utuyoのハテナノート

暮らしの中のたくさんの「?」で、気づいたことや調べたことをまとめてみました。

一か八かの意味とは?語源や漢字とその使い方や例文は?

   

一か八か01

私たちの普段の生活の中で、文を書く時や話をするときに便利な

「四字熟語」や「ことわざ」、「慣用句」

それぞれの言葉には、様々な意味が込められています。

あなたも思い浮かぶだけでいくつか出てきませんか。

そんな、四字熟語やことわざ、慣用句の中で今回見ていきたい言葉が、

一か八か

この言葉の意味をご存知でしょうか?

 

これを正解すれば賞金1万円だ!

 

ついに来たね、うさぎさん、でもこの問題わかるの?

 

全然わからない!でも、なんとなく3番のような気がする?

 

もう、あとはうさぎさんに任せたよ!

 

でも、1番かも・・・、う~、一か八かだ!答えは2番!

 

えっ!?

 

残念、正解は3番でした。

 

なぜ、最後変えた・・・。

 

「知っていて当たり前だ!」と、思われる人もいれば、「意外と知らなかった・・・。」と、感じる人もいるでしょう。

そこで今回は、この「一か八か」という言葉の意味についてまとめました。

また使い方や例文、その語源などと一緒に見ていきますので、一つここで賢くなっていきましょう!

 

スポンサードリンク

 

一か八かの語源や漢字、意味とは?

この「一か八か」という言葉の意味は、

どうなるかわからないが、運を天に任せて思い切って行うこと

ここで、一か八かで、どちらの数字が良いとかそういう意味ではありません。

 

「一」が出るか、もしくは「八」が出るか。

フィフティフィフティ(50:50)だという意味として捉えてもらえればと思います。(*後述する語源から考えると50%)

 

そして、ここでいう「一か八か」は、数字を表しているわけではなく、その語源から、

「丁」か「半」か?

これを表しているのではないかと言われています。

では、その語源を見ていきましょう。

 

一か八かの語源

これは、一か八かの語源が「丁半賭博」という昔の賭け事に由来していると言われています。

サイコロを何個か使った賭け事ですが、

  • 合計が偶数になれば「丁」
  • 合計が奇数になれば「半」

このように定めていて、どちらになるかを当てる賭け事だったのです。

 

当然結果はわからないので運で勝負することになりますが、そこで

「丁」の漢字の第一画目の「一」

そして

「半」の漢字の第一、第二画目の「八」

 

補足

*昔はこの部分はさかさまで「八」となっていました。

 

この丁半賭博から「丁」か「半」か?

という掛け声だったのが、仲間内でシャレのような形で

 

「一」か「八」か?

というように言われていたことが、一か八かの語源のようです。

 

もう一つの語源には、サイコロの目に「一が出るかしくじるか」の意味で「一か罰か」という言葉が語源となった説もあります。

では、どういうときに使うのか、一か八かの使い方や例文を見ていきましょう。

 

一か八かの使い方や例文は?

さて、この一か八かという言葉の使い方と、その例文についてみていきたいと思います。

一か八かという言葉の使い方は、

  • 思い切ってやる。
  • 運を天に任せる。

こういったシーンで使いたい言葉です。

 

また、語源は丁半賭博の賭け事にありますが、今では賭け事以外のシーンでも使われています。

また、語源の丁半賭博ではフィフティフィフティですが、通常使う場合は半々の確率ではないことが多いです。

では、こんな場面を思い浮かべてみて、例文をいくつか作ってみました。

 

一か八かを使った例文は

  • ここまで来たら一か八か、好きな人に告白した!
  • 一か八か、宝くじに全財産を突っ込んだ。
  • この一か八かの采配が見事的中し優勝した。

 

使い方はこのような感じでしょうか。

例文から見ても、運任せの部分や思い切りの行動が見られますね。

 

スポンサードリンク

 

一か八かの類義語は?

さて、この「一か八か」という言葉の意味とその例文について見てきましたが、この言葉と似ている類義語もいくつかあります。

  • 出たとこ勝負
  • 伸るか反るか
  • 当たって砕けよ

全く同じというわけではありませんが、似たようなシーンで使うことができる類義語だと思います。

 

スポンサードリンク

 

あとがき

一か八かとはどんな意味があるのか。

その語源や漢字、その使い方と例文を見てきましたがいかがでしたか。

さて、まとめとして一か八かを簡単にまとめますね。

意味

どうなるかわからないが、運を天に任せて思い切って行うこと

補足

一か八かの、どちらの数字が良いとかそういう意味ではない。

使い方・例文

ここまで来たら一か八か、好きな人に告白した!

 

今回紹介した以外にも、本当にたくさんの「四字熟語」「ことわざ」「慣用句」があります。

 

こういった言葉を使うことで、表現がしやすくなりますよね。

普段よく聞く言葉や初めて聞いた言葉も、改めてその意味や使い方を確認すると面白い発見があるものです。

そんな「四字熟語」「ことわざ」「慣用句」を、こちらでまとめて一つにしていますので、またよかったらのぞいて見て下さいね。

関連ページ

>>「四字熟語」「ことわざ」「慣用句」まとめ

 

スポンサードリンク

 - 慣用句

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

油を売る
油を売るの意味とは?その使い方や例文は?

私たちの普段の生活の中で、文を書く時や話をするときに便利な それぞれの言葉には、 …

気が気でない
気が気でないの意味や語源とは?その使い方や例文、類義語は?

私たちの普段の生活の中で、文を書く時や話をするときに便利な それぞれの言葉には、 …

足を引っ張る
足を引っ張るの意味とは?その使い方や例文、英語や類義語は?

私たちの普段の生活の中で、文を書く時や話をするときに便利な それぞれの言葉には、 …

肩を持つ
肩を持つの意味や語源とは?その使い方や例文、類義語は?

私たちの普段の生活の中で、文を書く時や話をするときに便利な それぞれの言葉には、 …

味をしめる
味をしめるの意味とは?その使い方や例文は?

私たちの普段の生活の中で、文を書く時や話をするときに便利な それぞれの言葉には、 …