utuyoのハテナノート

暮らしの中のたくさんの「?」で、気づいたことや調べたことをまとめてみました。

日焼けして皮むけした時の対処は?そのケアやきれいなめくり方は?

      2017/02/22

日焼け03

日焼けをした後に、皮がむけてきた経験をあなたもしたことがあると思います。

皮がむけるくらい日焼けすると、

  • ヒリヒリする
  • お風呂に入ると痛い
  • 皮をめくった後がまだら模様になったりしてカッコ悪くなる

などなど、しばらくの間何かと悩まされてしまいます。

子供の頃は皮がむけてそれを剥がすのが楽しかったですが、大人になったらそんな余裕もなくなってしまいますね。

ましてや女性の場合は、将来シミやシワの原因にもなる日焼けは大敵です。

 

そんな日焼け後の皮むけケアをもっと上手にして、こんな悩みがないようにできないものか・・・。

 

そこで今回は、この日焼け後の皮むけ対処の方法やキレイな皮のめくり方など、日焼けした後の肌のダメージを少なくするために、いろんな方面でまとめました。

 

スポンサードリンク

 

日焼けして皮むけがあったときの対処方法は?

日焼けして皮がむけるようになった時は、もう肌も黒くなり始めているような時でしょうか。

日焼けして皮むけしてきたときの対処は、

自然にめくれるまで待つ。

これが基本的なスタイルであることが大切ですね。

というのも、この日焼けで皮がむけるというのは、実は火傷と同じようなものと考えられています。

だから、火傷して皮がめくれそうになっているのを、無理にはがそうとするのってとても痛いですよね。

だから、日焼けによるものもそれと同じようなことなんです。

無理に皮をめくってしまうと、まだきちんと新しく丈夫な皮が出来上がっていない状態の場合もあります。

 

そんな状態の皮膚を外に出してしまうと、とてもヒリヒリするし、そこにまた紫外線が当たるとシミになったりして肌にもよくありませんね。

 

見た目も余計悪くなるし、無理な対処はしないようにしましょう。

だから、ボロボロ皮が取れるくらいになって、はがすぐらいがちょうどいいと思います。

早く皮をむいたからって治りが早くなるわけではないので、焦りは禁物です。

 

もし痛みやかゆみが残っていたら

日焼けをして皮むけがあるときって、結構日焼けした状態だと思います。

だから、

  • 肌が赤くなったりしてヒリヒリする。
  • 長時間、外で日にあたってしまった。

その後で肌が黒くなってきて、皮もめくれてきたという流れが一般的だと思います。

そんな皮むけ状態のケアですが、日焼けした部分が「痛み」や「かゆみ」を伴っていませんか。

もし痛い場合には、それは炎症が起こって火傷しているような状態なので、まずは冷やすことが先決です。

皮がむけるころには治まってるかもしれませんが、まだ続いていて痛いようなら、皮膚科に行って医師に診てもらうことも必要かもしれません。

どんなふうに対処すればいいのかわからない人は、こちらの記事で確認してくださいね。

関連ページ

>>日焼けが痛いときの対処の方法とは?

冷やすときに湿布とか使わないように!

 

日焼けして皮むけがあったらケアはどうするの?

日焼け04日焼けして皮がむけるということはどういう状態なのかというと、

皮の表面の水分が失われて、細胞が乾いてしまっている。

こんな状態が考えられるんですね。

だから、その乾燥した皮膚にはキッチリと水分を与えてあげないと、肌が弱っちゃうんですね。

水分を与えるには、

  • 乾燥肌対策のように肌を保湿してあげること
  • 水分補給をして体の潤いを取り戻すこと。

すぐにできるのはこの2つのケアですね。

特に女性で肌を気にされている方は「保湿」が大切になってきます。

保湿には刺激の少ない化粧水や乳液、保湿クリームなどで丁寧に行って、水分補給もきちんとするようにして下さい。

補足

さらに言うと、食べ物もビタミンAやビタミンC、ビタミンEといった成分が入った食べ物を積極的に摂るようにしていくと、紫外線のダメージから早く回復できると考えられています。

その中でも特に注目はビタミンCです。

ビタミンCは化粧品などにも「ビタミンC誘導体」として成分が含まれていますが、抗酸化作用や美白、メラニン色素に変換してしまうチロシナーゼの働きを抑える効果が期待できる成分です。

  • 保湿などで外側から
  • 食べ物や水分補給で内側から

このダブルで日焼けの皮むけケアを行っていきましょう。

 

 

肌の老化を防ぐための日焼け後のケア

日焼け05

強い紫外線を浴びたりすることで日焼けをしますが、注意したいのが

強い紫外線は肌の老化を促進させることにも繋がる。

というところなんです。

皮がむけるほどの日焼けをした時はなおさらです。

日焼け後の皮むけした時の対処で、先ほどの「保湿」をキチンとしていないと、年齢を重ねてからシミやシワの原因になることもあります。

その保湿なんですが、乾燥したり肌が弱っている状態なので、できるだけ刺激の少ないもののほうが肌にも優しくていいと思います。

 

そのために基本的には化粧水や乳液、クリームなどで保湿をしていくのが一般的ですが、これってある程度大人の女性の話だけになりますよね。

 

男性でここまでする人ってあまりいないでしょう。

ましてや、子供になるとよく日焼けしますし、逆に喜んで皮をむいたりしています。

まあ、子供の場合は回復も早いので大丈夫かもしれませんが、それでもある程度のケアはしてあげたいと思いますよね。

 

日焼けの保湿ケアって、どんなものを使えばいいんだろう?

こんな悩みを持っている方は、ぜひこちらをご覧になってみてくださいね。

関連ページ

>>肌に優しい日焼け後の保湿ケアとは?

 

スポンサードリンク

 

日焼け後のきれいな皮のめくり方は?

日焼けして赤くなったり痛くなったりしたら、まずは冷やすことが大切です。

そして日焼けのヒリヒリが消えたら、次は保湿、水分補給などをして肌に潤いを取り戻すことが大切です。

そうすると肌が少し黒くなってきて、皮がめくれ始めてくる。

日焼けして皮がめくれ始めるのは、こんな流れの中で出てくる事が多いと思います。

でも、乱暴に皮をめくっていくと、まだ新しい皮膚がきちんとできていなかったり、まだら模様になって見た目が悪くなったりしたことってありますよね。

 

私も経験ありますが、そうなるとお風呂に入るときに痛かったり、まだらになったところを何とかしようと、強引に周りの皮もめくり始めたりしていました。

 

だから、もっときれいな皮のめくり方というのを知っていれば、いろいろやりようはあったと思います。

じゃあ、日焼け後のきれいな皮のめくり方って、どんなふうにすればいいのか気になりますよね。

といっても、実は

  1. 無理にはがさない。
  2. 自然にはがれてくるまで待つ。

 

このスタイルでないと、無理な皮むきは肌を傷めてしまいます。

日焼け後のキレイな皮のめくり方は、先ほどもあったように特に保湿が大切です。

それも、皮がめくれて来てからじゃなくて、できるだけ早めに保湿ケアをする方が良いですね。

 

皮がめくれるときの皮って、パリパリ、カサカサの状態じゃないですか?

あれは皮膚が乾燥してる証拠ですよね。

だから、あんなふうにボロボロとこぼれ落ちるような感じでめくれていくわけですが、保湿をキッチリしておけば、ボロボロと皮がむけることも少なくなってきます。

だから、皮がめくれてまだら模様になっているような時でも保湿は大切ですし、もし皮を自分でめくるにしても、無理にはがすのはやめておいた方がいいです。

自然とめくれやすい状態になるまで我慢しましょう。

今すぐ皮をめくるのは簡単ですが、それが後悔のタネになるようなことは避けたほうがいいのはわかりますよね。

 

逆に、やってはいけない皮のめくり方

みんなほとんどの人はキレイにめくりたいと思っているはずですが、

  • キレイに皮がめくれないから。
  • 一気に皮をめくってみたい。

 

なんていう気分に駆られて、セロテープとかガムテープで一気にベロンとはがそうなんて言う人がいたりしますが、あれってけっこう危ないので止めておきましょう。

肌の状態にもよりますけど、無理やり皮をむいていることに近いので肌を傷めてしまう可能性もあると思います。

一気に皮むけ出来たら、ゆで卵の殻がスルンとむけたみたいで気持ちが良いですがそれだけのために危険は侵さないようにしてくださいね。

 

スポンサードリンク

 

あとがき

日焼けをした後に皮むけしたらそのケアはどうしたらいいのか。

その対処方法やきれいなめくり方など、肌のダメージを少なくする方法をまとめましたがいかがでしたか。

日焼けする前には、日焼け止めや帽子などを使って対策はしておきたいですけど、やっぱりどうしても日焼けしてしまうことってありますよね。

そんな時は仕方ないので、日焼けした後のケアを十分にすれば、そのダメージもいくらかは抑えることができると思います。

今回は、日焼け後の皮むけの対処について見てきましたが、皮がむけた後の新しい皮膚はどうしても弱い皮膚になっています。

 

だから、皮がめくれた直後に強い刺激を与えるのはあまりよくありません。

お風呂でゴシゴシこすったり、また同じ場所を日焼けするなんて言うのはけっこう危険ですよね。

紫外線量というのは、紫外線の強さに時間をかけたものになっていて、それはどんどん蓄積されるものだと考えられています。

皮膚が弱くなっているところに浴びると、守ってくれる壁がないのでなおさらダメージは大きいですよね。

また、あまり浴びすぎると紫外線アレルギーなどの症状が出てしまう可能性もあるからです。

紫外線アレルギーって何?

詳しく知りたい人はこちらをどうぞ。

関連ページ

>>紫外線アレルギーの症状とは?その原因と対策について

 

私たちの皮膚は日焼けをしてから、完全に元の皮膚の状態に戻るまで約1ヶ月くらいかかると言われています。

そんな夏場は特に紫外線や日焼け、また、熱中症など気を付けないといけないことが多いですが、楽しい夏にするためにも自分の体はキッチリと守って下さいね。

 

スポンサードリンク

 - 紫外線 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

日焼け01
日焼けするとなぜ皮がむけるの?防止やむけない方法ってあるの?

夏は日差しが強くて、つい日焼けをしてしまい肌が焼けることってありますよね。 海や …

紫外線アレルギーの症状とは?その原因と対策について顔首足目手の甲

夏場が近づくにつれ紫外線の量も増してくる季節に、外に出ると何だか手や首などから、 …

日焼け07
日焼け止めクリームのおすすめは?スプレーやパウダータイプは?安い

夏場のキツイ紫外線から肌を守るために必須のアイテムが「日焼け止め」ですよね。 も …

日焼け04
日焼けでできた水ぶくれの処置は?その原因や対処法について

特に日差しのきつい夏場は紫外線も強く、日焼けもしやすい時期ですよね。 海や野外で …

日焼けのかゆみを止めるには?薬や対処の方法は?ぶつぶつ湿疹ケア

気づかないうちに、ついうっかり日焼けをしてしまったりすることもあると思いますが、 …

日焼け10
赤ちゃんの日焼け止めはいつから必要?その対策やおすすめは?人気

春先からだんだんと強い日差しが気になり始める時期ですが、すでに6月ごろには夏と同 …

紫外線22
紫外線で目が痛い、充血などどんな影響があるの?サングラスや目薬は?

4~5月あたりから、だんだんと夏にかけて日差しも強くなってきますよね。 そんな暑 …

日焼けが痛いときの対処の方法とは?治すための薬など。ケア期間何日

日焼けくらい大丈夫だと思っていても、いざ日焼けして家に返ってくると、   「日焼 …

紫外線吸収剤とは害なの?日焼け止め成分のメカニズムとは?不使用

春先の4月頃から徐々に紫外線の量は増えていき、 7月辺りには紫外線量がピークを迎 …

曇りの紫外線は?季節や時間帯での違いは?蛍光灯からも出る?

春先から夏場にかけて気になるのが 「紫外線」 紫外線対策を怠っていると、 特に女 …