utuyoのハテナノート

暮らしの中のたくさんの「?」で、気づいたことや調べたことをまとめてみました。

熱中症の症状に頭痛や吐き気、嘔吐や発熱はあるの?けいれんは?

   

熱中症13

夏場の高温多湿の環境、脱水症状などが原因で熱中症にかかってしまうことがあり、毎年のようにたびたびニュースでも流れています。

熱中症は最悪の場合、死に至るような怖い症状ですが、その熱中症の詳しい症状は確認できているでしょうか。

そんな熱中症の症状として頭痛や吐き気、嘔吐や発熱の他、けいれんなどのひどい症状についてその危険性についてまとめました。

 

スポンサードリンク

 

熱中症の症状に頭痛はあるの?

熱中症になると様々な症状が現れることがわかっています。

その中でも「頭痛」という症状は、熱中症の中でも起こりうる事として挙げられています。

 

熱中症は主に3つのステージに分けて分類されていて、その症状によって重症度というのが分類されています。

 

分類 症状 重症度
Ⅰ度 めまい・失神
「立ちくらみ」という状態で、脳への血流が瞬間的に不充分になったことを示し、“熱失神”と呼ぶこともあります。
筋肉痛・筋肉の硬直
筋肉の「こむら返り」のことで、その部分の痛みを伴います。
発汗に伴う塩分(ナトリウムなど)の欠乏により生じます
手足のしびれ・気分の不快
Ⅱ度 頭痛・吐き気・嘔吐・倦怠感・虚脱感
体がぐったりする、力が入らないなどがあり、「いつもと様子が違う」程度のごく軽い意識障害を認めることがあります。
Ⅲ度 Ⅱ度の症状に加え、意識障害・けいれん・手足の運動障害
呼びかけや刺激への反応がおかしい、体にガクガクとひきつけがある(全身のけいれん)、真直ぐ走れない・歩けないなど。
高体温
体に触ると熱いという感触です。
肝機能異常、腎機能障害、血液凝固障害
これらは、医療機関での採血により判明します

 

環境省:熱中症健康保険マニュアル参照
http://www.wbgt.env.go.jp/pdf/envman/full.pdf

 

これは環境省の熱中症健康保険マニュアルを参考に作成したものですが、頭痛はその分類としては「Ⅱ度」となっています。

この、Ⅰ度やⅡ度と分類されているのは、それによっての処置の仕方も変わってくるからです。

 

具体的には、

Ⅰ度:現場での応急処置で対応できる軽症
Ⅱ度:病院への搬送を必要とする中等症
Ⅲ度:入院して集中治療の必要性のある重症

このように分類されています。

 

 

つまり、頭痛の症状が出ているということは、熱中症の度合いもそれなりに進行していることがわかりますね。

 

その時の体調との兼ね合いもあると思いますが、熱中症になりそうな環境下で頭痛まで起こっていると、結構危ないサインが出ているということは知っておきたいですね。

 

熱中症で頭痛が起こった時の処置

熱中症とみられる症状で頭痛が起こった場合は、まず日陰や涼しいところに移って体を休めることが大切です。

そして、もし周りの人で頭痛を訴えていたら、意識確認ということが必要です。

 

意識がはっきりしていて、水分補給が自分でもできるのであれば様子を見ることができますが、自分でできないような状態だと救急搬送が必要になってきます。

その救急車が来るまでの間でも、応急処置についてはできる事がたくさんあります。

知っておくことで助かる命もあるので、ぜひこちらの記事も読んでおいてください。

関連ページ

熱中症の原因と症状 頭痛めまいふらつき吐き気等の応急処置は?

 

また、意識がハッキリしていても頭痛がおさまらなかったり、他に症状がみられている場合は病院に行って診察してもらうことも必要になってくると思います。

その時は大丈夫だったとしても、後から異変が起こる可能性もあるからです。

 

 

熱中症の症状に吐き気や嘔吐はあるの?

熱中症18

熱中症の症状には、吐き気があることも確認されています。

 

上で見てもらった図にもあるようにⅡ度の分類がされているので、頭痛が起きた時のように中程度の症状だということが考えられますね。

ですので、その処置も同じようになってきますが、吐き気があり嘔吐まであると心配なので、さすがに病院には行った方が良いでしょう。

 

「吐き気を訴える」ないし「吐く」という症状は、すでに胃腸の動きが鈍っている証拠なので、この場合には口から水分補給をするのは禁物とされています。

環境省:熱中症健康保険マニュアル参照
http://www.wbgt.env.go.jp/pdf/envman/full.pdf

 

自分で水分補給が難しくなると病院での点滴が必要となるとのことなので、無理は禁物というところですね。

吐き気が多少おさまって水分補給もできるようなら、少しずつでも水分補給をしておきたいですね。

 

また、熱中症による吐き気や嘔吐の症状が回復しても、数日間無理はしないほうがいいです。

 

そして嘔吐があった場合には、胃や食道が荒れていることもあるので、あっさりした食べ物で胃に優しい食事を心がけて下さい。

 

熱中症の症状の吐き気に伴う下痢とは?

この熱中症の症状で吐き気や嘔吐があった場合は、胃が弱っている可能性があるので、なかなかうまく胃が働いてくれない状態だと考えられています。

だから、この胃の状態で水分補給したり食事しても、うまく消化されなかったりして下痢になる可能性もあるとのことです。

 

この嘔吐と下痢の状態が続いてしまうと、脱水症状も十分考えられるので点滴などで水分補給といった形が必要になるケースもあるとのこと。

このように吐き気と同時に下痢も出るようなら、無理はせず病院に行って医師の診断を仰いだ方が賢明だと思います。

 

スポンサードリンク

 

熱中症の症状に発熱はあるの?

熱中症の症状には頭痛や吐き気をはじめ、めまいや倦怠感など様々な不調が確認されていますが、そんな熱中症の症状に「発熱する」といったケースも見られます。

最初に掲載した表を見てもらうと、この発熱というのはⅢ度、つまり重症の熱中症であることがわかります。

 

発熱があると38℃~40℃といった高熱が出ることも多く、同時に意識障害やけいれんといったことも起こしやすくなるとのことでかなり危険な状態です。

熱中症の発熱の場合は、風邪やインフルエンザなどのように病気での熱ではなく、

体に溜まった熱を外に放出できない状態

これによって体温が上昇してしまっています。

 

このとき、体温調節がうまくできておらず汗も全くかかないといった状態は、非常に危険な状態と考えていいでしょう。

こうなると救急搬送の必要もあると思いますが、その間必ずやっておきたいことが、

体を冷やすこと。

 

その体の冷やし方も、血液が多く通っている「両脇」「首の付け根」「両太ももの付け根」といった場所に、氷嚢をタオルでくるんで当てるというのが効果的と考えられています。

 

また、全体の応急処置の流れとしては、

  • 涼しい場所へ避難する。
  • 脱衣と冷却
  • 水分・塩分の補給

 

こういった感じでしょうか。

 

水分補給については意識の有無の確認が必要になります。

 

また、発熱があるからといって「熱さまシート・冷えピタ」のようなグッズでは、体の芯から冷やすことはできていません。

 

気休めにはなるかもしれませんが、根本的な解決にはなっていないので、きちんとした熱中症の対応をするようにしてください。

 

この発熱もそうですが、Ⅲ度に分類されているような熱中症の症状が出たときはあなた自身も、周りの人にも注意してくださいね。

 

 

このように熱中症には様々な症状がありますが、小さな子供や高齢者の人は体温調節機能がうまく働かず、熱中症になりやすいと考えられています。

そして、自分では気づかずに周りに訴えないことも多くなっているようです。

 

そんな時に、この隠れた熱中症の症状を見つけれるのはあなたかもしれません。

どんな症状が事前に出るのかは、いくつかのサインとして現れるはずです。

 

そのサインを見つけ早めに対処できるようにするためにも、一度こちらの記事に目を通しておいてもらえればと思います。

関連ページ

子供が熱中症になったらどうすればいい?赤ちゃんや高齢者は?

特にあなたの周りで小さな子供や高齢者がいるときには、周りが気づくことも大切ですので確認しておいてくださいね。

 

スポンサードリンク

 

あとがき

熱中症の症状に頭痛や吐き気、嘔吐や発熱などが出る場合はあるのでしょうか。

また、けいれんなどどのくらいひどい症状が現れてしまうものなのか、その熱中症の危険性についてまとめましたがいかがでしたか。

 

熱中症は甘く見ていると死に至るケースもあり、毎年ニュースにもなるくらい頻繁に起こっています。

だから、熱中症になってからのことも大切ですが、熱中症にかからないようにするために予防するのが一番ですね。

 

夏は熱中症や夏バテなど、体に負担のかかる悩みが多いです。

そんな夏場の気を付けたいことを、こちらのページでまとめています。

関連ページ

気を付けたい夏場のお悩み、一挙まとめ!

楽しい夏にするためにも、ぜひご覧になって下さいね!

 

 

スポンサードリンク

 - 熱中症 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

子供が熱中症になったらどうすればいい?赤ちゃんや高齢者は?

夏の暑い日を迎えると、全国で熱中症のニュースなどがよく聞かれます。 スポンサード …

熱中症16
熱中症で下痢や腹痛が起こる原因とその対処は?治らない時どうする?

夏場になると、特に話題にもなる怖い症状が熱中症です。   その熱中症で …

熱中症15
熱中症の回復や予防にはどんな食べ物や飲み物がいいの?その対策は?

熱中症を普段から予防するためにいろんな方法があると思いますが、それには食べ物や飲 …

犬の熱中症の症状って?猫は?対策は何をすればいいの?

夏場になると人間だけでなく、 「犬や猫の熱中症」 についても注意してあげる必要が …

熱中症の原因と症状 頭痛めまいふらつき吐き気等の応急処置は?

夏場の高温状態の中で長時間いると起こってしまう可能性がある スポンサードリンク …

熱中症17
熱中症が増加している原因は?グラフでの確認と死亡に至る理由とは?

とくに夏場になるとよく熱中症の話を耳にしますが、聞けば聞くほど毎年熱中症にかかっ …

熱中症11
熱中症に牛乳が効果あり?ためしてガッテンで運動の後にすすめる理由

熱中症の対策には色々ありますが、その中でも特に大切なのが水分補給ですよね。 そん …

熱中症19
熱中症の応急処置の方法は?病院の対処が必要なラインは?

スポンサードリンク 熱中症にかかってしまった場合、自分でも他人でも応急処置をして …

熱中症12
熱中症になったら何をする?自分で気づくサインやなりやすい状況は?

夏場が近づくと、毎年のようにどんどん増えてしまう熱中症。 スポンサードリンク & …

熱中症14
熱中症の頭痛に薬は効果があるの?治し方や翌日も治らないときは?

特に夏場によくニュースにもなる熱中症は、様々な症状が出ることで知られています。 …