utuyoのハテナノート

暮らしの中のたくさんの「?」で、気づいたことや調べたことをまとめてみました。

前略の結びは草々、早々?敬具やかしこは使わない?例文は?

   

前略02

手紙の書き出しには「前略」を使うことがありますよね。

その前略の結びは

  • 草々なのか?
  • 早々なのか?

ちょっとややこしくなっている人もいると思います。

 

今回は、この前略の結語についてのお話を中心に見ていこうと思います。

また、前略に対して結語には敬具やかしこは使わないのか、例文などといっしょに見ていこうと思います。

 

スポンサードリンク

 

前略の結びは草々、早々?

手紙の書き出しに、頭語として前略を使うケースがありますが、この場合の結語について、

  • 草々なのか?
  • 早々なのか?

ちょっとややこしくなっている人もいると思いますが、

この前略に対しては「草々」を使うことが一般的となっています。

 

本来であれば「前略」に対する結びは「草々」とするのが一般的ですが、でも「早々」が使われる場合もあるようです。

その理由としては、

  • 読みが同じ(そうそう)
  • 字体も草かんむりがあるかないかの違いだけ

 

書籍などを見ても、この早々が入っているケースもあることから使われているような気配もあります。

ただ、無難にいくなら「草々」のほうが間違いないですね。

 

補足

ちょっとあいまいな表現になってしまいましたが、同じ前文を省略する「冠省」という頭語の時に「早々」を使う場合も目にすることがあるからです。

 

 

前略の結びに敬具、かしこは使わない?

さて、前略の結語には草々が使われるという説明をしました。

こういった組合せには、

  • 拝啓-敬具
  • 拝復-敬具
  • 謹啓-謹言
  • 急啓-草々
  • 前略-草々

といったように他にもあります。

 

では、前略の後に「敬具」というような言葉を使ってはいけないのでしょうか?

 

そこで必要となってくるのが、

check001  前略や草々、敬具の意味

ということになってきます。

 

前略の意味は

「前文を略す」

という意味で、挨拶の部分をすべて飛ばしいきなり本題に入ります。

だから、

  • 近しい友達などに送るプライベートなケース。
  • お見舞いの手紙で冒頭の時候の挨拶が不要なケース。
  • 苦情の手紙

こういった時に前略が使われることが多いです。

 

それを締めくくる結語として「草々」が使われるわけですが、「草々」とは、

「取り急ぎ失礼しました。」

という意味になります。

意味を考えると、前略とのセットがしっくりときますよね。

詳しくはこちらでも解説しています。

関連ページ

前略ってどんな意味なの?その使い方や結語にくる言葉は?書き方

 

 

敬具の意味とは?

では、敬具という言葉を前略の後で使っちゃダメなのか?

というのも、「敬具」という結語の意味を見ていけばわかってくると思います。

敬具の意味は、

「つつしんで申し上げます。」

ということで、敬意をあらわして結ぶと言う意味が込められているのですね。

 

もし、前略のあとに敬具としてしまうと、

前略:「取り急ぎ用件から入ります」
敬具:「つつしんで申し上げました」

 

前と後ろで文脈がおかしくなりますよね。

 

 

そういう意味で、こういった頭語と結語はセットになっていることが多いんですね。

 

前略の結びにかしこは使わない?

さて、手紙の最後に

かしこ

と書いて文を締めるような形もよく見受けられますが、実は前略でも結びにかしこは使えます。

 

というのも「かしこ」の意味が「かしこまる」の同源であり、相手への敬意を表していることになるんですね。

 

他にも

  • 「恐れ多い」
  • 「かしこまり申し上げます」
  • 「これで失礼いたします」

このような意味も持っているようです。

ですので、前略にも使えますが、拝啓や拝復、謹啓などすべての頭語に使うことができる便利な言葉なんですね。

 

ただ、この「かしこ」は女性特有の言い回しであって、男性が使うことはないと考えておくといいと思います。

また、ビジネスの場面などでも避けたほうが無難です。

 

スポンサードリンク

 

前略と草々をつかった例文って?

では、この前略と草々を使った分がどのようになるのか、一つ例文を用意してみました。

 

前略

先日はご丁寧なお手紙ありがとうございました。

新しいお仕事は今の○○さんにとってはピッタリのようですね。

○○さんから頂いた転職のお誘いですが、今の仕事には不満なくやりがいも感じてますので、せっかくのお誘いですが見合わせたいと思ってます。

お力になれず申し訳ございませんが、何卒ご理解いただきたいと思います。

ますますのご活躍をお祈りしつつ、取り急ぎお返事まで。

草々

 

このような感じですね。

 

前略の後は時候の挨拶は省略し、いきなり本題へと入っています。

そして最後に「草々」という言葉を入れて文章を締めくくります。

 

使い方としてはそれほど難しいことはないと思うので、機会があれば使うようにしてください。

 

スポンサードリンク

 

あとがき

手紙の書き出しで使われる前略の結びは草々なのか、早々なのか。

また敬具やかしこといった結語は使えないのかなど、例文も見ながらまとめましたがいかがでしたか。

 

ちなみに、頭語と結語の種類や組み合わせですが、一覧にしてまとめて見ると全体が見れてわかりやすいと思います。

 

手紙の種類 頭語 結語
一般的な手紙(往信) 拝啓
拝呈
啓上
一筆申し上げます(女)
敬具
敬白
拝具
かしこ(女)
一般的な手紙(返信) 拝復
復啓
お手紙拝見いたしました(女)
敬具
敬答
かしこ(女)
お返事まで(女)
丁寧な手紙(往信) 謹啓
謹呈
恭啓
謹んで申し上げます(女)
謹言
謹白
敬白
かしこ(女)
丁寧な手紙(返信) 謹復
謹答
お手紙謹んで拝読いたしました(女)
謹言
敬白
かしこ(女)
急ぎの手紙 急啓
急白
急呈
取り急ぎ申し上げます(女)
敬具
不一
不備
かしこ(女)
初めての手紙 謹啓
拝啓
恭啓初めてのお便りを差し上げます(女)
謹言
敬白
敬具
かしこ(女)
前文省略の手紙 前略
冠省
略啓
前略ごめんください(女)
草々
早々
不一
かしこ(女)
すぐ再び出す手紙 再啓
再呈
追啓
重ねて申し上げます(女)
謹言
敬白
敬具
拝具
かしこ(女)

 

*(女)は女性の言い回し

このように手紙の種類によって頭語と結語を使い分けてもらうといいと思います。

結語の「かしこ」は女性特有の言い回しで、どのケースでも使えるので便利ですが、それでもビジネスの場面などはふさわしくないと思うので気を付けて下さい。

 

スポンサードリンク

 - 手紙 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

前略01
前略ってどんな意味なの?その使い方や結語にくる言葉は?書き方

暑中見舞いや年賀状などは今も書かれる方は多いと思います。 このようなお手紙では、 …

文月とは何月でどんな読み方をするの?その意味や由来は?時候の挨拶

一年の半分が終わって折り返しになる7月 7月はいよいよ夏が始まる季節で、夏休みも …

弥生とは何月でどんな読み方をするの?その意味や由来は?時候の挨拶

温かい春がもうすぐそこまで来ている3月。 五節句の一つで弥生(上巳)の節句と呼ば …

手紙の書き出しは季節でどう違う?ビジネスや友達に宛てる場合は?

いざ手紙を書く時に、 スポンサードリンク   どうやって書いていこう。 と、いき …

時候の挨拶「2月」上旬・中旬・下旬で使える例文と手紙の形とは?

2月というと、節分の行事が一番最初に思い浮かぶでしょう。 また、冬と春を分ける「 …

時候の挨拶「8月」上旬・中旬・下旬で使える例文と手紙の形とは?

8月はもう夏真っ盛りですね。 8月といえばお盆や花火大会、また、各地でイベントも …

拝啓01
拝啓ってどんな意味なの?その使い方や結語にくる言葉は?書き方

今や、伝達ツールはメールやLINEが主流の世の中となっていますね。 でも、手紙に …

メール02
メールのマナーで気をつけたいお礼の送り方!返信やお願いは?例文

昔に比べると手紙や葉書でのやり取りが少なくなり、代わりにメールやLINEといった …

時候の挨拶「7月」上旬・中旬・下旬で使える例文と手紙の形とは?

7月になるとすっかり気候も夏らしくなってきて、暑い季節となります。 そんな7月に …

時候の挨拶「12月」上旬・中旬・下旬で使える例文と手紙の形とは?

12月といえばもう一年の終わり。 何かと年末に向けて忙しくなる季節ですね。 12 …