utuyoのハテナノート

暮らしの中のたくさんの「?」で、気づいたことや調べたことをまとめてみました。

あっぱれの意味とは?語源や漢字とその使い方や例文は?

   

あっぱれ01

私たちの普段の生活の中で、文を書く時や話をするときに便利な

「四字熟語」や「ことわざ」、「慣用句」

それぞれの言葉には、様々な意味が込められています。

あなたも思い浮かぶだけでいくつか出てきませんか。

そんな、四字熟語やことわざ、慣用句の中で今回見ていきたい言葉が、

check001  あっぱれ

この言葉の意味をご存知でしょうか?

 

どうですかね、このプレー

 

これは全然だめだね。

 

続いてこちらは○年ぶりに記録を塗り替えた選手なんです。

 

これはもう言うことない、あっぱれ!

「知っていて当たり前だ!」と、思われる人もいれば、「意外と知らなかった・・・。」と、感じる人もいるでしょう。

そこで今回は、この「あっぱれ」という言葉の意味についてまとめました。

また使い方や例文、その語源などと一緒に見ていきますので、一つここで賢くなっていきましょう!

 

スポンサードリンク

 

あっぱれの語源や漢字、意味とは?

最初のやり取りが、某番組みたいな感じになっていますが、テレビでもよく聞く言葉ですよね。

この「あっぱれ」という言葉を漢字にすると

天晴(れ)

このようになります。

この漢字は語源とは関係なく、その発音などからあてられた漢字のようです。

 

このあっぱれの意味は、

特に優れた様子に対していう言葉

「よくやった」「たいしたものだ」などと似た意味で、誉め言葉として使われる事が多いですね。

 

あっぱれの語源

このあっぱれの語源は「あわれ」から来ていると言われています。

「あわれ」というと、

哀れ、憐れ

など、あっぱれとは反対のような意味の言葉に思いますが、もともとこの「あわれ」という言葉は、

感情的に強い気持ちを持った時に発する言葉

ということで、哀れの意味の

悲しい、不憫だ

こういう意味もありますが、その一方で、

すごい、見事だ

こんな意味も含んでいたようです。

 

これが時代とともに、「悲しい」などの意味が強くなっていったようですね。

この「あわれ」は、平安時代には「あふぁれ」と発音されていて、これが「あっぱれ」と呼ばれることもあったようです。

 

 

そして、「あわれ」という言葉は、

「あっぱれ」と「あわれ」

この2つでそれぞれ意味を持つ言葉となって分かれていったようですね。

 

あっぱれの使い方や例文は?

若々しい女性

さて、このあっぱれという言葉の使い方と、その例文についてみていきたいと思います。

あっぱれという言葉の使い方は、

  • よくやった
  • 素晴らしい

こういったシーンで使いたい言葉です。

では、こんな場面を思い浮かべてみて、例文をいくつか作ってみました。

 

あっぱれを使った例文は

  • 敵ながらあいつのプレーはあっぱれだ。
  • 土壇場のあの場面で一発逆転するなんて、あっぱれなやつだ。
  • 相当勉強したんだろう、この前とは見違えたよ。あっぱれだ。

 

行動に対してすばらしいと思ったりしたときに、よく使われることが多いですよね。

 

スポンサードリンク

 

あっぱれの類義語は?

さて、この「あっぱれ」という言葉の意味とその例文について見てきましたが、この言葉と似ている類義語もいくつかあります。

先ほどから出ているように、

  • すばらしい
  • 見事だ

といった意味になるのでこれに似ています。

 

ただし、全く同じように使えるかというと、「あっぱれ」は使えても「すばらしい」「見事だ」に直すと変な文章になる場合もあります。

先ほどの例文のように、

敵ながらあっぱれだ。

これは、

  • 敵ながら見事だ。
  • 敵ながら素晴らしい。

このように言い換えることができますが、

この景色は素晴らしいね。

これを「この景色はあっぱれだ」とは言い換えにくいですよね。

 

スポンサードリンク

 

あとがき

あっぱれとはどんな意味があるのか。

その語源や漢字、その使い方と例文を見てきましたがいかがでしたか。

さて、まとめとしてあっぱれを簡単にまとめますね。

意味

よくやった
素晴らしい

補足

素晴らしい、見事だというときに使うことが多いですが、場面によっては使えないこともあります。

使い方・例文

敵ながらあっぱれだ!

 

今回紹介した以外にも、本当にたくさんの「四字熟語」「ことわざ」「慣用句」があります。

 

こういった言葉を使うことで、表現がしやすくなりますよね。

普段よく聞く言葉や初めて聞いた言葉も、改めてその意味や使い方を確認すると面白い発見があるものです。

そんな「四字熟語」「ことわざ」「慣用句」を、こちらでまとめて一つにしていますので、またよかったらのぞいて見て下さいね。

関連ページ

>>「四字熟語」「ことわざ」「慣用句」まとめ

 

スポンサードリンク

 - その他の言葉

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

アイデンティティ01
アイデンティティとは意味をわかりやすくいうと?使い方や例文は?

普段の話やテレビなどでも、よく「アイデンティティ」という言葉が使われます。 スポ …

思うつぼ
思うつぼの意味や語源とは?その使い方や例文は?

私たちの普段の生活の中で、文を書く時や話をするときに便利な それぞれの言葉には、 …

切り札
切り札の語源や意味とは?その使い方や例文は?

私たちの普段の生活の中で、文を書く時や話をするときに便利な それぞれの言葉には、 …

けんもほろろ
けんもほろろの意味とは?語源や漢字とその使い方や例文は?

私たちの普段の生活の中で、文を書く時や話をするときに便利な それぞれの言葉には、 …

アンニュイ01
アンニュイとはどんな意味?そんな雰囲気を持つ男性女性芸能人は?

テレビ番組とかを見ていると、 なんていう一言がでるシーンもよく見かけますよね。 …

シュール01
シュールとはいったい何なの?その意味や使い方の場面は?一言

スポンサードリンク テレビのバラエティとかを見ていると、 こんな一言が飛び出すシ …

朝飯前
朝飯前の意味とは?その使い方や例文は?

私たちの普段の生活の中で、文を書く時や話をするときに便利な それぞれの言葉には、 …

カオス01
カオスとはいったい何なの?その意味や使い方の場面は?語源対義語

スポンサードリンク テレビ番組とかふだんの会話とか、町中などでもよく、 こんな言 …

金輪際
金輪際の意味とは?語源や漢字とその使い方や例文は?

私たちの普段の生活の中で、文を書く時や話をするときに便利な それぞれの言葉には、 …