冷房

扇風機はいらない?一人暮らしや部屋の広さなど意見をまとめてみた!

扇風機はいらない扇風機はいらないと感じている人はどのくらいいるのか?

  • エアコンがあれば十分。
  • サーキュレーターで代用できる。
  • 大きくて邪魔。

いろんな理由があって扇風機を必要としない方もいます。一人暮らしや部屋の広さでいらないと感じている人も多いようです。

しかし「扇風機いる派」の私にも、扇風機が必要な理由がいくつもあります。

そこで今回は「扇風機がいる、いらない」のそれぞれの意見をまとめてみました。

スポンサードリンク

扇風機はいらない!否定派の意見

扇風機はいらない、邪魔になるだけだ。

と感じている人は、生活環境や効率面で不要だという意見が多くありますね。

そんな扇風機否定派の人の意見をまとめてみました。

  • エアコンがあれば扇風機はいらない。
  • エアコンの送風で事足りる。
  • 一人暮らしで部屋が狭いのでエアコンの送風が直接体にあたる。
  • サーキュレーターで代用できる。
  • サーキュレーターの方が小さくて小回りが利く。
  • サーキュレーターの方が空気の循環もできて一石二鳥。
  • 場所をとるから邪魔になる。
  • 収納スペースがない。

扇風機がいらないと感じている人は、このような理由が多いようです。

スポンサードリンク

エアコンがあれば扇風機はいらない

エアコンとの関係で、エアコンがあれば十分涼しいので扇風機がいらないとなる人は多いようです。

エアコンの送風で事足りるという意見も、エアコンの送風自体は扇風機の電気代とそんなに変わりはありませんので省エネになります。

一人暮らしで部屋が狭いのでエアコンの送風が直接体にあたるという環境が整っている人には、扇風機は必要ないと感じるでしょう。

一人暮らしでなくとも、マイルームがそのような環境なら扇風機はいらないかもしれませんね。

 

サーキュレーターで扇風機の代用ができる

サーキュレーターで扇風機の代用ができるというのは、風の感じ方しだいで
考えが分かれるところだと思います。

サーキュレーターと扇風機は根本的に目的が違っていて、

サーキュレーター:空気の循環が目的(風が一点集中)
扇風機:涼をとるのが目的(風が拡散)

大きくまとめるとこのような感じなので、一点集中型のサーキュレーターの風は一般的にはキツく感じます。

でも、サーキュレーターの風を涼をとる目的で使えない事もないので、風がキツイと感じなければ扇風機ではなくサーキュレーターがあれば代用はできると思います。

スポンサードリンク

扇風機は場所をとるから邪魔になる

涼をとる目的でサーキュレーターを所有してる人にとっては、サーキュレーターの方が扇風機に比べて小さいので、収納スペースもあまり考えなくてもいいので邪魔になりにくいですね。

特に一人暮らしの方など収納スペースは結構考えるポイントだと思うので、扇風機ほど大きいものは邪魔になると感じる方も多いでしょう。

そういう環境ならエアコンやサーキュレーターの方が、扇風機より優先されるのかもしれませんね。

 

扇風機はいる!肯定派の意見

では、扇風機はいる、必要だと感じる肯定派の意見をまとめてみました。

  • エアコンが嫌いだから扇風機が必要。
  • エアコンと併用して電気代を節約できる。
  • 省エネに最適。
  • エアコンがない部屋には必要になる。
  • キッチンなどエアコンの風が届かない場所で必要。
  • サーキュレーターは扇風機の代用としては風がキツイ。
  • 洗濯物を乾かすときに使える。

扇風機にもいろんなメリットがありますが、必要だと感じている人にはこのような理由が多いようです。

スポンサードリンク

エアコンが嫌いだから扇風機が必要

エアコンの風が嫌い、肌に合わないという人は多いですよね。

扇風機の方が自然の風なので、エアコンは使わないという人も多いので、そういう方には扇風機は必須アイテムになります。

また、エアコンと扇風機を併用することで電気代の節約をすることも可能です。

エアコンの温度を27℃ほどに設定して扇風機を併用すれば、エアコンの電気代を抑えることができます。

風速1mごとに体感温度は1℃下がるので、エアコンの温度をそれほど下げずとも扇風機を使えば快適に過ごせるわけです。

 

キッチンなどエアコンの風が届かない場所で必要

また、エアコンのない所や部屋が広い場合、エアコンが影響しにくい空間が出てきますね。

またキッチン周辺は夏場暑くなる事も多いので、そういう場所に扇風機を置くことで簡単に涼をとる手段が得られます。

扇風機は小回りが利くので、活躍できる場所が多くなるわけですね。

スポンサードリンク

サーキュレーターは扇風機の代用にしにくい

サーキュレーターは扇風機の代用としては風がキツイと感じる方が多いと思います。

それもそのはずで、先ほどお伝えしたようにサーキュレーターと扇風機では目的が違うからです。

サーキュレーター:空気の循環が目的(風が一点集中)
扇風機:涼をとるのが目的(風が拡散)

一点集中型のサーキュレーターの風は一般的にはキツく感じるので、涼をとる目的としては扇風機の方がベターだからです。

 

扇風機は洗濯物を乾かすときに便利

扇風機は洗濯物を乾かすときにも便利です。

梅雨時など部屋干しが多くなる季節は、洗濯物に扇風機の風を当てる事で早く乾かすことができます。

洗濯物周りの湿気を飛ばす役割としては、この場合だとサーキュレーターでも大丈夫ですね。

エアコンを使っても大丈夫ですが、その場合場所が限定されるので、小回りの利く扇風機の方が便利だと思います。

 

あとがき

扇風機がいる、いらないというのは、共にそれぞれの意見や環境の違い、感じ方など色々ありますね。

私自身は扇風機は必要だと感じていて長年ずっと使っていますが、やはり使わないシーズンは扇風機の収納で場所をとるというのは悩みとしてあります。

でも、それ以上にメリットが大きいので、やっぱり扇風機は必要だなって思います。

どちらにせよ、自分が気持ちよく快適に過ごせる空間や時間を作る上で、扇風機がいるかいらないかを決めたらいいんだと思います。

扇風機とサーキュレーターについて

扇風機とサーキュレーターのメリットとデメリット、違いや共通点をこちらのページでまとめています。

関連ページ

扇風機とサーキュレーターの使い方やメリットとデメリット【まとめ】

サーキュレーターって必要なの?どう使うの?

扇風機1台あれば大丈夫だと思うけど、サーキュレーターに興味がある人や生活の幅を広げたい人はぜひご覧になって下さい。

スポンサードリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

utuyo

utsuyoのハテナノート管理人です。 このサイトでは日常のさまざまな「ハテナ」な出来事について、みなさんにわかりやすくまとめています。いろんなサイトで調べてもわからなかったことが、ここを見るだけで分かるような便利なサイトを目指して作成していますので、どうか最後までご覧ください。

-冷房

Copyright© utuyoのハテナノート , 2022 All Rights Reserved.