ことわざ

三度目の正直の意味や語源とは?その使い方や例文は?

投稿日:

三度目の正直

私たちの普段の生活の中で、文を書く時や話をするときに便利な

「四字熟語」や「ことわざ」、「慣用句」

それぞれの言葉には、様々な意味が込められています。

あなたも思い浮かぶだけでいくつか出てきませんか。

そんな、四字熟語やことわざ、慣用句の中で今回見ていきたい言葉が、

三度目の正直

この言葉の意味をご存知でしょうか?

 

また失敗した!次ダメだったらどうしよう!

 

三度目の正直っていうし、次は大丈夫だよ!

 

でも、二度あることは三度あるっていうし…。

 

そこはほら、ポジティブにいかないと!うまくいくってイメージすればできるよ。

 

わかった!三度目の正直だね。やってみるよ!おりゃぁ!!

 

う~ん、ダメだったか。

「知っていて当たり前だ!」と、思われる人もいれば、「意外と知らなかった・・・。」と、感じる人もいるでしょう。

そこで今回は、この「三度目の正直」という言葉の意味についてまとめました。

また使い方や例文、読み方などと一緒に見ていきますので、一つここで賢くなっていきましょう!

スポンサードリンク

三度目の正直の意味とは?

三度目の正直とは、

物事は一、二度失敗しても、三回目ならうまくいくということ

このような意味があります。

三度目の正直の語源には、はっきりしたことはわからないですが、占いや賭け事などから生まれた言葉ではないかともいわれています。

「正直」というのが「大丈夫だ」「うまくいく」と言った意味と考えると、わかりやすいと思います。

 

三度目の正直の使い方や例文は?

さて、この三度目の正直という言葉の使い方と、その例文についてみていきたいと思います。

三度目の正直という言葉の使い方は、

  • 「三度目の正直で~」「三度目の正直というし~」といった使いからがよくされます。
  • 「二度あることは三度ある」ともよく比較されて使われることも多いですね。

こういったシーンで使いたい言葉です。

では、こんな場面を思い浮かべてみて、例文をいくつか作ってみました。

スポンサードリンク

三度目の正直を使った例文は

  • 三度目の正直でようやくコンサートのチケットが当たった。
  • 三度目の正直か、二度あることは三度あるか、どちらの結果になっても後悔しない。
  • 彼女に告白して三度目の正直で成功した。

このような感じでしょうか。

日常会話でもよく使いますが、二度あることは三度あるという言葉もよく使いますね。

 

あとがき

三度目の正直とはどんな意味があるのか。

その語源や使い方、例文や類義語などを見てきましたがいかがでしたか。

さて、まとめとして三度目の正直を簡単にまとめますね。

意味

物事は一、二度失敗しても、三回目ならうまくいくということ

使い方・例文

三度目の正直でようやくコンサートのチケットが当たった。

 

今回紹介した以外にも、本当にたくさんの「四字熟語」「ことわざ」「慣用句」があります。

 

こういった言葉を使うことで、表現がしやすくなりますよね。

普段よく聞く言葉や初めて聞いた言葉も、改めてその意味や使い方を確認すると面白い発見があるものです。

そんな「四字熟語」「ことわざ」「慣用句」を、こちらでまとめて一つにしていますので、またよかったらのぞいて見て下さいね。

関連ページ

>>「四字熟語」「ことわざ」「慣用句」まとめ

 

スポンサードリンク

-ことわざ
-

Copyright© utuyoのハテナノート , 2018 All Rights Reserved.