utuyoのハテナノート

暮らしの中のたくさんの「?」で、気づいたことや調べたことをまとめてみました。

静電気体質の原因は何?対策や改善方法とは?ストレス電化製品

      2016/08/15

静電気03

冬になると静電気が発生して、身体に帯びることがよくあります。

そんな静電気には冬の乾燥した季節だけのことかと思ったら、夏場でも静電気を身体に帯びてしまう方もいるようです。

このような静電気を帯びやすいのは

「体質」

が、一つの原因ともいう見方もあります。

はじめに断っておかないといけないのですが、この

「静電気体質」

ということに科学的根拠がないとされています。

つまり、

  • 静電気を帯びやすいのは体質によるものなのか?
  • それとも、それ以外の原因があるのか?

まだこの科学的根拠がないことから、その原因や対策、改善方法などについても統計的な部分からなどの見解になります。

そのことを了承の上ご覧になっていただきたいのですが、

  • どうして静電気を帯びやすい体質になるのか?
  • その原因や対策、そして改善するには?

ストレスとの関係や電化製品への影響なども含め、これらのことについてまとめましたのでご覧ください。

スポンサードリンク

 

静電気体質の原因は何なの?

そもそも、静電気が発生するのは、

「湿度20%以下、温度25℃以下」

という条件下になりやすく、冬場によく静電気を帯びるのはそのためですね。

ただ、夏場でも静電気自体は発生しているようですが、空気中の湿度が高いため、自然放電されていることから、冬場のように静電気が帯びにくいとされています。

そして、静電気を帯びやすい体質の人とそうでない人の違いがあるようで、静電気を帯びやすい体質の人は、夏場でも感じることがあるといいます。

check002  では、どうしてこのような静電気を帯びやすい体質になるのか?

その原因として考えられることがいくつかまとめてみました。

静電気体質になる原因
  • ストレス
  • 不眠
  • 食生活の乱れ
  • 血流の悪さ
  • 肩こり、腰痛、関節痛
  • お肌の乾燥(乾燥肌)

このような原因が考えられます。

そこでどのような対策を取っていけばいいのか?

次は、その「静電気体質の対策」についてピックアップしました。

 

静電気体質の対策はどうすればいいの?

静電気体質の人は、上の項目で自分があてはまる点が有るかどうかチェックし、そのことに対して対策を行っていくというのが良いですね。

具体的にどのような対策を取ればいいのかということですが、上で挙げた項目の多くは、

「生活習慣の乱れが原因」

ということが見てわかるかと思います。

様々な面で影響を及ぼす生活習慣の乱れですが、静電気に関しても関わっている可能性があるというわけですね。

肩こり、腰痛、関節痛なども血流の悪さ(血液ドロドロ)が、原因の一つとして可能性があります。

これらの対策の一つとして、まず始めておきたいのが

「食生活の乱れを改善すること」

だと思います。

食生活の乱れは、

  • 血流の悪さ
  • ストレス
  • 不眠
  • お肌の乾燥

 

など、他の静電気体質の原因につながっている可能性が高いので、まずはここから改善していくのが良いかと思います。

次は、静電気体質改善に可能性がある、食生活の改善について見ていきましょう。

スポンサードリンク

 

静電気体質の改善するためには?

静電気体質を改善することに可能性がある食生活の改善ですが、具体的にはどのようなことをしていけばいいのでしょうか?

まず大切なのは、

ジャンクフードなど脂質の多い物を摂り過ぎない。

ということでしょう。

ジャンクフードや惣菜、コンビニ弁当などばかりでは栄養が偏ってしまい、血液がドロドロの血液になってしまいがち。

では、どういった食べ物を摂るようにすればいいのかということですが、ミネラル(カルシウム、ナトリウム、マグネシウム等)を多く含む食品を摂って、血液の流れを改善していくことがいいですね。

例えば、野菜類、豆類、海藻類、芋類などの食材です。

また、血流をサラサラにするだけではなく、

085145   「血管拡張」

にも注意したいところです。

血管が狭かったら流れも悪くなりますしね。

 

補足

ほうれん草、人参、ブロッコリー、キャベツ、白菜、大根などの野菜類が良いとされていますが、これらの食材で鍋を食べるのも良さそうですね。

また、水分が不足していることでも血液の流れが悪くなってしまうため、水分補給はこまめに行いたいところです。

食生活の改善は血液の流れの作用もありますが、ストレス緩和などの面でもジャンクフードなどはあまり摂らないほうがいいですね。

 

 

あとがき

これらの静電気体質の原因や対策については始めにも記したように、科学的な根拠が無いため、統計的な部分も多く入っていますが、生活習慣の乱れを正すことは静電気体質改善以外にも多くの意味を持ちます。

また静電気対策として、グッズを使ったり予防法を身につけたりすることで、その悩みを軽減することも可能になります。

静電気除去のグッズや対策については、別のページで詳しくまとめているので、こちらの記事も参考にして、静電気の悩み解消に役立てて下さい。

関連ページ

>>静電気除去方法とその仕組み、グッズのおすすめは?
>>静電気除去グッズとは?ブレスレットやシートで対策!

人によって大小ありますが、静電気は冬場になると感じるものだと思います。

でも、ちょっとしたことを心がけるだけで静電気の痛みを軽減できたり、発生を防止する助けになることはたくさんあるので、少しずつ解消に向けて進んでいきましょうね。

スポンサードリンク

 - 静電気 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

静電気02
静電気除去グッズとは?ブレスレットやシートで対策!スプレーブラシ

冬場の乾燥した季節になると悩まされるのが 静電気 そんな静電気の悩みを解消するた …

静電気01
静電気除去方法とその仕組み、グッズのおすすめは?髪の毛車服シート

冬場になると衣服や髪の毛、ドアノブや車などに触った時にバチッ!となる 『静電気』 …