utuyoのハテナノート

暮らしの中のたくさんの「?」で、気づいたことや調べたことをまとめてみました。

入学祝いのお返しは必要?両親や親戚には?人気の品物は?

      2015/03/14

0-99

4月になると入学シーズンですね。

今年入学をされるお子様にとっては、非常に夢膨らむ季節で
子供の成長が楽しみな親御さんにとっても期待感でいっぱいじゃないでしょうか。

入学となると、やっぱりたくさん必要な物が出てくるので、ご両親や親戚の方、
他にも知人・友人の方から入学祝いを頂いたりする機会もあると思います。

ただ、入学祝いをいただくのは非常に嬉しい事ですが、どうしたらいいのか疑問に思ってしまうことが、
「入学祝いのお返しは必要なのか?」ということです。

「入学祝いのお返しは必要ない、不要だ。」

ということをよく聞きますが、

「半返しが常識。」

など、全く意見が別れる場合もあります。

『入学祝いのお返しは必要なのか?それとも不要なのか?』

初めてのことでよくわからない、ちょっと曖昧で不安だという方も多いと思うので、ここで一度そのことについて確認しておきましょう。

スポンサードリンク

 

入学祝いのお返しは必要なの?

入学金を頂いた時は、一般的にはお返しは必要ないとされています。

子供のためのお祝いなので、収入のない子供からお返しするようなことは必要がないというところから来ています。

しかし、お返しをする必要がないとは言っても相手にお礼もせずにいるのは失礼ですよね。
だから、入学祝いのお返しとしては子供本人から電話や手紙などでメッセージを伝えることでお礼をするというのがマナーですね。

手紙でなくても写真をポストカードのようにして、そこに子供本人に「ありがとう」など感謝のメッセージを添えて送るといったことでも、十分相手に伝わると思います。

 

入学祝いのお返しを両親や親戚にする?

両親にも親戚にも同じくお返しは必要ありません。
こちらも、マナーとして、子供本人から電話やメッセージで伝えて、
写真も添えたりすると送った側も喜んでくれると思います。

小学校入学の時などの場合、両親からランドセルが入学祝いとして贈られるといったことが多いですが、身に付けるものを頂いた場合、それを身につけて入学記念写真を撮ってそれを送ると、
とても喜ばれると思いますし入学祝いを贈ってよかったと思われるのではないでしょうか。

また、友人や知人から入学祝いを頂く場合もあります。
この場合も原則としては入学祝いのお返しは必要ありません。

スポンサードリンク

ただ、両親や親戚の場合とは関係が違うので、中には「きちんとお返ししないと」といった考えが働くかもしれませんし、また、地域によっても「お返しするのが当たり前」と言った地域もあるようなので、そのあたりの風習についてはちょっと確認が必要なのかもしれませんね。

 

入学祝いのお返しで人気の品物は?

両親や親戚には基本的に入学祝いのお返しは必要ないですが、
知人や友人に対してはお返しをされるといった方もおられます。

そんなときに「一体何をお返しに渡せば喜ばれるのか?」といった事で悩まれる方も多いようです。

そんな時、入学祝いのお返しで人気の品物は

「商品券」「食べ物(特産品など)」

といったものがよく選ばれるようです。

その金額も入学祝いで頂いた金額の半分の額ほどで、用意される方が一般的となっています。

ただし、この場合も子供本人からの感謝の言葉や、
入学記念写真を添えて相手に感謝の気持を伝えることも必要だと思います。

また、その友人・知人に子供さんがいる場合、そのお子さんが入学の時に入学祝いをお返しする形ができたりすれば、一番気持ちのいい関係でいられますね。

もし、両親や親戚にもなにかお返しをしたいというのであれば、
羊羹や焼き菓子、お茶や紅茶、食べ物(特産品)なども人気の品物として選ばれていますので参考にして下さいね。

また、お返しを贈る場合は「内祝い」として贈ります。

白赤の蝶結びの水引きで表書は「内祝」と書きます。
下段には子どもの名前を書きます。

いつお返しをするのかというのは、なるべく早いうちがいいです。

 

まとめ

入学祝いの場合、原則としてお返しは必要ありません。

お返しとは、
「頂いた贈り物や行為へのお礼としての品物や行為」

の事になりますが、

内祝いとは、
「お祝い事の記念に親しい人に贈り物をすること」

となっています。

ですので、お返しとして品物を送ったとしても
「内祝い」と「お返し」では意味合いが変わってきます。

お返しの場合では、
「頂いた品物に対してのお返し」と言った意味合いになってしまいますが

内祝いというふうに書いて贈る品物には、
「お祝いしてくれてありがとうね。」

という感謝の気持ちが込められているのですね。

いつの間にか、このお返しと内祝いが同じような意味合いで使われるようになってきましたが、込められている気持ちは全く違うものになるので、「内祝い」としてお返しをするのですね。

そういう意味で、子供本人からのメッセージや記念写真といったものの方が、
より感謝の気持を伝えられるという意味合いが強いと思います。

どういう形にせよ、「お祝いを贈ってくれた相手に感謝する」という想いを込めてお返しをしたいものですね。

スポンサードリンク

 - 入学・新学期, 生活 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

‰Æ‘°3
引越し挨拶のギフトのオススメは?どこまで?タイミングはいつ?

  3月や4月になると新生活や新学期が始まり、不安と期待が入り混じった …