utuyoのハテナノート

暮らしの中のたくさんの「?」で、気づいたことや調べたことをまとめてみました。

曲者の読み方や意味とは?その使い方や例文は?

   

曲者

私たちの普段の生活の中で、文を書く時や話をするときに便利な

「四字熟語」や「ことわざ」、「慣用句」

それぞれの言葉には、様々な意味が込められています。

あなたも思い浮かぶだけでいくつか出てきませんか。

そんな、四字熟語やことわざ、慣用句の中で今回見ていきたい言葉が、

曲者

この言葉の読み方は曲者(くせもの)と読みます

この言葉の意味をご存知でしょうか?

 

 

このサッカーの試合はぜったい負けられないけど、どうして相手は急に攻めが弱くなったんだろう。

 

・・・!もしかしたら、今僕らに攻めさせておいて疲れるのを狙ってるのかもしれないよ。

 

でも、このままだったら僕らの勝ちなのに・・・、もしかして控えに残ってるエースを入れなかったのもこれを見越してなのかな。

 

だとしたら相手の監督はかなりの曲者だ。よっぽど展開が読めてないと無理だよ。

 

これはこのあと何かが起こるね。

 

「知っていて当たり前だ!」と、思われる人もいれば、「意外と知らなかった・・・。」と、感じる人もいるでしょう。

そこで今回は、この「曲者」という言葉の意味についてまとめました。

また使い方や例文、その語源などと一緒に見ていきますので、一つここで賢くなっていきましょう!

 

スポンサードリンク

 

曲者の漢字や意味とは?

曲者(くせもの)とは、

あやしい人、油断できない人、得体の知れないもの

このような意味があります。

 

曲者の語源

誰にでも何かしらの癖を持っているように、悪い癖、良い癖があります。

そのどちらでも、昔は個性的な癖の持ち主として「癖者」とよばれていました。

この「癖」はおかしい性癖を持った者を指していたと言われています。

 

それが時代とともに悪い癖を持つ者だけがピックアップされて、「くせもの」と呼ばれるようになり、それがさらに

あやしい人、油断できない人、得体の知れないもの

という意味に変わったと言われています。

曲者の「曲」は、心の曲がった者という意味で使われていたため、このような感じとして現代に残っているようですね。

 

曲者の使い方や例文は?

さて、この曲者という言葉の使い方と、その例文についてみていきたいと思います。

曲者という言葉の使い方は、

  • 怪しい人
  • 正体がわからない者
  • 油断ならないもの、事柄

こういったシーンで使いたい言葉です。

では、こんな場面を思い浮かべてみて、例文をいくつか作ってみました。

 

スポンサードリンク

 

曲者を使った例文は

  • どうやら屋敷に曲者が紛れ込んだが、捕えられたようだ。
  • まさかここでこんな大胆な選手起用をするとは、あの監督はかなりの曲者だ。
  • 毎年ひっかけ問題を入れてくるから、このテストはなかなか曲者だ。

 

このような感じでしょうか。

油断ならないことや得体のしれないものについて、曲者という言葉がしっくりとあてはまっていると思います。

また、人だけではなくて何か事柄についても使われることが多いので、幅が広いと思います。

 

スポンサードリンク

 

あとがき

曲者とはどんな意味があるのか。

その語源や漢字、その使い方と例文を見てきましたがいかがでしたか。

さて、まとめとして曲者を簡単にまとめますね。

意味

あやしい人、油断できない人、得体の知れないもの

補足

人だけではなくて何か事柄についても使われることが多い

使い方・例文

どうやら屋敷に曲者が紛れ込んだが、捕えられたようだ。

 

今回紹介した以外にも、本当にたくさんの「四字熟語」「ことわざ」「慣用句」があります。

 

こういった言葉を使うことで、表現がしやすくなりますよね。

普段よく聞く言葉や初めて聞いた言葉も、改めてその意味や使い方を確認すると面白い発見があるものです。

そんな「四字熟語」「ことわざ」「慣用句」を、こちらでまとめて一つにしていますので、またよかったらのぞいて見て下さいね。

関連ページ

>>「四字熟語」「ことわざ」「慣用句」まとめ

 

スポンサードリンク

 - その他の言葉

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

金輪際
金輪際の意味とは?語源や漢字とその使い方や例文は?

私たちの普段の生活の中で、文を書く時や話をするときに便利な それぞれの言葉には、 …