utuyoのハテナノート

暮らしの中のたくさんの「?」で、気づいたことや調べたことをまとめてみました。

感慨無量の意味や語源とは?その使い方や例文、類義語は?

   

感慨無量

私たちの普段の生活の中で、文を書く時や話をするときに便利な

「四字熟語」や「ことわざ」、「慣用句」

それぞれの言葉には、様々な意味が込められています。

あなたも思い浮かぶだけでいくつか出てきませんか。

そんな、四字熟語やことわざ、慣用句の中で今回見ていきたい言葉が、

感慨無量(かんがいむりょう)

この言葉の意味をご存知でしょうか?

 

ついにここまで来たよ。

 

そうだね、去年はベスト8で負けてそこから辛い日々だったね。

 

これで、今年は僕らが優勝だ。

 

ここまできたら、もう勝つしかないよ。

 

やったよー!やった、勝ったよ!

 

うう、感慨無量だ・・・。ありがとう。

「知っていて当たり前だ!」と、思われる人もいれば、「意外と知らなかった・・・。」と、感じる人もいるでしょう。

そこで今回は、この「感慨無量」という言葉の意味についてまとめました。

また使い方や例文などと一緒に見ていきますので、一つここで賢くなっていきましょう!

 

スポンサードリンク

 

感慨無量の意味や語源とは?

感慨無量とは

心に深く感じること

このような意味があります。

それぞれの漢字に分けて考えると、

感慨:心に感じる
無量:はかり知れない

このような意味なんですね。

ここでの「感慨」とは、

しみじみと感じること

そして「無量」は、

ものすごく、計り知れないほどたくさんある

といった意味になります。

これが合わさって、

計り知れないほど、しみじみと感じるものがある

ということになるのですね。

これを略して

感無量(かんむりょう)

このように言うことも多いですね。

 

感慨無量の使い方や例文は?

さて、この感慨無量という言葉の使い方と、その例文についてみていきたいと思います。

感慨無量という言葉の使い方は、

  • スポーツなど苦しい思いでやっと優勝した時など、これまでのつらい経験や思いがあふれ出たりするとき。
  • 過去を振り返ったり、今まで経験ないことをしたり、単純に「うれしい」といった気持ちだけではなく、様々な思いが混ざり合った感情

こういったシーンで使いたい言葉です。

では、こんな場面を思い浮かべてみて、例文をいくつか作ってみました。

 

スポンサードリンク

 

感慨無量を使った例文は

  • 疑惑の判定を乗り越え、ようやくチャンピオンになって感慨無量し涙があふれた。
  • 長年夢見てきた世界遺産への訪問は、私の人生で最も感慨無量の経験となった。
  • もう二度と立てないといわれた息子が、今こうしてプロのサッカー選手になって活躍することを感無量の思いで見ていた。

 

このような感じでしょうか。

感慨無量の感情の中には「うれしい」といった感情もあると思いますが、それ以外にもそれまでの経緯で「楽しかった」「辛かった」「苦しかった」など、いろいろ含まれてくると思います。

そういったものをひっくるめて、「心に深く感じること」という意味になっているのでしょう。

 

感慨無量の類義語は?

さて、この「感慨無量」という言葉の意味とその例文について見てきましたが、この言葉と似ている類義語もいくつかあります。

万感の思い
意料無限(いりょうむげん)
感慨多端(かんがいたたん)

完全に同じ意味ではないかもしれませんが、似たようなシーンで使われると思います。

 

スポンサードリンク

 

あとがき

感慨無量とはどんな意味があるのか。

その語源や漢字、その使い方と例文を見てきましたがいかがでしたか。

さて、まとめとして感慨無量を簡単にまとめますね。

意味

心に深く感じること

類義語

万感の思い
意料無限(いりょうむげん)
感慨多端(かんがいたたん)

使い方・例文

疑惑の判定を乗り越え、ようやくチャンピオンになって感慨無量し涙があふれた。

 

今回紹介した以外にも、本当にたくさんの「四字熟語」「ことわざ」「慣用句」があります。

 

こういった言葉を使うことで、表現がしやすくなりますよね。

普段よく聞く言葉や初めて聞いた言葉も、改めてその意味や使い方を確認すると面白い発見があるものです。

そんな「四字熟語」「ことわざ」「慣用句」を、こちらでまとめて一つにしていますので、またよかったらのぞいて見て下さいね。

関連ページ

>>「四字熟語」「ことわざ」「慣用句」まとめ

 

スポンサードリンク

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

関連記事はありませんでした