utuyoのハテナノート

暮らしの中のたくさんの「?」で、気づいたことや調べたことをまとめてみました。

怒りをコントロールできないのは病気?感情を抑える方法は?

   

%e6%80%92%e3%82%8a01

私も昔はすごく怒りっぽくて、特に遅い車にイラついてました。

今でもあまりに遅かったり変な運転をされるとイライラしますが、一時期ほど過剰に反応することはなくなったように思います。

では、この怒りをコントロールできないのは何かの病気なのでしょうか?

また感情を抑える方法で、使えるものはあるのか?

実際に私が試してみた本なども含めて、見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

 

怒りをコントロールできないのはどうして?

私の場合は、友達と一緒にいるときなどは特に怒ったりはしませんが、通勤とか移動中に前の車が遅かったり、変な動きをしたり邪魔だったりするとすぐにイライラしていました。

他にもレジに並んでいると前が異常に遅かったり、家電量販店などでジロジロ見てくる店員にはものすごくイライラします。

今でも、こういうことはありますが、以前ほど過剰に反応することはなくなったように思います。

年月も関係あるかもしれませんが、自己分析すると怒りをコントロールできないのは、

  • 時間がなく慌てている。
  • 自分の思い通りにいかない。

など、理想と現実にギャップが生じるときに怒りがこみあげてくることが多いと思います。

よく言われるのが、

check001  こうある「べき」事が行われないとき

誰かに対して怒りがこみあげてくるのは、この「~すべき」という事が出来ていない時が多いのではないでしょうか。

例えば会社などで、あなたが上司の立場で部下に仕事を頼んだ時。

その部下の仕事が、あなたが思っていたものとは違っていたときにおこるケースがあると思います。

それは、あなた自身が頼んだ仕事に対しては、

こういった仕事として処理や時間が守られるべき

というように感じている事が多いと思います。

それがあなたの思っていたことと違っていると、

  • 何でこんなことができないんだ?
  • 何にそんなに時間がかかっているんだ?

など、こうある「べき」事がなされていない時に怒りがこみあげてくるのではないかと思います。

私だと、特に車の運転が下手な人を見ると、

  • 何でこんなトロトロ走ってるんだ?
  • 前に誰もいないからもっと早く走ればいいじゃないか?
  • せめて法定速度のスピードくらい出せ。
  • 駐車場がガラガラなのに何でそんなに切り返す必要があるんだ。

 

などなどを思ったりすると、怒りがこみあげてきて時にコントロールできていないなと、あとで反省することも多くあります。

 

怒りをコントロールできないのは病気なの?

怒りをコントロールできないと病気なのかという事がよく言われますが、私の場合、じつは病気でした。

これは、甲状腺機能亢進症という病気で、その中には

イライラすることが多い。

という症状も含まれていたのです。

その後治療し今もそれは続いています。

ただ、やっぱり昔からの流れなのかイライラすることはあります。

とは言っても昔のひどいときに比べるとそれはだいぶ治まったように感じますね。

このように病気が原因で怒りがコントロールできないケースとして、

  • 非定型うつ病
  • 統合失調型による分裂感情障害
  • 境界性パーソナリティ障害

 

など、色々な病気が考えられるようです。

あまりに自分が怒りがコントロールできないように感じるのなら、病院での診察も必要なのかもしれません。

 

スポンサードリンク

 

怒りをコントロールする方法はないの?

怒りをコントロールする方法としていくつか方法がありますが、私が良くやっているのが

check001  怒りを数値化する。

といった方法です。

意外と冷静になれる方法で、たとえば先ほど例に出した私の怒りのポイントが車の運転時です。

私の場合、先の例でいえば

  • 何でこんなトロトロ走ってるんだ?
  • 前に誰もいないからもっと早く走ればいいじゃないか?
  • せめて法定速度のスピードくらい出せ。
  • 駐車場がガラ空きなのに何でそんなに切り返す必要があるんだ。

これらを10段階で数値化すると

  • 何でこんなトロトロ走ってるんだ?「3」
  • 前に誰もいないからもっと早く走ればいいじゃないか?「4」
  • せめて法定速度のスピードくらい出せ。「4」
  • 駐車場がガラ空きなのに何でそんなに切り返す必要があるんだ。「2」

 

これくらいの感覚です。

これが最高の「10」の場合の行動は、

事故になりそうなくらい危ない運転をしてくるとき

これだと、もう許せないくらいの「10」の怒りになります。

でも、そんなことはめったにないので、「1」~「5」くらいに数値化された怒りだと、意外と冷静になってコントロールができるようになりました。

だから、これだけでもできると、普段ちょっとしたことで怒っていたことが、ある程度許せるようになってきたんですね。

そうなると、本当に怒りがこみ上げるところ以外では怒りが許せる範囲になるので、あまり疲れないんです。

だから、たとえ許せないようなことが起こったとしても、それ以外のところではわりと落ち着いていられるので普段の生活は楽になると思います。

こちらに詳しくまとめているので、ぜひ参考にしてください。yajirushi14>>アンガーマネジメントとは何?その方法やオススメの本は?

こんな基準を自分の中に作ってコントロールするのも一つの方法なので、一度試してみて下さいね。

 

スポンサードリンク

 

あとがき

怒りをコントロールする方法はほかにも、

  • ストレスを発散させる。
  • 有酸素運動をする。
  • 一度その場から離れる。
  • 深呼吸する。

など、色々ありますが、私にはこの数値化するという方法がしっくりときました。

また、自分の中のルールや、こうあるべきといった事柄を、少し柔軟に考えて許せる範囲を広げたほうが良いと思います。

怒ってばかりだと本当に疲れちゃうし、冷静な判断もできなくなります。

普段しょうもないことで怒るよりも、本当に大切なことで正しく怒れるように心に余裕を持った生活を送りたいですね。

スポンサードリンク

 - メンタル

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

アンガーマネジメント01
アンガーマネジメントとは何?その方法やオススメの本は?子育て怒る

あなたは、 という言葉についてご存知でしょうか? アンガーマネジメントとは、 ス …