花火大会

神宮花火大会2018年の日程時間と打ち上げ場所、アクセス方法は?

更新日:

花火大会05

東京・明治神宮外苑で開催される花火大会である

check001  神宮外苑花火大会

100万人規模の人数が観覧に集まる花火大会で、各会場での打ち上げ前のライブとともに約10,000発の花火が打ち上げられるといった、

 

ナイター気分で楽しむことができる花火!

といったことをテーマに盛り上がります。

2014年では2020年の東京オリンピックのために国立競技場が建て替えのために使えなくなりましたが、その代わりに東京体育館内敷地と国立競技場にし、テニス場に有料席が新たに設置されました。

また、隅田川花火大会や東京湾大華火祭と並び、東京三大花火大会の一つと呼ばれていますが、こちらも東京オリンピックの工事の関係で東京湾大華火祭が2015年でいったん最後になりました。

2015年の神宮花火大会は氷川きよしやでんぱ組.incが盛り上げた大会で、2016年はTRFやダイヤモンドユカイ、AKB48などたくさんのゲストがこられましたね。

2017年は大黒摩季やmiwaといったアーティストをはじめthe brilliant green、ゴールデンボンバー、岡崎体育など登場しました。

2018年はいったいどのようなゲストを迎え、花火が打ち上げられるのか?

今から楽しみな花火大会ですね。

そんな神宮花火大会の2018年の日程と時間、打ち上げ場所や交通のアクセスなどについて見ていきましょう。

スポンサードリンク

神宮花火大会2018年の日程と時間は?

5/29発表

2018年神宮外苑花火大会は、8月11日(土)に開催決定しました!

 

2018年8月11日(土)

予備日:2017年8月12日(日)

花火打上げ開始:午後7時30分
花火打上げ終了:午後8時30分
打ち上げ総数:12070発予定

◆神宮球場 (全席指定)
アリーナSS席 8500 円、アリーナS席・スタンドS席 7000 円
アリーナA席・スタンドA席 6000 円、スタンドB席 5000 円
◆秩父宮ラグビー場 (全席指定)スタンド席 3500 円
◆神宮軟式球場 (全自由) 前売 3500 円/当日 4500 円
※4歳以上は有料。

 

2015年は8/11(火)に行われ、土日ではなく平日でした。

2016年は8/20(土)2017年は8/20(日)に行われ、週末に戻りましたね。

 

この神宮花火大会は結構曜日はマチマチになっていますが、神宮球場でヤクルト戦が行われる兼ね合いもあるのでしょう。

 

085145   開催日は5月下旬に、日刊スポーツ紙面やホームページなどで発表されます。

 

*2015年は5/27に発表され、2016年は5/19でした。

2017年は5/31に発表と少し遅くなりました。

2018年は5/29発表でしたね。

 

また、開催当日が荒天の場合は翌日に順延となり、翌日も荒天の場合は中止となります。

時間は19:30~20:30あたりの予定になっています。

 

神宮花火大会の打ち上げ場所は?

【会場】

明治神宮外苑

そして神宮花火大会の打ち上げ場所は

「神宮第二球場」

から打ち上げになります。

そしてその周りの施設が観覧会場になっています。

観覧会場
  • 神宮球場
  • 神宮軟式球場
  • 秩父ラグビー場
  • 東京体育館敷地内

上の4つの会場では、花火前にアーティストのライブなどが楽しめる場所も用意されていますが、花火だけ楽しむなら、当然いろいろな場所から見ることができます。

それらの花火を楽しめるポイントを別ページでまとめてますので、よかったらこちらも見て下さいね。

関連ページ

>>神宮花火大会2018年のチケットや場所と座席について

 

スポンサードリンク

神宮花火大会のアクセスは?

神宮花火大会のアクセスについては最寄り駅がいくつかあります。

最寄り駅

  • JR:千駄ヶ谷駅、信濃町駅、代々木駅
  • 東京メトロ:外苑前駅、青山一丁目駅
  • 都営大江戸線:国立競技場駅

ただし、当日は混雑します。

早め早めの行動をした方がいいですね。

また、早いところでは神宮軟式球場が15:00開場などとなっていて、花火前のライブも早くから行われる場合があるので余裕を持って行動して下さいね。

  • 神宮球場:16:00開場 17:30開演予定
  • 秩父宮ラグビー場:16:00開場予定
  • 神宮軟式球場:15:00開場 16:30開演予定
  • 東京体育館敷地内:17:00開場予定

 

*2017年の情報です。

スポンサードリンク

まとめ

今回は、この神宮花火大会の2018年の日程と時間、打ち上げ場所や交通のアクセスなどについてまとめましたがいかがでしたか。

まずは、基本的な日時や打ち上げ場所、アクセス方法などの確認ができたと思います。

主要会場では、アーティストのライブで盛り上がったあとに花火の打ち上げが始まるといった演出がされています。

毎年、神宮花火大会は有名なアーティストやお笑い芸人など幅広く出演されるので、2018年も楽しみですね。

 

スポンサードリンク

-花火大会
-

Copyright© utuyoのハテナノート , 2018 All Rights Reserved.