utuyoのハテナノート

暮らしの中のたくさんの「?」で、気づいたことや調べたことをまとめてみました。

インフルエンザの初期症状は咳や頭痛で風邪っぽい?微熱喉の痛み子供

      2017/01/15

病気45

冬場はインフルエンザの流行時期になり、注意が必要になります。

そんな時期に体調が悪くなって、頭痛や咳、微熱が出てきてしまった場合、

check002  『インフルエンザなのか風邪なのか?一体どっちなんだろう?』

こんな悩みが出てくると思います。

風邪だったら2~3日ほど安静にすればいいだろうけど、インフルエンザだった場合は外に出て知り合いに感染させてもいけないし、家でも家族に注意してもらわないといけないですよね。

子供の場合だと、学校への対応もありますし大変になります。

また、体調が回復するまで時間もかかるし、早めに手を打っておきたいですよね。

では、インフルエンザの初期症状では、頭痛や喉の痛み、咳や微熱などの

check001  「風邪のような症状」

というのが現れるのでしょうか?

これについて、実は、

インフルエンザの初期症状は風邪とややこしいケースがあります。

では、具体的にどういったことなのか?

順番に見ていきましょう。

スポンサードリンク

 

インフルエンザの初期症状で咳や喉の痛みが出るの?

インフルエンザの初期症状として頭痛や喉の痛み、咳や微熱などの

check001  「風邪のような症状」

というのが現れるのでしょうか?

こういった疑問や悩みは常に出てくると思うので、インフルエンザと風邪で現れやすい症状を表にしてまとめてみました。

風邪 インフルエンザ
初期症状 ・咳
・喉の痛み
・鼻水
・関節痛、筋肉痛
・倦怠感
・寒気
・頭痛
主な症状 ・発熱(微熱)
・倦怠感(軽い)
・寒気(軽い)
・頭痛
・咳
・喉の痛み
・鼻水
・クシャミ
・発熱(高熱)
・関節痛、筋肉痛
・倦怠感(重い)
・寒気(重い)
・頭痛
・咳
・鼻水
・吐き気、嘔吐
・下痢

 

症状に関しては人によって現れ方は違ってくると思いますが、おおよそこのように分けられると考えられます。

 

インフルエンザの症状の特徴

ここで、インフルエンザの初期症状で特徴的なのは、風邪と違い

085145「倦怠感、関節痛・筋肉痛、寒気、頭痛」

といった『全身症状』が現れるということです。

また、高熱(38℃~40℃)が突発的に出る傾向があるのもインフルエンザの特徴ですね。

 

風邪の症状の特徴

風邪の場合の初期症状は、

085145「鼻水、咳、喉の痛み」

といったような『呼吸器系の症状』が特徴的です。

高熱になることはそれほど頻繁ではないですし、発熱がない場合も多いです。

高熱になった場合でも、

突然38℃まで上がるというより、徐々に体温が上がっていく。

こんなケースのほうが多いようです。

インフルエンザの症状にある「高熱や関節痛、筋肉痛」などは、風邪の症状としては頻繁に見られるようなものではないため、こういった症状が出たらインフルエンザの可能性があると考えられますね。

ただし、これが全てではなくきちんと検査しないとどちらなのかはわかりません。

やはり最終的には病院で検査、診察してもらうのが一番だと思います。

 

インフルエンザの初期症状で頭痛が出るの?

上の表でまとめたように、インフルエンザの初期症状は風邪に比べ、喉の痛み、咳などよりも倦怠感や寒気のほうが強いようです。

インフルエンザの場合も喉の痛みや咳などは現れますが、それは時間が経つにつれて症状が出てくることが多いようです。

まとめると、

  • インフルエンザの初期症状も含めた特徴は「全身症状」
  • 風邪の症状で特徴的なのは「呼吸器症状」

といった違いが現れやすいと考えられています。

そして、

インフルエンザの初期症状では頭痛も現れる場合があります。

私もインフルエンザに罹ったことがありますが、いろんな症状がいっぺんに襲ってきました。

私の場合は初期症状は寒気と頭痛でした。
そして、その後は急な発熱で40℃を超えました。
この時初めて40℃を超えたのを体験しましたね。
後にも先にも、これだけの高熱が出たのはこの時だけでした。

そして一番つらかったのが

「筋肉痛・関節痛」

身体が全く動かせないんですよね。

咳をするだけでも痛くて、本当にこのまま死んでしまうんじゃないかと思うくらいでした。

私は頭痛はそこまでありませんでしたが、頭痛で苦しんだという友達も結構いましたね。

スポンサードリンク

 

インフルエンザの初期症状で微熱が出るの?

インフルエンザの特徴の一つに

check001  「高熱」

この症状があります。

ですので、微熱で済むなんてことはないと考えるかもしれませんが、実は、

「インフルエンザにかかっても微熱しか出ない場合もある。」

こんなケースもあるのです。

これはどういうことなのでしょうか?

 

実は、インフルエンザに感染しても

微熱、もしくは「熱が出ない」

といったケースも有るのですが、それには「3つの理由」が考えられています。

インフルエンザで微熱or熱が出ない可能性がある3つの理由
  1. インフルエンザの予防接種を受けたから。
  2. インフルエンザB型に感染したから。
  3. 不顕性感染

このような事が考えられます。

では、これらについて順番に見ていきましょう。

 

1.インフルエンザの予防接種を受けたから。

インフルエンザの予防接種によって感染しないように対策をしたつもりでも、インフルエンザにかかってしまうケースも有ります。

ただ、予防接種を受けることによって、

check001  その症状を和らげる、重症化を防ぐ効果が期待されています。

厚生労働省の発表でも、このことは言われていますね。

インフルエンザの予防接種で期待できる効果については、別のページで詳しくまとめているので、ぜひ併せてこちらもご覧下さい。

関連ページ

>>インフルエンザの予防接種をしたのにかかる?効果なしなら意味ない?

 

2.インフルエンザB型に感染したから。

インフルエンザには、

「A型、B型、C型」

の3つの型がありますが、流行するのは主にA型とB型で特に毎年のように流行しているのはA型になります。

B型も感染力が強く猛威をふるう年もありますが、A型に比べ症状が軽いケースがあります。

インフルエンザの型については別のページで詳しくまとめているので、こちらもあわせて是非ご覧になって下さい。

関連ページ

>>インフルエンザA型の症状や潜伏期間は?
>>インフルエンザB型の症状の特徴は?

 

3.不顕性感染

インフルエンザに感染しても、その症状があまり現れないといったケースも有り、そのような感染を「不顕性感染」と呼んでいます。

この場合には風邪のような症状だったり、微熱程度しか出ない場合もあるようで、この不顕性感染は感染者の20~40%ほどの数が見られるようです。

微熱や熱が出ないといった症状がどうして起こるのか?

これについては別のページで詳しくまとめているので、こちらも併せてご覧になって下さい。

関連ページ

>>インフルエンザ症状が軽いのはなぜ?微熱、熱が出ないのは?予防接種

 

スポンサードリンク

 

あとがき

インフルエンザの初期症状では風邪のような症状も現れることもありますが、その特徴は頭痛や関節痛・筋肉痛、寒気といった症状で、風邪ではあまり頻繁に見られない症状ですね。

ただ、これらの症状の有無だけで自分で判断するのはリスクを含んでいます。

冬場の流行している時期に体調が悪くなって怪しいと感じたら、安全策を取るなら病院に行って検査してもらう方が安心だと思います。

もし病院で検査を受けようと考えるならば、早めの方が得策です。
本格的に症状が出てしまうと、身体を動かすこともしんどくなるからです。

病院での検査に関してはこちらのページで詳しくまとめています。
良ければこちらもご覧になって下さい。

関連ページ

>>インフルエンザの検査方法とは?時間や料金は?
>>インフルエンザ検査キットは痛い?タイミングや時期は?

 

検査しておけばインフルエンザに感染していても、感染していなくても自分の状態がわかるし、医師から適切な治療も受けれるので、精神的にもいいと思います。

インフルエンザだったら子供は学校も休まないといけないですしね。

大人でもインフルエンザで会社を休むのであれば診断書も必要になるでしょう。

 

このような初期症状の知ることで大切なのは、自分で風邪なのかインフルエンザかどうか判断すること以上に、

085145   『体調がおかしいことで、あなたが次に何をすればいいのか?』

ということだと思います。

検査を受けに行くにせよ、自宅で療養するにせよ、

  • 熱が本格的に出始める前に買い物に行って必要な物は揃えておく。
  • 家族にうつさないように、家でもマスクなどの対策をしてもらう。
  • 検査に行って薬ももらって自宅で療養できるように準備する。
  • 子供が感染したから学校にも休むように連絡し、看病する準備を整える。
  • 検査で陰性だったのでしっかり療養し、予防に努める。

など、あなたの生活に合わせて適切な対応ができるようにしておきたいですね。

インフルエンザにかかると、いろんな症状が出てとてもしんどくなります。

だから、ふだんから予防をしておきたいですね。

そんな予防で一番いいのは、

085145   風邪やインフルエンザにかからない体づくりをすることです。

あなたは気候の変化や季節の変わり目で、すぐに調子を落としやすくないでしょうか?

特に年齢を重ねていくと、柔軟に体が対応できなくなってしまいますが、それには「免疫力の低下」が大きく関わっていると考えられています。

  • 普段から色々体に良いと思うことをしているけど風邪をひきやすい。
  • 仕事上、風邪をひいたりしたら迷惑がかかる。
  • 毎年のようにインフルエンザにかかってしまう。
  • 家族のみんなが体調を崩しやすい。
  • 体を大切にしたいけど忙しくて時間がない。

こんな悩みに対して、

時間をかけずに楽にできて、しかも実感しやすい方法があれば知りたくないですか?

私も見つけて驚いた、この方法を皆さんと共有したいと思います。

ぜひ、こちらをご覧になってください。

関連ページ

>>風邪やインフルエンザ予防に期待できるL-137乳酸菌サプリとは?

 

スポンサードリンク

 - インフルエンザ ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

インフルエンザで熱が出ない事はある?微熱が続く、熱だけの場合は?

インフルエンザの代表的な症状には「高熱」がありますよね。 インフルエンザというと …

インフルエンザの予防接種をしたのにかかる?効果なしなら意味ない?

毎年冬になると流行が予想されるインフルエンザ。 このインフルエンザにかからないた …

インフルエンザウイルスの感染経路は?家族間での対策は?空気感染

インフルエンザの流行が始まった時、ウイルス感染に気をつけないといけませんが、その …

インフルエンザの出勤停止期間は法律にあるの?給与は?賃金給料会社

インフルエンザにかかってしまった時に、学生の場合では学校保健安全法の学校感染症の …

インフルエンザウイルスの寿命、生存期間って?死滅させるには?湿度

冬場になると猛威を振るうインフルエンザですが、 その感染する経路には、 というよ …