言葉の使い方と、その例文についてみていきたいと思います。

興味津津という言葉の使い方は、

  • 「~に興味津津だ」「興味津津に~した」といった使い方がされます。

こういったシーンで使いたい言葉です。

では、こんな場面を思い浮かべてみて、例文をいくつか作ってみました。

 

興味津津を使った例文は

  • 彼の面白い行動に彼女は興味津津の様子だった。
  • 君は興味津津といった感じで教授の話を聞いているが、どこがおもしろいのか説明してほしい。
  • 新人選手の次の活躍にみな興味津津といった様子だった。

このような感じでしょうか。

興味を引くようなことが尽きない様子が目に浮かびますよね。

スポンサードリンク

興味津津の類義語は?

さて、この「興味津津」という言葉の意味とその例文について見てきましたが、この言葉と似ている類義語もいくつかあります。

興味索然(きょうみさくぜん)

 

あとがき

興味津津とはどんな意味があるのか。

その語源や使い方、例文や類義語などを見てきましたがいかがでしたか。

さて、まとめとして興味津津を簡単にまとめますね。

意味

次から次へと面白いことや関心ごとが湧いて、興味が尽きないこと。

類義語や補足

興味索然

使い方・例文

彼の面白い行動に彼女は興味津津の様子だった。

 

今回紹介した以外にも、本当にたくさんの「四字熟語」「ことわざ」「慣用句」があります。

 

こういった言葉を使うことで、表現がしやすくなりますよね。

普段よく聞く言葉や初めて聞いた言葉も、改めてその意味や使い方を確認すると面白い発見があるものです。

そんな「四字熟語」「ことわざ」「慣用句」を、こちらでまとめて一つにしていますので、またよかったらのぞいて見て下さいね。

関連ページ

>>「四字熟語」「ことわざ」「慣用句」まとめ

 

スポンサードリンク

-四字熟語
-

Copyright© utuyoのハテナノート , 2018 All Rights Reserved.