コイン磨き

硬貨や紙幣のお金について知りたいことまとめ

2022年9月9日

硬貨や紙幣のお金について知りたいことまとめ私たちの生活には絶対に欠かすことができない「お金」という存在。

そのお金には紙幣や硬貨、電子マネーなどありますが、実際手にして使う日本の硬貨、貨幣について意外と知らない事ってありますよね。

そんな日本硬貨や紙幣についてのウンチクなどまとめています。

また、いろんな硬貨をキレイにするための簡単な方法や、コンパウンドを使った鏡面仕上げなど、見た目にも楽しいコンテンツも用意しました。

日本硬貨の仕様が知りたい!

現在、日本の硬貨には

「1円玉、5円玉、10円玉、50円玉、100円玉、500円玉」

これら計6種類が流通しています。

普段からよく10円玉や100円玉を目にする機会も多いと思いますが、この日本硬貨の仕様がどうなっているのか知りたくないですか?

例えば、

「1円玉の重さは1.0g」

こういった情報を知っている方もいると思いますが、他にも実は

  • 50円玉より5円玉の方が直径が大きい。
  • 旧500円と新500円では重さが違う。
  • 1円玉を作るのに約3円かかる。

などなど、目からうろこの情報もあったりします。

こういった日本硬貨の仕様について

「重さは何グラムなのか?」
「直径は何㎝なのか?」
「素材は何で出来ているのか?」
「表と裏はどっちの面なのか?」
「1枚作るのに費用は何円かかるのか?」

いろいろ疑問に思うこともあったりしませんか。

という事で日本硬貨の仕様や価値についてまとめたページをこちらに用意しましたので、ぜひご覧になって下さい。

 

汚れた硬貨をきれいにしたい!

財布の中に入っている1円玉や10円玉、100円玉などのサビや汚れをきれいに落としたいと思っても、すぐにはどうすれば良いのか思いつかないかもしれません。

何か特殊な薬品や技術が必要だったりすると、諦めてしまいますよね。

でも家庭に身近にあるもので簡単にキレイになるという事が分かれば、あなたも試してみたくはないでしょうか?

そんな硬貨の綺麗にする方法について、10円玉、100円玉などそれぞれの特性に合わせた方法をまとめました。

あなたが気になるキレイにしたい硬貨について、実際に試した動画も併せて掲載しているので、ぜひこちらのページを参考にしてください。

 

硬貨の鏡面仕上げ!最強の磨き方を堪能したい

10円玉や100円玉などを家庭にある身近な物でキレイにするという試みについて、実際に行った様子は先ほどリンクしているページでご覧になることができます。

しかし、この程度の綺麗さじゃ物足りないという方もいますよね?

  • 「俺はもっと100円玉をピカピカにしたいんだ。」
  • 「メチャクチャ汚れたお金がピカピカになるところを見てみたい。」
  • 「昔のお金ってこんなにキレイになるんだ!って事をやって欲しい。」

そんな声にお応えして、10円玉や100円玉をはじめ、現在流通している種類のお金はもちろんのこと、昔の「旧100円玉や1円玉、1銭や江戸時代のお金」など、様々な種類のお金をピカピカに鏡面仕上げで磨き上げました!

その様子を動画におさめたり、昔のお金について解説したページも用意しています。

実際に使った道具など硬貨の磨き方や磨いた様子についても見れますので、ぜひ一度ご覧になって下さい。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

utuyo

utsuyoのハテナノート管理人です。 このサイトでは日常のさまざまな「ハテナ」な出来事について、みなさんにわかりやすくまとめています。いろんなサイトで調べてもわからなかったことが、ここを見るだけで分かるような便利なサイトを目指して作成していますので、どうか最後までご覧ください。

-コイン磨き
-,

Copyright© utuyoのハテナノート , 2022 All Rights Reserved.